My Favorite Things /ナイフ製作

趣味や生活の話を書いていくブログです。特にナイフ製作

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

welcome D'

先日フェイスブックでクイズネタにしましたが、ダルトンホルダー氏のナイフを入手いたしました。

イメージ 1
ある方のご尽力による中古扱いでの格安購入だったのですが。早速、さいたま市西区のナイフ鑑定士に見て頂いたところ。
「全くの未使用で経年変化も感じられない極上品だね。この金額でこのナイフを買えたのはあり得ないんじゃ無い?エーネッ!」との事でした😁

4インチのドロップブレードに美しいハンドル。先程のさいたま市西区のハンドル材鑑定士様によると、白いところがウージック(セイウチのチンコの化石)黄色が琥珀、木の部分がレッドウッドとの事。
素材の収縮も無くダルトンさんの丁寧さがよくわかる仕事だそうです。

もともとスカーゲルを現代風に作りたかった私が製作数本目に鈴木さんに完成したナイフを見て頂いた時。「カナイさんのナイフはスカーゲルっていうよりダルトンホルダーに近いよね。」と言われ、知らなかった私が早速ダルトンホルダー氏を調べたところ。
「コ、コ、コ、コ、コレコレコレコレ自分の作りたいのコレーーーー!!!」
それから和製ダルトンをめざしてナイフを作っておりますです。

シースはオープンシースです。
イメージ 2
かわいいーーー!もう参ったーーー!
ラブ❤レスさんのおかげでポーチシースばっかりなカスタムナイフのシースを全部捨ててしまいましょう。
(私のもポーチシースが多いけど私のは捨てないでね。)

イメージ 3

形が違っても私が以前作ったコレなんかモロに影響を受けまくリングですね。

私は毎日3回ダルトンホルダー氏の公式サイトを眺めます。全く更新されませんが見るたびに驚きと感動を味わえます。
イメージ 4
サイトにはこんなのがいっぱい載ってます。

アメリカのナイフ業界では、ボブラブレス、ビルモラン、ジェスホーン、バスターワレンスキー、WWクロンクなどと並んでナイフ界10大レジェンドに入っていますが日本では今一マイナーなのは何故でしょう。

他の人がいいっていうから、それがいいって気分になってるだけで、日本人にはいいものを自分で判断する力が無いのかもしれませんね。
残念な事です。

開く コメント(2)

JKGナイフショー


先日開催されましたJKGナイフショーでは。
沢山のご来場及び沢山のお声がけ頂きまして誠にありがとうありがとうございました。

これからも皆様が隠していた財布に手を掛けたくなるような作品を作っていきたいと思います。
これからも宜しくお願いいたします。
イメージ 1

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事