My Favorite Things /ナイフ製作

趣味や生活の話を書いていくブログです。特にナイフ製作

日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

ニヤニヤ

イメージ 1

デッカいイノシシ獲れたよーーーーーーーーーーーーー!


イメージ 2

イエイ(^-^)

NYSP製作記 4

今回はシースについて。
 
NYSPのシースって独特ですよね。
そもそもNYSPの成り立ちはニューヨークの警察官が内ポケットに入れるための護身用ナイフとの事。
それであの四角い名刺入れみたいなシースが採用されたそうなのですが、、
 
実は私、、あのー、そのー、あれ、あまり好きじゃないんです。
 
機能優先のあの形ってのは、よーく解ってますが、NYSPの持っているシャープさ、小さい中にいろんな見所のある豪華な感じ、ユニークでファニーな雰囲気等との落差を感じてしまうのです。(私だけ?)
 
今回はシースについてもカスタマー様から許可を頂いており、あくまでも本物には無い私のオリジナルテイストのシースを用意させていただきました。
 
イメージ 1
以前にも書きましたが、私がナイフを作り始める前はレザークラフトがメインの趣味でした。
そのため今もレザークラフト的なアプローチでシースを作っています。
 
普通のナイフシースと比べると少々手間も時間もかかりますが、私の満足をお客様に伝えるシンボルとしてこれからもひと手間かけていきたいと思います。
 
イメージ 2
今回使ったコンチョは1972年のケネディーコインを使って自分で叩いて製作しました。
以前私がニューヨークに行った際、降り立った空港がJFKエアポートでした。成田の倍くらいでかい空港でどっちに向かって歩けばいいか途方にくれたのを思い出します。
 
だからNYSPとケネディー氏は私の中で相性抜群なのです!
今年娘さんが駐日大使になったしね。
 
ところで!シースが出来てるってことはこのナイフ製作もいよいよ大詰めです!
 
次回の製作記が完結編になるかも!?
 
大サービスでナイフがシースに収まっている写真を今回公開します。
 
イメージ 3
アーーーーッ!あのハンドル材は!!!!!ww
 
シースなかなか似合ってますね。
次回をおたのしみに!!

クマ油

イメージ 1
先日の猟の時獲ったクマさんの脂身
 
イメージ 2
刻む。
 
イメージ 3
もっと刻む。
 
イメージ 4
ごく弱火の火にかけます。
 
イメージ 5
おっ!出てきた。
 
イメージ 6
そろそろいいかな。
 
これを濾してビンに入れて冷やすと。
 
 
イメージ 7
クマ油の出来上がり!
 
これは乾燥した手等に塗るとスーッと馴染んで最高の保湿材になります。
そのほか火傷とかには最高らしいです。
 
他の猟師さんが「熊の油は虫除けにもなるんだよー。」って言ってましたがこれはどうも怪しいなぁ。
だってクマって猟場で何度見ても虫がいっぱいたかってますからねぇ。
 
 
天然素材100%の保湿クリーム。今年の冬も我が家で大活躍です。
 
 
 

NYSP製作記 3

皆さんお久しぶりデース!
あまりにもブログを更新しないので、死んだのではないかと噂されている私でございます。
 
まぁ、仕事が忙しかったり、体調が悪かったり、テンションが下がることがあったり人生いろいろですわー。
 
 
気を取り直してNYSPを作りましょう。
 
 
私がNYSPを作ると言ってから数人の方に「ブレードはフラットでつくるんですよねー?」と聞かれました。
質問の意図はよーくわかります。私はバーキングとかのナイフ用グラインダーは持ってなくて汎用のグラインダーしかもってませんからねー。
 
でもね。
私のグラインダーにも
イメージ 1
直径62mmのちょうどいいホイールがついてるじゃん!
 
注意して作業すればこれでつくれますよん。
(但し激ムズですが。)
 
イメージ 2
荒削り完了。
見なさい!あのサンダーでもホローが削れるのだー。手もちょっとだけホローに削っちゃったけど。
 
イメージ 3
別角度から。
うん、立ち上がりも合ってるし良いんでないかい?
 
 
もう焼入れからも帰ってきてますので以降の作業も進めていきますよ。
 
それでは皆さんごきげんよう。
 
 
 
 

狩猟解禁

11月15日は、全国民が待ち焦がれた(?)狩猟の解禁日。
当然私も行ってまいりました。
イメージ 1
当地の気温は3度。紅葉も色あせ始めちゃってます。
 
イメージ 2
猟師小屋。久しぶりだー。
 
イメージ 3
集合するとみんな平等に一歳ずつ年をとった皆さんの姿がありました。このひと時がまた楽しい!
 
しかしながら今回の解禁には我がグループには大きな問題がありまして。
我々の猟のスタイルである「巻狩り」は犬を操って獲物を追い出す「勢子(セコ)」と追い出されてきた獲物を狙撃する役割の「タツマ」という二つのポジションがあるのですが、去る11月12日勢子のYさんのお父様が97歳で亡くなられたそうで暫くの間猟に出られないとのこと。
野球で言えばピッチャーがいなくなっちゃった感じです。
 
急遽代役がたてられたのですが、そこは不慣れなもので15日午前中は鹿一頭の捕獲のみ。
 
その後、当地域では雪混じりの強い雨が降り始めてあえなく終了。
 
イメージ 4
犬がどこかに行っちゃったので、私が探して連れてきているあいだに鹿はすっかり肉になっちゃってました。
手前のSさんが使っているナイフはカーショウの1035ですね!カッコイイ!
 
イメージ 5
私はここで待ってましたが解禁日には鹿は来てくれませんでした。(リスは来ました。)
 
イメージ 6
獲物が捕れなくても普段都会に住む私には、ここの景色や空気はなにものにも変え難く、今年も嬉々として毎週通うことになります。
 
今年は他の地域で早速狩猟事故が報告されていますが、其々のハンターが自覚を持って狩猟を楽しんでくれることを切に願います。
 
あ!翌日は3頭取れましたよ!
そういえば、うちのグループはスロースターターだからなぁ。
これからどんどん捕獲が増えていくことでしょう。
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事