ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索
久しぶりにノスリが来ていた。
イメージ 5

案外警戒心が強いのかまともに撮らせてくれないシメ
イメージ 3

こちらもなかなか見えるところに出てこないシロハラ
イメージ 4

シロハラだと思ってファインダーを覗くとアカハラだった!
イメージ 1
今期初見。実は以前から来ていたのに気付いていなかったのかも知れない。
シロハラはほとんどが大陸で繁殖し、アカハラは本州の高地や北海道で繁殖しているらしい。が、この辺りではシロハラはよく見るが、アカハラは滅多に見られないのはナゼなんだろう。
イメージ 2

ABSバイパス手術後、後輪ブレーキの効きが悪く感じたので、再度エア抜きをしてみた。体感的にはあまり変化なかったが、しっかりブレーキペダルを踏むと後輪ロックしているので、元々こんなものなのだろう。前輪はダブルディスクだからか良く効いているので問題無い。

警告灯をどうにかしたいところだが、パーツリストではAssy(一式)になっていて整備マニュアルでも一式の交換手順しかない。フューズも調べたがなんと1台に2つのフューズしか使われていない!当然警告灯だけを止めるヒューズなんて存在しない。
イメージ 1

メーターパネルはこんなに薄いらしい。電球ではなくLEDでプリント基盤に全て埋め込まれているらしい。つまり警告灯を消すなんてことは出来ない!参った!
イメージ 2


取りあえず問題無く走行は出来るようになったので、警告灯は気にしないことにしよう。蛍撮影の時にカメラのインジケータに貼る遮光テープでも貼っておこうか。しかしこんな状態で車検は通るのだろうか?売却にも不利であることは間違いない。。

突如効かなくなった後輪ブレーキ。症状から推測するとABS(アンチロックブレーキシステム)ユニットの後輪ブレーキ制御用モーターが動作しなくなった様子。
そのABSユニットはガソリンタンク下にあり、たどり着くのも一苦労。
イメージ 1

これがABSユニット。左半分が後輪を制御しているらしい。黄色の部品を外して動作を確認してみたらというような英語の掲示板を見たので試みる。そのために26mmという巨大なディープソケットも用意したが、真上のパイプの根本が当たって外せない。しかもこれは特殊工具でないと外せそうにない。。外せたとしても治るかどうかも分からないし、またいつ壊れるか分からないので諦める。
イメージ 2

35万円の修理代なんて出せないし、修理してもまたいつ壊れて危険な目にあうか分からないし、そもそもABSなんて作動したことも無いのでバイパスしてしまうことを決断。最近TVでCMしている「モノタロウ」で最低限必要なものを調達。
イメージ 3

ABSユニットからブレーキオイルを抜き取る。
イメージ 4

後輪キャリパーからも抜き取り。
イメージ 5

前輪左キャリパーからも。
イメージ 6

前輪右からも。
イメージ 7

次に前輪側のバイパス手術
①ブレーキレバー(マスターシリンダー)からのライン
②ABSユニットへ
③ABSユニットから
④左右ブレーキキャリパへ
となっているものの②と③をカットして①と④をバイパスしてやればよいらしい。
イメージ 8

②と③はボルトで蓋をして①と④を直結しておいた。本当は英国に専用のパーツがあるらしいが、とりあえずバンジョーボルトと袋ナットでパラレル接続。
イメージ 9

後輪も同じ要領でマスタシリンダーとキャリパーを直結。こちらは純正ブレーキホースのままでは長さが足らないので新品のホースを調達。
イメージ 10

その後、ブレーキオイルを注入してエア抜きをして完成。
プロがやれば半日くらいの作業かも知れないが、ブレーキラインなど触ったこともなかったので事前調査も含めて3日もかかってしまった。。

雨が降ってきて少ししかテスト走行できなかったが、前ブレーキは問題なく充分に効いていた。後ブレーキは効きが悪い、遊びの調整で改善するか?雨の中焦っていたのでエアが抜けきっていない、もしくは水が入り込んでしまったのか?

そして最大の誤算はABS関連のエラー表示は消せそうにないこと。事前の想定としては、マスターシリンダーからの油圧が無くなるのでABSユニットは作動せずエラーにならなくなるはずだったが、レバーを握った時点で作動してしまう!しかも握った強さで強弱してるような。では、なんのためにABSユニットへの油圧系はあるんだろう?
更に現状ではキーをONにした時点でABSエラーになっている。ABSユニット内のオイルを抜いているから油圧のチェックか何かにかかってる?オイルを入れると消えるかも知れないが、上記の問題によりモーターが作動してしまうので更なる問題を誘発しそうな。。
かと言って、ABS自体をOFFにするとブレーキランプがつかなくなってしまうらしいし、エラー表示も出たままになるだろうし。。一筋縄ではいかない。

とりあえず後輪ブレーキの効きさえ改善すれば走行に支障はなくなるので、それからゆっくり考える事にしよう。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事