ここから本文です
徒然なる星空めぐり
Livedoorブログ http://hoshizorameguri.blog.jp/ に引っ越ししました!

書庫全体表示

自己流Registax処理講座

   いつも何気なく使っているのはRegistaxV3ですが、今回V4で画像処理を試してみました。
   本来ならMultialignmentが特徴ですが今回は不慣れなためSingleで行ってみようと思います。
      あくまで自己流ですので少しでもご参考になれば幸いです。


元画像は前回使った木星です。
ノートPCのWB設定が狂っていて少し青が強く出すぎていますし、画像もあまり良くありませんが手順を中心にご覧ください。

(1)Select 画像を読み込む

イメージ 1


(2)Align LRGBにチェックをする

・Alignment optionで比較的良い画像を選び、Alignmentboxsizeを指定する(このケースでは256)
・1stepづつ確認するため、Automatic Processingにはチェックを入れない。
イメージ 2

・Quality filterでFFTの値が0.18〜0.19の間になるようにRegistrationを見ながら調整する
イメージ 3

・Alignment終了後、スライドバーでLimitを決めてLimitボタンをクリック。

(3)Optimize

・sercharea,optimizeの数値は変えない。(変えても良いが実は効果が良く分からない)
イメージ 4

もっと良い画像の場合は赤いグラフと緑のグラフが殆ど同じ位置に重なります。

(4)Stack

・Stackgraphのスライドバーでスタックしたい画像までCutoffラインを調節する。
・場合によりStacklistで元画像の目視選別を行う。
イメージ 5

今回は一時画像がフレームから外れたりドロップフレームが発生しています。

(5)Wavelet

 
・Wavelet OptionsでRGB Balanceを調整する
イメージ 6

・Contrast,Blightnessを必要に応じて調整する。
イメージ 10

・RGB Alignで色収差のズレを目立たなくする。
イメージ 7

・WaveletFilterをスライドバーで調整する。
・フィルターはDefaultのままでも構わないがこの時はたまたまGaussianを使用した。
・木星では6からはじめて5,4と画像を見ながら調整する。
・元画像によってはDyadicにしたりStep Increment値を増やす。
・いずれにしても模様を出そうとしすぎないこと。
・適切な値が得られたらSave Schemeで保存しておくと次の画像の処理が楽である。
(読み込んで微調整するだけですむ)
イメージ 8

この数値はかなりいい加減ですから皆さんはもっと追い込んでください(^^ヾ

(6)Final

・Rotationで上を南に画像を回転させる。
・Hue,Saturation、Lightnessを必要に応じて多少調整する。
・SaveImageにて画像を保存する。
・PSなどの画像処理ソフトに渡してデータ記入する。
イメージ 9


フゥ・・。画像10枚を使って説明文を作る方が大変だと言うことが良く分かりました(^^ヾ

かなりいい加減な自己流ですので、間違っているところがあればご指摘いただけるとありがたいです。

  • 顔アイコン

    こんにちは〜(~_~)m。シュミットさん、寝て居いないですね。こんなに大変な事をしなければ、ブログに載せられない事ですか?まだ何の事やら分かりましぇん.。o○。これが分かる先輩諸氏を全員尊敬致します。<(_ _)>

    マンジュラ

    2007/6/9(土) 午後 3:13

  • 顔アイコン

    <(_ _)>とにかく感謝の一言です。Registax、とくにV4のこんな詳しい解説は初めてです。これで私も何とかRegistaxを使えそうです。ありがとうございました!

    (^^)/ T-Fix

    2007/6/9(土) 午後 3:26

  • 顔アイコン

    もちろん傑作ポチです。私の無遠慮なお願いでシュミットさんに無理をさせてしまったようです申し訳ありません<(_ _)>

    (^^)/ T-Fix

    2007/6/9(土) 午後 3:37

  • 凄い難しい画像処理をしているんですね。驚きです。
    時間も相当かかると思いますが、私はシュミットさんの画像を見るのを楽しみにしています。これからも宜しくお願いします。

    [ - ]

    2007/6/9(土) 午後 5:06

  • 顔アイコン

    詳細な解説、参考になります。私は、自己流に関してはもっと低次元でやっていますので、今回改めて見直すべきと思いました。ふだん、処理時間短縮のため、Quality estimatorのLowest qualityを0にしてAlignし、Optimizeをとばして、Stackに持っていきます。この方法がいいのか、やはり再検証してみようと思っています。

    alpheratz

    2007/6/9(土) 午後 8:24

  • 顔アイコン

    メローペさん
    自己流ですけど大体こんなもんだと思います。途中を省略されても構いませんので使えそうなところだけ使ってみてくださいね。

    ☆シュミット☆

    2007/6/10(日) 午後 3:38

  • 顔アイコン

    ヨネヤンさん
    私はいつもV3を無意識に使っていますのでV4を意識的に使って記事を書くのはとても大変でした(^^ヾ。是非ヨネヤンさんの正しい使い方も公表してください。

    ☆シュミット☆

    2007/6/10(日) 午後 3:39

  • 顔アイコン

    k_ydaさん
    上に書きましたように私もV2やV3をいつもは使っていますのでV4はまだまだです。シングルではスピードが早くなった程度で、使いやすさはV3の方が上のような気がしています。使えそうなところだけお使いくださいね。

    ☆シュミット☆

    2007/6/10(日) 午後 3:42

  • 顔アイコン

    ぱるまあさん
    名前アイコン作成おめでとうございます。これでお呼びするのが楽になります。惑星画像掲示板は二つ上にコメントいただいているヨネヤンさんが開設されたものです。これからもドンドン投稿してくださいね。960黒点の移動の様子やプロミネンスの消長は、あまり多くはないので大変貴重です。

    ☆シュミット☆

    2007/6/10(日) 午後 3:49

  • 顔アイコン

    コーチさん
    わたしも細かな所は良く分かっておりませんが、V3で無意識にやっていることをV4で意識的にやって記事を書きました。そのため肝心の画像の出来はイマイチですけど使えそうなところだけお使い下さいね。

    ☆シュミット☆

    2007/6/10(日) 午後 3:51

  • 顔アイコン

    GuriGuriさん
    まいどどうも(^^ヾ。そんな大それたものではありませんし、他にもっと良いやり方があると思いますのでほんの一つのご参考と言うことでお願いします。

    ☆シュミット☆

    2007/6/10(日) 午後 3:53

  • 顔アイコン

    マンジュラさん
    たった1枚の画像を載せるのにこんな処理を皆さんなさってるんですよ。私は機械に処理させている間に皆さんのブログにお邪魔したりしてますけど・・。これが機械でなければ恐らく一晩中やっていることになると思います。何しろ写真を1000枚以上重ねていますから・・。まさに文明の利器ですね。

    ☆シュミット☆

    2007/6/10(日) 午後 3:55

  • 顔アイコン

    T-Fixさん
    喜んでいただけて良かったです。T-Fixさんの詳細な画像処理解説のお礼です(^^)。でも1枚の画像を処理するよりこの記事を作る方がはるかに大変でした。1つの記事で画像を10枚も使うと画像と記事を一致させるのが至難の業だと言うことが良く分かりました(^^ヾ。
    出来栄えは兎も角、どのレバーを動かすとどのように画像が変わるのかをお見せしたかったんです。調整した割りに大したことないなって感じですけど趣旨をご理解願いますね。

    ☆シュミット☆

    2007/6/10(日) 午後 4:00

  • 顔アイコン

    太郎さん
    私も太郎さんのブログやHPを拝見するのが大変楽しみです。歳をとって来るとだんだんと自然に還ってゆくものなんでしょうねぇ(^^)。こちらこそこれからも宜しくお願いします。

    ☆シュミット☆

    2007/6/10(日) 午後 4:02

  • 顔アイコン

    alpheratzさん
    わたしもいつもはもっと適当な処理を無意識にしていますよ。だいたい画像を選んだら後はほっぽらかして、ブログにおじゃましたりしてますから。今回はこんな自己流でもサンプルがあるとお役に立てるかなと思ってわざと色々なレバーを動かしています。また綺麗な木星像を拝見しに伺います。

    ☆シュミット☆

    2007/6/10(日) 午後 4:05

  • 顔アイコン

    かなり出遅れまくったコメントですがお許し下さい…。
    惑星の画像処理方法を見ていていつも思うのですが、これぞ「画像処理」といった感じで、理論に基づいた色々なコマンドが充実してますのでレタッチとはまた違う世界がありますね。
    ちなみにこの後PSなどでどのような処理をされるのでしょうか、また機会があればざっと紹介して下さいね^^

    [ よっちゃん ]

    2007/6/11(月) 午前 3:25

  • 顔アイコン

    おおさすが、これは参考になります。ありがとうございました。

    hideサン

    2007/6/11(月) 午後 3:44

  • 顔アイコン

    yottyanさん
    とんでもない!コメントありがとうございます。惑星でも観賞用にするか、観察用にするかで処理はかなり変わって来ると思います。観賞用の場合はスタックする画像の選別にも時間をかけますし、PSに渡してからもトーンカーブを調整したり色調、コントラスト、アンシャープマスク、更にはNeat Image等を用いて美しく仕上げます。美しいのに越したことは無いのですが、私の場合は事実の記録的な意味合いが強く、偽の模様が出ないようにそれから撮影時のデータ記入がPS使用の目的になっています。

    ☆シュミット☆

    2007/6/12(火) 午前 1:23

  • 顔アイコン

    hideサン
    多分大気差による色ズレの補正の件ですね!?estimateを押して自動で補正する方法も試してみてください。ただ完全に合わせると、時には本体の模様が薄くなってしまうように思います。一度お試しになってみてください。

    ☆シュミット☆

    2007/6/12(火) 午前 1:26

  • 顔アイコン

    はじめまして。
    履歴を見てお邪魔しました。
    実は以前も見せていただいてたんですよ(笑)
    私はいつも自己流で細かいことはやらずにホント適当にやっているのでまたじっくり参考にさせていただきます。
    C9、シャープでいいですね!

    [ - ]

    2007/12/2(日) 午後 8:28

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事