ここから本文です
徒然なる星空めぐり
どうかこの一年が素晴らしい年になりますように!

書庫全体表示

記事検索
検索

全274ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

上空から見た積乱雲

ようやく梅雨明けした新月期ですが、ちっとも晴れませんね〜。

先週の金曜日が唯一の遠征日和でしたが、あいにく
北海道への出張と重なってしまいました。

用事を済ませて、帰りの飛行機から眼下を見下ろすと
東北地方に積乱雲が乱立していました。
地上では豪雨をもたらした雲ですが、上から見下ろすと
まるで生き物のように姿を変えていました。

北海道の自然の写真は後程ご紹介するとして
今回は帰路でみた積乱雲のご紹介です。

イメージ 1
まるでゴジラが暴れているようです。

イメージ 2
巨大な台地が南極大陸のようです。

イメージ 3
眼下に見える湖は猪苗代湖でしょう。

普段はあまり窓から外を見たりしないのですが、今回は
雲の様子をずっと見てしまいました。

東北地方では例年にない豪雨で新幹線や在来線、
そして高速道路も通行止めのようです。
年々凶暴化する異常気象が早く収まって欲しいものです。
災害に遭われた方の1日も早い復興復旧を願います。


この記事に

関東は台風3号が通過しても梅雨前線の影響で
なかなか晴れませんでしたが、七夕の金曜日は
久しぶりにようやく晴天に恵まれました。

予報よりも良かったので急いで帰宅し、
鏡筒の冷却時間も取れないまま木星を撮りました。
イメージ 1
クリックすると拡大します(↑)

薄雲がかかったような空でしたが上空の気流は
かなり落ち着いていました。
普通に処理したらかなり赤みがかった画像でしたので
RGBを揃えて処理してみました。

1時間後にはかなり西に傾いてしまいました。
イメージ 7
               クリックすると拡大します(↑)

数ショット撮ってWinJUPOSで処理をしようとしたら
上手くコンポジットが出来ませんでした。
恐らく最初の測定の部分で微妙な違いが出てしまったようです。
やはりしばらく間が開くとダメですね。今度やり直しします。


しばらくすると、
南中を過ぎた月の近くに土星が並んでいたので、
まずは土星に鏡筒を向けてみました。

イメージ 2
クリックすると拡大します(↑)

衝の時に輝いていたリングもかなり落ち着いてきたようです。
今年の土星は緯度が低いので、南側隣家のエアコンの影響か
撮影していても画像がなかなか落ち着きません。
詳細は分からずただ撮っただけになってしまいました。



そしてそのままバローレンズを外して
月齢13の欠け際を何枚か撮影しました。
久しぶりのクレーターなので名前を入れてみました。

イメージ 3
ベイリーは直径300Kmもある巨大クレーターです。
ほぼ東京〜名古屋をカバーしてしまう大きさです!
クラヴィウスの1.5倍もあるんですね。

イメージ 4
クリックすると拡大します(↑)
ここは変形クレーターの集まりです。
シラーは月面では珍しい楕円形のクレーターです。
そしてワルゲンチンは真ん中が高く切り株状をしています。

イメージ 5
シッカルトも古い、しかも浅いクレーターです。
次回はもっとシッカリト撮りましょう1

イメージ 6
クリックすると拡大します(↑)
ここは虹の入り江の欠け際です。
中央に立派な丘が見えたので調べたらピタゴラスでした。
この辺りもじっくり拡大撮影が出来たら面白そうです。


ついでに撮った感じで画質が全然良くありませんが、
月面西部の欠け際を撮影したのは本当に久しぶりでした。

梅雨前線の影響で北九州で被災された方々が
一日も早く復旧・復興されることをお祈りします。

この記事に


早いもので1年も半分過ぎてしまいました。

いくら画像処理をしていても、
強力なポチリヌス菌には感染してしまいますね〜。
結局この休みにいくつかの小物をポチってしまいました。

それはおいおいご紹介するとして、必死に抵抗して
処理した4年前に撮影した干潟星雲です。
この日はあまりに空が良かったので薄明の迫る中、
午前4時過ぎからギリギリまで8分5枚を撮影しました。

イメージ 3
クリックすると拡大します(↑
2013/3/17 4:06-
VixenR200SS BaarderMPCC MkⅢ Cannon EOS_KissX5(新改造)
480secX5 ISO1600
StellaImage8による自動処理 FlatAidePro PhotoshopCS5 25%縮小


コマコレが更に高性能なコレクターPHを入手すれば
更に良い画像が撮れるようになるかな!?

色相だけをいじって曲に合わせてブルーラグーンにしてみました。
イメージ 1

本当はナローで撮れたらもっと面白いんでしょうけどね〜。


BGM:Bu-そして沖縄”エレアコバージョン”_Masayoshi Takanaka

P.S メキシコやオーストラリアには元画像にピッタリの
PinkLagoonが実在するんですね。

イメージ 2

Pink Lagoonで検索してみてください!

早く梅雨明けしないかなぁ〜!!

この記事に

あまり降らないけど晴れない日が続いていますね〜。
天文屋にとっては晴れないとポチリヌス菌が繁殖して
迂闊にNetを徘徊するのも、とても危険な季節です。

そんな訳で今回も3年前の画像を引っ張り出してきて
再処理してみました。


M33 さんかく座の渦巻銀河です。

この日はぴんたんさん、sora-canさん、T-Fixさん
RUKUさん、ただよしさんたち東葛星見隊の皆さんと
朧滝に遠征して、例によってガイドが決まらず諦め
かけていたところ数か月ぶりに復帰されたT-Fixさんが
GPUSBを貸して下さって、何とか撮影出来た対象です。

イメージ 1
クリックすると拡大します(↑)
2014/9/21 0:44- 
GINJI150FN(通称ペンギン君)BaaderMPCC MKⅢ Seo-cooled60D  
600secX8 ISO1600 Stellaimage8 FlatAidePro PhotoshopCS5 33%縮小

構図も本来は横構図とすべきところ縦構図になってますね〜。
星像もペンギン君の追い込み不足が露呈していますが、
FlatAIdeProの力を借りてややカラフルに仕上げてみました。
3年前には出来なかった芸当が簡単に出来るので
梅雨時の暇つぶしにはとても良いですね。

少なくとも処理している時間は
ポチリヌス菌から遠ざかることが出来ますからね〜(*^^)v

BGM:Kenny G - The way we were

この記事に

15日はようやく梅雨の中休み
関東はずっとはっきりしない天気が続いていましたが
この日はようやく晴れてくれました。

前線が南下した影響か、時折大きな気流の乱れはありますが
雲に邪魔される心配なく撮影出来るのは良いものですね。

帰宅後すぐに鏡筒を準備し、fanを回して冷却している間に
急いで夕飯をとってからの撮影です。

15日の木星

イメージ 1
クリックすると拡大します(↑)

GRS(大赤斑)は沈んでしまいましたが、その後方の複雑な模様が見て取れます。欲を言えばもう少しシャープさが欲しいですが、元画像を150%に拡大しています。
しばらく行っていなかったWinJUPOSのDe-Rotationも備忘録的に処理をしてみました。1枚ものよりは多少ノイズを減らすことが出来ました。でもまだまだノイジーですね〜(^^;

5フレームでアニメGIFを作ってみました。
イメージ 3
木星の自転の様子が分かりますね!



衝を迎えた土星

木星はシーズン終盤にさしかかり、これからはいよいよ土星のシーズン到来です。衝になるということは太陽と丁度反対側に位置するので南西向きベランダの我が家でも夜半には撮影可能となります。
南中高度が低くこちらもシーイングに恵まれるのは厳しい条件ですが、太陽の光を正面から受けて環がひときわ明るく輝く”ハイリゲインシャイン現象”を捉えることが出来ました。

イメージ 2

来週はいよいよ新月期。何とか晴れて欲しいし、最低でも
惑星が撮影できるような天気になって欲しいですね。

BGM:Earl Klugh Dance With Me



話は変わりますが、野際陽子さんがお亡くなりになりました。
  中学生時代にTVドラマの”Key Hunter(キーハンター)"で
  颯爽と活躍する彼女に憧れましたね〜。オープニングのテーマ
  ソングも歌われていました。あれから、かれこれ半世紀が経ち、
  享年81歳だそうです。 彼女のご冥福をお祈りします。 

学生時代話

この記事に

全274ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事