JR大森駅から徒歩1分 入れ歯研究所・内田歯科医院のブログ

入れ歯治療はインプラント治療と比べてとても安全性の高い治療法です。

顎の土手が極度に吸収してしまった顎堤吸収異常

歯周病による歯周組織の崩壊、過酷な咬合圧に対する骨破壊により、顎堤(顎の土手)が顎舌骨筋に埋没するほど無くなってしまった場合、安定を得ようと義歯の床縁を広げたりしますと、床下粘膜面は殆どが可動粘膜域になっているため、逆にパカパカ浮き上がる痛くて噛めない最悪の入れ歯が出来上がってしまいます。このようなケースでは、先ず浮き上がりの起こらないコンパクトなアウトラインを旧義歯を改造して設定し、何度か調整を行い、咬合の安定した段階でシリコーン義歯の作製に入ります。高度な顎堤吸収異常でもシリコーン義歯のテクニックを応用することによって吸着を得ることが可能となります。 内田歯科医院 入れ歯研究所 内田将士

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事