JR大森駅から徒歩1分 入れ歯研究所・内田歯科医院のブログ

入れ歯治療はインプラント治療と比べてとても安全性の高い治療法です。

金属床義歯を考える上での必須事項について

金属床義歯が最も威力を発揮するケースは上顎の部分入れ歯です。残存歯の骨植が強固で、かつ患者さん自身に嘔吐反射や発音障害がある場合、金属床の部分入れ歯はまさに適応症と言えるでしょう。 では、ここで金属床が適しているか否かの判断基準を述べておきます。 ①初めて作る義歯である ②歯周病の状態が良くなく、グラグラする歯がある ③虫歯や治療途中の歯がある ④歯を抜いて間もない ⑤顎の土手の歯茎がぶよぶよしている ⑤顎の土手が吸収して平らになってきている これらの中で一つでも該当する場合は、すぐに金属床を作るというのは適応症とは言えません。 逆に、これらすべてが該当せず、嘔吐反射、発音障害がある場合は金属床の適応症となります。 すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事