JR大森駅から徒歩1分 入れ歯研究所・内田歯科医院のブログ

入れ歯治療はインプラント治療と比べてとても安全性の高い治療法です。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
まず、無歯顎専用トレーでスナップ(概形)印象を採ります。この段階ですでに多少のモダイオラスを付与させます。出来上がった石膏参考模型上に粘膜面の情報を記入していきます。これは、各個トレーの設計、テクニシャンへの粘膜面情報の提供、そして、義歯床縁の設定位置の決定のためです。全て噛める入れ歯を作る上で、とても重要な作業になってきます。斜線部位が付着歯肉部位、黒塗りの部分が遊離歯肉、つまり可動粘膜となります。難症例になればなるほど、粘膜の形状、組成に合わせた後縁の形態、あるいは適応する材料をセレクトしていくことが肝心です。今ケースの場合は、ループの「やわらかい入れ歯」の適用となりました。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事