JR大森駅から徒歩1分 入れ歯研究所・内田歯科医院のブログ

入れ歯治療はインプラント治療と比べてとても安全性の高い治療法です。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
古い記事の整理。

1年半前にSetしたケースですが、Krはここしばらく装着していなかったご様子で、、、「入らない!」と来院されました。5番が完全に遠心側に移動してしまってましたので、4−5間をジスクでセパレートし、一部粘膜面のフレームだけ削合して残し(ストップ確保)、それらをパターンレジンでしっかりと留めて一体化させ、ラバーで取り込みimpを行い、それをラボに送りました。その後、いつもお世話になっているDHさんから「粘膜面が浮き上がっているかもしれないので、その場合は、TF時にアルタードキャストして下さい。」と言われてましたが、実際のTF時の適合精度は良好でした。とても修理したとは思えない仕上がりです。ちなみに、床後縁は長すぎますので短くします。4、5支台の片側遊離端の場合、7の近心辺りまでのバイトに留めておかないと義歯の転覆、脱離が発現しやすくなります。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事