JR大森駅から徒歩1分 入れ歯研究所・内田歯科医院のブログ

入れ歯治療はインプラント治療と比べてとても安全性の高い治療法です。

全体表示

[ リスト ]

顎の土手(顎堤)が病的にやせ細ってしまい、義歯の装着さえ困難になってしまうことがあります。とくに著しく吸収したケースでは、顎の土手が陥没して見えるくらい顎の土手が吸収してしまうこともあります。

このような状態を顎堤吸収異常と呼び、それに伴う義歯の不具合を訴える方は意外と多いのです。

この顎堤の状態になりますと義歯を支えることが十分に果せなくなり、満足な咀嚼は出来なくなります。
そこで、一般消費者の方は市販のクッションタイプの安定剤で騙し騙し食事を摂っているのが現状です。

そして、それを解決してくれるのがループシリコーンデンチャーです。生体シリコーンの適度なクッションが痛みの改善、咀嚼能率の向上、さらには顎堤の保護までしてくれるのです。

クッションタイプの安定剤や診療サイドで張り付けるシリコーンと違って、しっかりシリコーンの厚みを確保して精密に製作されるループシリコーンデンチャーは、その差は歴然、装着した瞬間に感動を覚えることでしょう。

私はこのループシリコーンデンチャー通して、数多くの顎堤吸収異常の患者さんを救うことが出来ました。
今後も一人でも多くの顎堤吸収異常でお悩みの方を救っていければと思っております。

※画像は顎堤吸収異常のイメージになります。

イメージ 1
イメージ 2

内田歯科医院 入れ歯研究所 内田将士



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事