わが青春のMZ

1981年以降にSHARPから発売された、MZ-80B/2000シリーズを中心とした記事です。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 前のページ ]

占星術(MZ-80B)

またまたお待たせしました(って、またまた誰も待ってないかも)。
今回は学校祭で女子生徒に大人気だった、「占星術」を復活させました。
オリジナルのものは、西暦1899年以前と2000年以降生まれの方の占いができなかったので、西暦元年生まれから9999年生まれの方まで計算できるようにしました(単精度実数計算なので、誤差は大きいかもしれません)。

遊び方:

まず、MZ2000エミュレータ、EmuZ-2000をこちらダウンロードしてください。

次に、"senseijutsu.emuz"をこちらでダウンロードしてください。

EmuZ-2000を起動したら、下図のよう"MZ"をクリックしてから"80B/80B2"をクリックし、エミュレータモードを80B/80B2モードに切り替えてください。
イメージ 1

その後、ダウンロードしたファイル"senseijutsu.emuz"を上記の画面内にドラッグ&ドロップしてください。
すると、生年月日を入力するように求められますので、下図ののように生年月日を西暦、日付、時刻の順で入力します。数値が一桁になる場合は、頭に"0"をつけます。なお、西暦元年生まれの方は(おそらくそのような方はいないと思いますが)、西暦のところに"0001"と入力してください。
また、生まれた時刻が不明の方は、下図の画面で"N"を入力してください。
イメージ 2

生年月日の入力が終わると、"IS IT RIGHT?  Y/N"と表示されますので、よろしければ"Y"を、生年月日を訂正する場合は"N"を入力してください。
すると、下図のように生まれた地方の入力を求められますので、画面に従って0から9の値を入力してください。残念ながら、日本以外の生まれの方は計算ができませんのでご容赦ください。どうしても計算したいという方は、生年月日を日本時間に換算しなおして、緯度が最も近い地方を選ぶとそれなりの結果になるものと思われます。
入力が終わると、ホロスコープの計算が始まります。
イメージ 3

ホロスコープの計算が終わると、下図のようにホロスコープ計算結果が表示されます。
なお、各星座のシンボルマークは、wikiをご参照ください。
イメージ 4

次に進むには、この画面で"N"を入力してください。(本来は画面コピーをするものですが、エミュレータでは対応できないものと思われます。画面コピーが必要な場合はWindowsの"PrintScreen"機能を使ってください。)
すると、下図のような画面に切り替わります。
イメージ 5

次に進むには、"Y"を入力してください。
すると、下図のようにあなたの性格、向いている分野、健康運、食事へのアドバイスがそれぞれ表示されます。

イメージ 6

次に進むには、"Y"を押してください。
すると、下図のようなあなたの恋愛タイプ、あなたの愛が相手にどう受け取られるかを表示する画面になります。
イメージ 7

占星術を終了する場合は"Y"を、他の人の占いを続ける場合は"N"を入力してください。

なお、ホロスコープの計算は非常に時間がかかるため、短気な方はエミュレータメニューの"CPU"→"Clock"を順にクリックし、クロック数を40以上にすると、あまりストレスを感じなくて済むと思います。

占星術は惑星の運行を計算し、その結果に基づいて運勢を占うもののようですが、はっきり言って科学的根拠はありませんので、自分に都合の良い結果を信じて、都合の悪い結果は信じないようにした方が、精神衛生上も健康でいられると私は思います(笑)。


萩尾みどりさん

写真を萩尾みどりさんにしてみました。
彼女とMZとの関係を知らない方のために簡単に説明しますと、パソコンサンデーというMZ-80B/2000を扱っていた番組で、小倉智昭さん、萩尾みどりさん、宮永好道さんが司会をされていたという関係があるためです。
放送時間帯が遅かったので、ほとんど見ることはなかったのですが、慣れない手つきであのMZの扱いづらいキーボードをポチポチ叩いていたのをおぼろげに覚えています。

当時のパソコンにはマウスがないうえ、画面スクロールも下方向のみで、コピペなんかは全然無理でしたので、今から思えばみんなよくやったなと思います。
ハードディスクはおろか、フロッピーディスクすらない(あるにはあったが、ディスクユニットが30万円したので、当時の学生アルバイトでは手が届かない)ので、ひたすらカセットテープでSAVE/LOADを繰り返しました。

ただ、10年以上前のCD-Rって、結構読めなくなっているんですが、30年前のカセットテープのデータはほとんど読むことができました。やはり磁気記録は侮れないんでしょうかね。
いや、萩尾みどりさんも相変わらず美しいままかも…。

大変長らくお待たせいたしました(って、誰も待ってないか)。

懐かしのSTARTREK (スタートレック) ゲームをEmuz-2000で動くようにしました。
あまりに古すぎて聞いたことがないという人がほとんどだと思いますが、ファミコンゲームの「パルサーの光」もこれが元になったものと思われます(って、こっちも古すぎて知らない人が多いかも)。

もともと80B用ですが、2000モード対応にしました。

遊び方:

まず、MZ2000エミュレータ、EmuZ-2000をこちらダウンロードしてください。

次に、"startrek.mti.emuz"をこちらでダウンロードしてください。

EmuZ-2000を起動後、ダウンロードしたファイル"startrek.mti.emuz"をドラッグ&ドロップしてください。

すると、「アナタ ノ ウデマエ ハ(H, M, L)?」と聞いてきますので、
H:難易度高い
M:中程度の難易度
L:難易度低い
のどれかの文字を入力して、Enterキーを押してください。
とりあえず、最初は"L"を入れてみます。
イメージ 1

すると、勝利条件が表示されます。この例場合は「30年で33のクリンゴンを破壊せよ。基地は1です。」と表示されています。
すると、下の画面のように、にエンタープライズ"E"、クリンゴン”K”、星”*”、基地”B”が表示されます(この画面では基地”B”は表示されていない)。
イメージ 2

今回はいきなりクリンゴンに攻撃されています。
画面情報は以下のとおりです。

ネンスウ:残りの年数です。0になる前にクリンゴンを殲滅する必要があります。
ギンガレキ:西暦のようなものです。
ジョウタイ:エンタープライズの状態を表し、戦闘、平常、停泊があります。この例ではセントウ(戦闘)です。
ザヒョウ:銀河地図上のエンタープライズがいる座標を意味します。
エネルギー:エンタープライズのエネルギーです。0以下になると撃沈ですが、基地に停泊すると回復します。
ウチュウキチ:エンタープライズが補給できる基地の数です。
クリンゴン:残りのクリンゴンの数です。これが0になれば勝利です。

「シレイ=」
と表示されていますが、シレイ(指令)には、以下の6種類があります。
1:ワープ
2:短距離レーダー
3:長距離レーダー
4:波動砲
5:光子魚雷
6:銀河地図

1(ワープ)を入力して、Enterキーを押すと、移動するコースを1から8.9までの実数の入力を求められます。
コースの意味は、下図の通りとなります。
                    4   3   2
                      \ | /
                 5  ―          ―  1
                     / | \
                    6      7       8
すなわち、右方向が1、右斜め上方向が2、上方向が3・・・ということになります。
また、右方向と右斜め上方向の中間は"1.5"というように、小数点をつけて指定します(うーん、さすがマウスのない時代だ…)。
なお、0を入力するとワープをキャンセルできます。
コースを入力後、距離の入力を求められますが、”1”でだいたいマップの端から端までの距離になります(対角線だと、約1.4)。小数点以下を指定すると、小ワープが可能です。長距離ワープほど、エネルギーを消費します。

2(短距離レーダー)は、エンタープライズ周囲のクリンゴン、星、基地を表示するものです。故障しない限り、常に表示されていますので、あまり使用する機会はないでしょう。

3(長距離レーダー)は、下図のように現在いる地点の周囲の宇宙の状態を知るものです。
3桁の数字の意味は、左からクリンゴンの数・基地の数・星の数を示し、中央の3つの数字が現在いる宇宙の状態を表しています。この場合、現在位置は”204”であらわされていますので、クリンゴンが2・基地が0・星が4ということになります。
イメージ 3

4(波動砲)は、エンタープライズから周囲の全方向に波動エネルギーを放射して攻撃するものです。遠くの敵に対しては攻撃威力が減衰してしまいますが、複数の敵を同時に攻撃できます。ただし、エネルギーが0になると撃沈されますので、エネルギーの数値には常に注意を払っておきましょう。

5(光子魚雷)は、エンタープライズから発射する光子魚雷で、命中すると一撃でクリンゴンや星を破壊できますが、1発ずつしか撃てません。発射方向の指示は、ワープの場合と同じです。なお、光子魚雷が基地に命中すると、基地を破壊してしまいますので注意してください(波動砲では基地や星は破壊されない)。

6(銀河地図)は、長距離レーダーまたは短距離レーダーで探索した宇宙の情報を宇宙全体の地図に表示するものです。3桁の数字の意味は、左からクリンゴンの数・基地の数・星の数を示し、*はまだ探索していないことを意味します。
イメージ 4

とりあえず、クリンゴンを破壊しながら、宇宙基地を探しましょう。宇宙基地”B”に隣接するとエネルギーが満タン(4000.00)になり、光子魚雷もフル装填(10)されます。

健闘むなしく、エンタープライズが破壊されるか、30年(ゲームでは30分くらい)経過するとゲームオーバーとなり、あなたはクリンゴンの奴隷となり、死ぬまで重労働をさせられます(笑)。
イメージ 5

再チャレンジする場合は”Y”を、ゲームをやめる場合は”N”を入力してEnterキーを押してください。

では、健闘をお祈りいたします。

TEXAS ZONE 2000

当時、MZ-80B/2000で一番人気のゲームだった、「TEXAS ZONE」をカラーで遊べるように改造しました。
 
カラー画面のため、MZ-2000モードのみで動作します(MZ-80Bモードでは動きません)。
 
遊び方:
 
まず、MZ2000エミュレータ、EmuZ-2000をこちらでダウンロードしてください。
 
次に、texaszone2000.emuzをこちらでダウンロードしてください。
 
EmuZ-2000を起動後、ダウンロードしたファイル「texaszone2000.emuz」をドラッグ&ドロップしてください。
 
すると、以下のような画面が現れます。
 
イメージ 1
 
説明が必要な場合は「Y」キーを、必要ない場合は「N」キーを押してください。
 
次に難易度を設定します(がめんに「DIFFICULTY 1-9」と表示されます)。1が一番やさしく、9が一番難しくなっています(1から9までの数字キーを押します)。
すると、次の画面のように予想的戦力が表示されます。
 
イメージ 2
 
TYPE D、CRUISERは、それぞれ機動戦士ガンダムのリックドムタイプ、ムサイタイプによく似た敵キャラです。
それ以外の敵が出現する場合もあります。
四角い緑色の枠が、ターゲットスコープになります。
テンキーの8,2,4,6でそれぞれ上下左右に移動できますが、自動的に止まりません。
テンキーの1,3,7,9のいずれかのキーを押すとターゲットスコープの移動を止めることができます。
テンキーの5でターゲットスコープ中心部にビームライフルを発射します。
 
イメージ 3
 
敵の心臓部にうまく当たると、敵を一撃で撃破できます。
敵が撃ってくる弾丸は、1キーか3キーを押すことで回避することができます。
ただし、敵の宇宙巡洋艦が撃ってくるビーム砲は回避することができません。
7キーを押すとシールドをはって、敵の弾丸やビーム砲を防御することができますが、10回防御するとシールドが壊れてしまいます。
接近してきた敵には、ビームサーベルが有効です。
TYPE Dが、下の画面のような大きさになったとき、9キーを押すと、画面のように緑色のビームが右下から飛び出してきます。
イメージ 4
 
その後、すぐに1キーか3キーを押すと、下の画面のようにビームサーベルで敵を撃破することができます(運悪くかわされてダメージを受けることもあります)。
なお、宇宙巡洋艦やその他の未知の敵に対しては、ビームサーベルは使えません。
 
イメージ 5
 
所定の数の敵を撃破するか、やり過ごすかすると、ゲームは終了です。
すると、下の画面のような戦果が表示されます。
 
イメージ 6
 
敵をすべて撃破すると「PERFECT」が、戦闘でダメージを受けなかった場合は「NO DAMMAGE」が表示され、高得点が得られます。
再びゲームをする場合は「Y」キーを、やめる場合は「N」キーを押してください。
 
今から思えば、グラフィックは貧弱で、効果音もしょぼいですが、当時としては「8ビットマイコンでここまでできる」と驚いたものです。
 
次は、あの有名な「STARTREK」(スタートレック)を復活させようかと思っています。
気長にお待ちください。
(すでに実機が壊れてしまったため、新規開発は今のところ難しいのですが、将来EmuZ-2000にSAVE/LOAD機能ができることを期待しましょう。)

はじめまして

SHARP MZ-80B/2000シリーズ発売(1981年)から、すでに30年もたっているんですね。
当時中学生〜高校生だった私は、2年近くバイトしてやっとの思いで手に入れたものです。
その当時でも、NEC PC-8000/6000/8800シリーズや富士通 FM-8/7シリーズなどと比較しても、マイナーなコンビュータだったと思います。
何をいまさらとも思うのですが、なんとWindowsマシンで動く、MZエミュレータなるものがあるじゃありませんか!
 
ここで、私のMZ汚染度をチェックしてみたところ、
 
あなたは 147.25%
MZに汚染されています。
 
とのことでした。かなりヤヴァイかも、
 
そこで、実家の奥深くに眠っているカセットテープを掘り出し、当時の感動を再び味わいたいと思ったものです。
まあ、はっきりいってオタクですね、ハイ。
 
いくつかのものはエミュレータ上で動かすことができました。
暇を見つけてUPしていこうと思います。
期待しないで待っていてください。

全2ページ

[1] [2]

[ 前のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事