わが青春のMZ

1981年以降にSHARPから発売された、MZ-80B/2000シリーズを中心とした記事です。

MZ回顧録

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

グリーンディスプレイ

MZ-80Bのグリーンディスプレイのように表示を変更しようと思いましたが、見つからないのでこの色にしました。

昔は「緑は目に良い」などと信じられていたせいか、この時期は高級モノクロディスプレイは必ずと言っていいほどグリーンディスプレイが採用されていたようですが、医学的根拠は全くない(wiki)どころか、むしろ目に悪いというIBMの論文を昔見たような気がするのですが、さすがに今はネット上でその論文を発見できませんでした(グリーンディスプレイは目に悪かった)。

文字を黄色にするとこのようになります。
文字を緑にするとこのようになります。
文字を赤にするとこのようになります。

やっぱり見づらいので、目に良くないということでしょうか。
まあ、当時のCRTディスプレイからは有害な電磁波や紫外線もそれなりに出ていたので、そっちの方が問題だと私は思います。
ディスプレイがCRTから液晶(LCD)に変わったおかげで、パソコン画面の前に座っていても以前より疲れにくくなったのは確かです。あまり感じないという人はそれで良いのでしょうけど。

…くれぐれも健康にはご留意ください…

萩尾みどりさん

写真を萩尾みどりさんにしてみました。
彼女とMZとの関係を知らない方のために簡単に説明しますと、パソコンサンデーというMZ-80B/2000を扱っていた番組で、小倉智昭さん、萩尾みどりさん、宮永好道さんが司会をされていたという関係があるためです。
放送時間帯が遅かったので、ほとんど見ることはなかったのですが、慣れない手つきであのMZの扱いづらいキーボードをポチポチ叩いていたのをおぼろげに覚えています。

当時のパソコンにはマウスがないうえ、画面スクロールも下方向のみで、コピペなんかは全然無理でしたので、今から思えばみんなよくやったなと思います。
ハードディスクはおろか、フロッピーディスクすらない(あるにはあったが、ディスクユニットが30万円したので、当時の学生アルバイトでは手が届かない)ので、ひたすらカセットテープでSAVE/LOADを繰り返しました。

ただ、10年以上前のCD-Rって、結構読めなくなっているんですが、30年前のカセットテープのデータはほとんど読むことができました。やはり磁気記録は侮れないんでしょうかね。
いや、萩尾みどりさんも相変わらず美しいままかも…。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事