easy does it !

自身のライフスタイルを発信します

全体表示

[ リスト ]

何を伝えられるのか

ちょうど2年前の10月の末にがんと診断された。

ステージ4。治療しなければ余命6ヶ月。

突然の医師からの話しに呆然としていた事を思い出す。

それからの2年間、病気と抗がん剤との闘病生活を送る中で、

たくさんの事に気づく機会があった様に思う。

病気から生きる意味を考える時間を与えてもらったのだ。

生きる意味。何故それをしているのか。

そこにギャップのある生き方をしてきていた自分を確認できた。

本当に大切なものを犠牲にしてエゴや見栄を優先していたし、

自分や回りの人を大切にしない生き方をしていた。

支えられて生かされている。

そんな単純な事にも気づかずに生きてきたんだと思った。

そう。オレの生活を支えてくれている人は

自分が支えているとは決して言わない。

黙って支えてくれている。

それに気づいた時、涙が止まらなかった。

いいかげん泣いて泣いて、涙が止まった時、オレの生き方が決まった。

お返ししよう。恩を返そうと思った。

今日しか生きられない。と、思えば今日を大切にできるはず。

支えられて生かされていると思えれば、感謝して丁寧に生きれるはず。

生きている事、いてくれること自体がすごいこと。

自分も含め、みんなの存在自体が大切に思えるはず。

それが、オレの生きる意味。使命になった。

それでも、毎日浮いたり沈んだり、気持ちの変化があるが、

逃げずに攻めの姿勢を貫くことが、感謝の気持ちを伝えることだと思う。

もうダメだ。と思ったときからがスタート。

そして、ゴールした者が全て勝者。と、トライアスロンを通じて学んだ。

最終ランナーのオレでも、回りの人に何か伝えられるものはあるはずだ。

ボロボロになってもあきらめずに走り続ける。

逆境、それ自体を楽しみたい。








.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事