easy does it !

自身のライフスタイルを発信します

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

見えないものが大切

世の中全ての事は繋がって連鎖している。

バタフライ効果なる理論もあり、科学的に証明されている。

難しい話は専門家に任せるとしても、

特に人の感情は他の人から影響を受けやすい。

誰かの機嫌が悪ければ、それが伝わり、場は気まずくなるし、

誰かが笑えば、楽しい伸びやかな気持ちになる。

それはもちろん自分にも当てはまっていて、

自分も誰かに何かを与えられ、与えている存在だ。

例えば、そういった目に見えないものや事が、最近特に気になる。

見えるものに偽りを感じる自分がいるのだ。

ものごとの本質は実は目に見えないものなのではないか。

感じるものではないか。と、思う。

それは、想いだったり、気持ちだったり。

想いや気持ちは目に見えないが、たまに見えるときがある。

それは、行動や涙。

行動も見えるものではなく影で育むものだったり、相手を想うところからくると見えづらい。

涙も普通は見せないのでわかりづらい。

それでも、そんな気持ちを持った人たちに包まれている事がわかるから、

今生きている事が本当に幸せだと感じれる。

オレもいい影響を周りに与えていきたい。

見えないもの大切ですな。



不完全な自分を許す

人は存在自体に価値がある。

どんな人も今、自分の前に現れた事は必然で何かしらの意味を持つと思う。

だから、相手の存在価値を認める事はできていた。

しかし、自分自身には価値がある存在だとなぜか認めていないところがあった。

それはどんなにやってもまだまだ出来ていない。と、

自分に合格点をあげる事をしなかったことでも理解できる。

人のために生きる。

恩返しをする。

感謝して生活する。

そして、今を生きる。そういう想いは強くて、そういう気持ちでいられる事が幸せだったけど、

それだけではない事に気付かせてもらう機会があった。

自分には価値がある。

そう、他の人と同じ様にオレ自身にも価値があるのだ。

もっと自分を愛して、周りの人にもそれを伝えたい。

もちろん完全じゃなくてもいい。

人間とは不完全な存在だから。

そこを認めて完璧を目指そうとするところに成長と喜びと感動があると知った。

ゆっくりでいいから、これからは完全ではない自分を許そうと思う。



仙台トライアスロン

一年前からターゲットにしていた仙台トライアスロンに出場した。

普通ならあり得ない選択。

医師とは最後まで掛け合った。

それでも出ようと思ったのはこれがオレの生き方だから。

みんなに支えられて生かされているオレ。

今を前向きに生きている姿を見てもらいたい。

元気だから安心してほしい。

そして、支えてもらっている人に恩返しする。そんな気持ちがあった。

レースは体調を考慮してスプリントへ変更したが、それでも不安はあった。

しかし、一緒に参加する仲間の顔や遠くから応援してくれている人たちの顔を思い出すと勇気が出る。

楽しみながらも一生懸命走った。

本気で追い込んだ。

それを見て「ちゃんと帰ってこいよ!」と声をかけてくれるライバル。

すれ違うたびにパワーをもらった。

走りながらうれしくて泣けてきた。

無事完走して、やっぱりみんなに支えられている自分がいた。

みんなのお陰で自分がここにいれることがわかった。

最高の時間を与えてもらったみんなに感謝したい。

本当にありがとう。

ありがとう。
イメージ 1
イメージ 2

イメージ 3

矢印は自分に向ける

泣いたり、逃げたり、荒れたりして宿題をやらない子ども達。

昨日、息子は宿題が終わったとウソをついた。

これには流石に妻もこたえたようで、

自分のやり方が悪いのではと考え込んでしまっていた。

オレ自身あまり立派なことは言えないが、勉強は大切だと思う。

ただ、勉強をすることが目的になっていてはいけないと思う。

何のために勉強するのか。

そこが欠けているから、子ども達はやらされている感覚になってしまうのではないか。

まずはそこを理解してもらう。

そして、勉強は必要なことで、だから頑張る。と、なってほしいし、そうでなければいけないと思う。

勉強をすることは、結果でなく過程。そんなふうに考えたらどうだろう。

子どもは親のコピーである。

親である私たちも何のために生きているのかという命題に答えられなくてはいけない。

子ども達は頑張っている。

矢印は自分に向けていきたいですな。

存在自体に価値がある

以前から自分自身では心の平静を保っていられても、

家族のストレスは大変なものだと感じていた。

人の身体もそうだが、ストレスは家族という単位でも同じ様に

弱いところに目に見えるかたちで出てきてしまうことを知った。

今の自分はどんな状況も喜んで受け入れることができていると思う。

しかし、それを他の人に強要はできない。

現状を受け入れられない人はいるし、

弱音を吐いたり、逃げたり、グチったりすることはあると思う。

そんな状況から、頑張って乗り越えてほしいと思う気持ちはあるが、

それを乗り越えられずにいることも認めてあげたいと思う。

人はその存在自体に価値がある。

その人が側にいてくれるだけでいい。

そう思えると、多少のことには目をつぶれるし、

実はその原因になっているのは自分自身(オレ)だったりする。

世の中の全ての責任は自分にある。

そう思えれば、人にやさしくなれると思う。

ありがとう。頑張ってるね。

大丈夫、大丈夫。だよね!

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事