ネジアート松村のブログ

冷たい脇役のネジに命を吹き込みほのぼの感で癒されてみては!!
188弾は前回に引き続き骸骨シリーズです。
夏休みも終わり少し時間に余裕を持てるようになってきました、7月、8月は私も子供さんむけのイベントで
かなり多忙を極めておりました、これからは新作製作にも取り組んでいけるかと考えています。

イメージ 1
今回は骸骨がシュートする前とシュートしたところをイメージして作ってみました、上はゴールキーパーが受けているところです、受けたか外したかは想像にお任せ致します。

イメージ 2
これはシュートするところを再現してあります、この作品で少しでも面白さとほのぼの感を感じて頂ければ
それで十分です、あくまで誰もが想像出来ないようなものを作るのがこれからも夢として取り組みたいと思っています。

イメージ 3
これは今井目の作品と同じです、台座のサイズが220ミリあります、これをふまえて頂ければ大きさが分かると思います。


イメージ 4

こちらは蹴った後の作品です,製作時間は2SETでゴールポストもつけて約2日位で完成しました、
これからは面白いものでもあれば積極的に作品作りに取り組んで出来次第紹介させて頂きます。
余談ですが私の作品も数千点に増えて所狭しと趣味の無料ギャラリーに展示してあります、その他
入りきれないものは自宅にも相当展示してあります興味のある方は是非どうぞ。
ちなみに無料ギャラリーは越前大仏門前仲見世にあります。
ではまた次回投稿できる日を!!

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

187弾は骸骨がバイクにまたがっているちょっとユニークな作品を紹介します。

イメージ 1
骸骨がバイクに乗ってポーズをしているイメージで取り組んでみました、
大きさ的にはバイク全長が135ミリ位ですがユーモラスな雰囲気を
感じて頂けたらと思っています。

イメージ 2
バイクに関してはあまりリアルには出来ていませんがもちろんハンドルは可動式と
なっています、メインは骸骨の方に見て頂ければ面白いのではないかと思って
おります。

イメージ 3
バイクはアメリカンタイプ仕様となっています、骨はステンの
スクリュウ釘を切って曲げて使用してあります。
イメージ 4
この後も骸骨シリーズを考えています、7月、8月は私にとっても
やるべき事が多くありますのであまり好きな作品作りが出来ない
のも現実です、でも合間をみて取り組んでみますので出来たら
またご紹介させて頂きます、とにかく10月までは多忙な日々が
続きますのでそれ以降本格的に製作に入ります、ではまた。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

186弾として久々に祭りシリーズを取り組んでみました、今回テーマは徳島の阿波踊りをジオラマ的に
製作してみました 以前から作ろうと思案ばかりでしたが思い切って作ることにしました、かなり悩みながらも
何とか形にしてみました。
イメージ 1
人形は男五体、女七体の一二体構成になっています、前列より太鼓、横笛、男阿波踊り二、女阿波踊り六、
男提灯、女三味線とmなっています


イメージ 2
やはり阿波踊りは女性陣の艶やかさが売りだと思いますので私なりに色々工夫しながら製作してあります。


イメージ 3
人形の大きさはたかさが七十ミリ前後で仕上げてあります、今にもお囃子が聞こえてくるように、また踊りだすかのごとく感じて頂けたらと思います、これもすべてボルト、ワッシャー、六角ナットにこだわり出来ています。

イメージ 4
こちらは2SETありますが右の方は最初の試作として作りました、これを参考に上の写真の作品が出来ています
右の人形10体構成になっています、大きさも一回り小さいねじを使用してあります。


イメージ 5
これが1作目の作品です人形の高さは50ミリ位&十体で出来ています。

祭りシリーズこの後も構想はありますがなかなか取り組みにかかるのが悩んでいます、
またいつの日か完成しましたら投稿させて頂きます。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

185弾はタンポポに鉢が蜜を吸っているところをイメージして作ってみました
周りには蟻の行列をつけてみました
葉っぱは座金を大小合わせて200枚以上使用してあります。
イメージ 1
春のイメージで蜂が忙しそうに飛び回っていて 気の早い蟻が下でちょろちょろしたいます、
蜂を3匹とありんこを3匹付けてあります、アリは大きさが15ミリと小ささに挑戦して手がけてあります。
たんぽぽは高さが180ミリありますので置物としてはなかなか存在感がある作品に仕上がっていると思います。

イメージ 2
以前にも花シリーズでたんぽぽは作りましたがリアルさはさらにアップしました、じつはネジアート愛好家様の
ご提案で手がけてみました、花だけよりも何か物語を取り入れると面白いんじゃないかとの一言でこのような作品ができました

イメージ 3

今回はこの作品で更新させて頂きました次回も何かおもしろいものを考えて
投稿させて頂きますので又ご覧頂ければと思います。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

みなさんこんにちわあいにくの雨模様で気温も上がりませんね。真夏日が続いたかと思ったら、急に寒くなりましたからね・・・。近頃の気温は一体どうなっているのやら。

そんなこんなで、風の強い日にパッと思いついたのが、風車!!!いっぺん作ってみるかなぁと取り掛かって、できました!!!こちら
イメージ 1
一応、オランダの風車をモチーフに作成してみました。四枚の羽部分は実際に回転する可動式。
実際の風でも回りますか?と言われると・・・ですが、軽く手で回してあげると、結構回ります。
中に釣り糸でオモリ六角ナットを仕掛けてありますので いっぱい巻くことでかなり回ります、
オランダの風車と言えば結構有名ですよね、周りには沢山のチューリップなどが咲き乱れている所に、そびえ立ち、吹き荒れる風を動力に回る羽・・・。
良く、写真などで見る風景です。
ちなみに下の作品は上のものより高さが80mm大きく全高220mmあります。


イメージ 2
土台の塔となるところは、大小様々なナットを組み合わせて作ってあります。
ちゃんと中に入れる入口も忠実に再現、これであの写真のようなオランダ風車風景が目に浮かぶようです。
わたしも目につくと、羽を回して楽しんでいます。
イメージ 3
後ろから撮るとこんな感じです。
ちょっと不格好なきのこみたいな感じかもししれませんね。笑
今回は、オランダ風車をモチーフにした作品紹介しました。また機会があれば日本版風車でも手がけてみようかなぁと思います。
次回もお楽しみに。
それではこの辺で失礼致します

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事