ここから本文です
アルファロメオのショップ スクーデリアヴェルディです

書庫全体表示

 スクーデリア・ヴェルディのブログ『NO.617』   ★2014/7/24
 
昨日休んじゃってすみませんでした!http://www.verdy.com/image/kazu.gif

イメージ 1

昨日は兵庫県立芸術文化センターで開演中のオペラ「コジ・ファン・トゥッテ」を観劇してきました。
タイトルはイタリア語。だけど作曲はモーツァルト。そして主演ソプラノはアメリカ人。。。
モーツァルトなら「魔笛」しか知らない。それもパパゲーノのアリアくらいしか分かんないし(^^;
でもいつもの様に、何の予習も無しに観て来ました。

意外だったのは、主演ソプラノ「スザンナ・フィリップス」さんがとても良かった!
今まで聴いたソプラノの中では1番声が素敵だった事です。
オペラ歌手のイメージってイタリア人、ドイツ人、スペイン人、とかそっち方面だったけど
ホント素敵な歌声で、これだけでも価値があったかなーって個人的には思っています。

イメージ 2

あと良かったのはオーケストラ! 何ででしょう、すごく音が良かったですね。
上手な人が演奏してたのかも? 誰が演奏してたのかは分からないのですが(^^;
弦楽器の音がとても良く聞こえました。 もしかしてホールの反響音が良くなって来たのかな?
それにしても、とっても良い音だったので それもかなり嬉しかったです!

ストーリーは気が向いたら調べて下さいって感じですが(笑)、個人的にはムカつく内容でした。。。
「女はみんなこうしたもの」という邦題がついていますが、「女ってそんなものだよ」とか
「女ってこういう感じよねー」とか「それが女ってもんだよね」とか、、そんな感じのオペラです。

すぐ目先に走る女性。私の彼女だけは決して裏切らない!と頑なに信じている男性。
現実的な女性と、いつまでも純真でバカな男性。この対比が面白い…ってかムカつく話です(笑)

1曲だけ聞いた事のあるアリアがあったので貼っておきます。


オペラを観てからパヴァロッティを聴いても「何か違うなぁ」って感じです…
これを歌う場面は「やっぱり僕の彼女は裏切らなかったやん♪」と喜んでいる場面で
安堵と幸せで胸がいっぱいだよぉー!みたいな心境で、とても甘美に歌うアリアです。
こっちの方が雰囲気出てます。

まぁ、このあとすぐに裏切られていましたが(笑)
場内大爆笑!までは行きませんが、アハハハ!くらいの場面は何度もありましたよ。

今回の演目もそうですが、200年以上前に作られたものなんですよね。
でも女性の為に作られている(女性ウケが良い内容)なんですよ。
観客に女性が多いのと、女性の社会的立場が高かったという事なのでしょうね。

あとオペラを観ていつも思う事ですが、序曲や間奏曲やアリアはオペラを観て無くても
どこかで聴いて知っているものが非常に多いという事ですねぇ。

ヴェルディのオペラ「アイーダの凱旋行進曲」と言われても分からない人が多いでしょうが
聴けば必ず分かりますし、ワーグナーの「ワルキューレの騎行」とかも誰でも聴いてるけど
どんな場面で、どんな状況におかれて演奏されるのかを知っていると、とても楽しいです。

そう言えば僕の先輩が「"誰も寝てはならぬ"を聴いたら超泣けるんよねー」と言うので
トゥーランドットのDVDをあげたんだけど、全然観る気もないみたい(^^;
「何で誰も寝たらアカンの?」「何で朝が来たらvincero(勝利)?」とか思わないの?
そもそも「何でコレ聴いたら泣けるんやろ?」とも思わないみたいやし…(笑)

イメージ 3


「人ってそんなもの」「それが人ってもの」って事なのでしょうかね(^^;



\?\᡼\? 8 ブログランキングに参加中です 


\?\᡼\? 7当店の現在の在庫状況はコチラからご確認頂けます


スクーデリア・ヴェルディ

〒599-8236

大阪府堺市中区深井沢町3210

Tel 072-270-3000
Fax 072-270-3770       
             



お問い合わせは kazu@verdy.com まで


この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事