largetamotamo

作曲とか即興とか演奏会の企画とかやってます。

全体表示

[ リスト ]

「Path meets Trio Mushroom」

武生国際音楽祭関係の作曲家が集まったグループ「Path」の演奏会があります。
私は出品&演奏で参加いたします。

作曲家グループ「Path」 presents

「Path meets Trio Mushroom」
2011年6月4日(土)18時開場・18時30分開演
同仁キリスト教会 (東京都文京区目白台3-10-9)
地下鉄有楽町線 護国寺駅下車 (6番出口) 徒歩5分

ヴァイオリン=辺見康孝
http://sun.ap.teacup.com/yashemmi/
ヴィオラ=般若佳子
http://kinoko2001.music.coocan.jp/CCP012.html
チェロ=多井智紀
http://tokinokatachi.com/home/Tomoki_Tai.html

プログラム
星谷丈生 Study  for violoncello (ピアノソロ作品のチェロへの編曲、編曲=多井智紀)
渡辺俊哉 音の綾  II for string trio (新作初演)
徳永崇 陰影のある刺繍の入れ方  for violin and violoncello (東京初演)
今堀拓也 交わる鎖  for violin,violoncello and electronics  (新作初演)
津堅泰久 ヴァイオリンとチェロのための小品 (東京初演)  弦楽三重奏曲 (東京初演)  夜 for viola solo (東京初演)
木下正道 貧しき者たちへのように、声を与えよ V for viola and piano (新作初演)
(ピアノ=木下正道)
(演奏順未定)

前売り2500円・当日3000円 (全席自由)

お問い合わせ、予約 largetamtam@gmail.com


武生国際音楽祭に縁の深い作曲家4人(星谷丈生、徳永崇、渡辺俊哉、木下正道)が集まったグループ「Path」の作品展を開催いたします。

このグループは、武生音楽祭のスローガンの一つである「世界から武生へ、武生から世界へ」の、その一端を微力ながら担いたいという思いから、まずは東京で、少しでも武生の息吹を感じていただきたく、2008年よりおよそ年一回のペースで度々演奏会を企画してきました。

今回は、今や武生国際音楽祭には欠かすことのできなくなった、日本が世界に誇るべき現代音楽アンサンブル「ネクストマッシュルーム」の、その中核でもある、弦楽器のメンバー3人によるトリオ「トリオ・マッシュルーム」を招いて、メンバーの新作を中心に演奏会を組み立てていきます。
また特に今回は、同じく武生国際音楽祭に何度も参加されている若手の作曲家、今堀拓也さんをゲストに迎え、彼の得意とするエレクトロニクスを交えた作品を披露していただきます。

さらには、作曲ワークショップに毎年参加されていて、昨年若くして亡くなられた津堅泰久さんの作品も3曲上演いたします。

同仁キリスト教会の、静謐ながらも親しみやすい空間に、トリオ・マッシュルームのお三人の、鋭敏な感受性と強靭な意志、豊かな経験、等々を内包した身体を通じて、どのような音の軌跡が描かれるのか、どうかその現場にお立会いいただき、じっくりと聴き届けていただければと思います。

皆様のご来場を、メンバー一同、心よりお待ちいたしております。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事