ここから本文です
社民党京都府連合報・電子版
「社会党京都府本部報」を継承し、社民党京都府連合の情報をお伝えします。

書庫全体表示

【京都】党府連は6月17日、福島みずほ副党首(参院議員)を迎え「国会報告会」を開いた。舞鶴での党集会は社民党移行後初めてで、元社会党市議や活動家OBGも顔を見せ、参加者は100人を超えた。港友会(全港湾舞鶴OB会)副会長の高田堅一さんが司会を務めた。
 福島副党首は、安倍内閣が進める働き方改革やカジノ法案を批判し、「安倍首相の言う戦後レジームからの脱却とは、憲法9条からの脱却だ。戦争はうそと捏造(ねつぞう)から始まる。うそつき内閣をやめさせて、一緒に政治を変えましょう」と呼びかけた。
 この日は宮津市議選の告示日で、福島副党首は党推薦候補の河原末彦さんの事務所を訪れ激励した。さらに街頭演説でも、「安心して子どもを育て介護を受けられる宮津市にするため、河原さんを市会に送ってください」と訴えた。河原さんは24日、三期目の当選を果たした。
(『社会新報』2018年7月11日号より)
イメージ 1

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事