全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ドラレコ

APEMAN C550

自車GT-Rに↑のドラレコ(チャンコロ製)設置

フロントガラスに本体を貼り付けるタイプで取り付けそのものは簡単です。
リアガラスにはリアカメラを貼り付けるのですが、配線は面倒です。内張りを壊さないように注意!
延長コードが5Mもあるので長すぎる。3Mで十分だけれども、
ワンボックスカーだと配線の通し方によっては、5Mでも足りなくなる可能性はあるかも。
リアカメラは360度回転させる事が出来るので、モニターを見ながら上下確認しながら設置出来ます。
しかし、欲しい画面位置で固定させるのが難しいかも知れません。


Nexgadget CDC-R7-BLU

兄の軽ワゴン車に↑のドラレコ(チャンコロ製)設置

これはルームミラーにバンドで固定させるルームミラータイプです。
この本体設置は非常に簡単です。問題なのは、上記と同じくリアカメラの配線。
まあ、自分は簡単に出来るんですが、内張りを壊さないように注意深くやることです。
例に漏れず少し配線コードが長いですが、許容範囲でしょう。
更に問題なのは、リアカメラの設置場所ですね。
台座のあるのが上側になるので、リアをきちんと撮影するには、車種によっては設置箇所に
下駄を用意して高さを調整しないとなりません。
兄の車には仮設置した場所が丁度いい感じで、
熱線のラインがドンピシャでバックの目安に使える感じなので、そのままで良いとの事。

今回は画像は用意してません。

この記事に

開く コメント(1)[NEW]

整備等

イメージ 1
これは先々週に購入したDVDムック。

いやはや中々に良い内容だった気がする!
でも、ドラマ仕立ての動画は、何だろうな









イメージ 2これは先週作業したI/Cパイピング交換作業開始前の画像です。(既にバンパーは取っ払った状態)

I/C下側のボルトナットを3つ外して、
遊びを作らないといけませんぞ!








イメージ 3左側

錆びたボルトが見えますな。まあ、仕方がない箇所です。










イメージ 4右側













イメージ 5インテーク側












イメージ 6インテーク側排除後













イメージ 7インテーク側交換後

これ取り付けるのに知恵の輪的な作業だった。
でもやってみれば簡単な事で、
インテークパイプ下部のシリコンホースを、
交換アルミパイプ上端ギリギリまで詰めてから、
インテークパイプ下部にズリズリとズラすと上手く行きます。I/C側は普通にはめ込んで大丈夫。






イメージ 8インテーク側からI/C側に繋がるパイプ。
ここのはゴムパイプの撮影忘れてた!

ここもI/C側のシリコンホースをアルミパイプ側ギリギリでズリズリ作戦で行けます。インテーク側は普通にはめ込んで大丈夫!

茶色いホースは汚れと埃で変色している純正パイプ。
これは、加給された圧縮空気がリサキュレーションバルブからリターンしてきてタービン前に戻す為の経路であるため、取り外してはいけません。
ばっちいですが、気になる方はゴムや樹脂用の磨き液等で綺麗にして下さい。

イメージ 9これはI/C側からサージタンク側に繋がる純正パイプ。
リサキュレーションバルブ付近も含めばっちいですな。
フェンダーライナーが漏れたパワステフルードで汚れています。錆びはもう、見なかった事に!
まあ、問題ない箇所であるので
寧ろボルト腐ってるから外せないと思う。







イメージ 10交換後の画像。

バンパーレインフォースが邪魔なので狭い所での作業が大変です。サージタンク側を普通にはめ込んで、
I/C側を交換パイプ側にギリギリまでやってから、
I/C側にズリズリ作戦で行けます。








イメージ 11サージタンク側純正ホースです。ぶっといので、
ラジエターアッパーホースとぶつかりそうです。
当然ラジエターファンとも近いので、
BCNR33用のラジエターファンは取り付けれれません。










イメージ 12バッテリーを外してホースを撤去した画像。

ラジエターロアホースがオイルでばっちいです。
ここで、バッテリーマウントの錆び取りしたり、
塗装を施しておくのも良いかも知れません。
勿論、取り付けた後にね!








イメージ 13これは完成後ですが、前日にここの作業中に
19時を過ぎて真っ暗になったので、バンパーを暗い中戻しながら中断しました。午前11時半から19時17分まで作業。まあ、他にもヘッドライトをバラストなしのLEDに交換作業もしていたので、I/Cパイピング作業は、昼飯挟んで13時頃から。翌日は朝から2時間程シリコンホースズリズリに時間食ってました。I/C側は普通にはめ込んで大丈夫です。

ここのサージタンク側へのズリズリは滑り止め軍手を必ず使用してください。全く動きません!
まあ、後はちゃんとホースバンドを締めて抜けないようにして下さい。

イメージ 14これにて作業終了。I/C交換作業時間は、
正味8時間にも及ぶ大作業でした。

もう前日の作業後からすげー筋肉痛とで
危険な状態

この作業は工賃5万やるからやってくれって言われても、お断りするLv!2度とやりたくない凹〇





イメージ 15おまけ

前日の交換後に撮影した所。
この後急激に日が暮れて来たので、
作業する時は朝からやりましょう。

この記事に

開く コメント(2)

イメージ 1めちゃくちゃ値下がったので日曜にAmazonでぽちっと!
んで、今日サイトで値段みたら、元の値段に!

ふぅ、ぽちっといて良かった^^v

こいつは、いつ作業しましょうかね

この記事に

開く コメント(2)

車ごと

イメージ 1画像がカウルトップシーリングラバー
↑が新品、↓がペッタンコの新車からのゴミクズ。
品番66830-01U00











イメージ 2
2枚目の画像がカウルトップカバー

↑が新品、↓が新車からの物。
まあ、現状使えそうだけども、
窓に張り付くゴムが剥がれてビローンしたので、
新品と交換。
品番66862-01U00






イメージ 3カウルトップカバー撤去後の画像。

取り外しにはボンネットヒンジのボルトを上側を
外し、下側は片側ずつ外して持ち上げながら
カバーを抜き取ります。
アルミボンネットなので、一人で作業出来ますが、
風の強い日にはやらない事です。
ボンネット軽すぎて、飛んで行きます。
因みにこの時に、錆びた所をサビチェンジャー等で
処理しておきましょう。ワイパーモーター接続箇所が
これでもかって位に錆びています。空気の取り入れ穴には、砂やら土埃で汚れています。掃除必須です。

イメージ 4取り外しと逆の手順で取り付けます。
あ、カバー固定するクリップやビスは再利用出来ますから、外す時に壊さないように!ぶっ壊すつもりならば、日産部販か、ディーラーにて新品を購入しておいて下さい。品番は、解りません








イメージ 5
ワイパーアームを元通りに付けて作業終了。
因みに先週の3月12日の日曜に作業しました。
色々作業状況を端折って説明してますが、
自分で作業出来ないと思ったならば、
プロに依頼して下さい!

この記事に

開く コメント(0)

スピーカーの入れ替え

イメージ 1イメージ 2イメージ 3イメージ 4まあ、これも純正サイズの取り付けブラケットのじゃないんだけれども、運転席側スピーカースピーカーコーン自体は純正と同じサイズ。

メーカーは今は無き、ボッシュマン。
社外で取り付けようのブラケットがあったみたいだけれど既に製廃。








こっちは助手席側。













取り外した奴。














これは丸型17cmを車両に取り付ける為の平型ギボシ。ばっちい指が映ってますが、
気になさらず!






下のは助手席側のみの入れ替え写真。
何故か改行すると画像がずれて行くので、こっちに記載。運転席側は写真撮り忘れ!

イメージ 5

この記事に

開く コメント(0)

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事