続・とりとんの部屋

MacやiPhone、iPadの話題など書いてます。
新年あけましておめでとうございます。
本当は今年のAppleの動きを予想する記事を準備してたんだけど、ここに来てMacbook Air12inch関連のリーク記事が出てきたので、そこら辺を書いてみたいと思う。
まずこの記事を読んでもらいたい。

気になる、記になる 2015/1/7
噂の12インチ版「MacBook Air」の詳細が明らかに−一部仕様流出か
taisy0.com/2015/01/07/43711.html

ギズモードジャパン 2015/1/7
噂:完全新作なMacBook Air。デザインのそぎ落とし具合がすごい


これらをまとめてみると、新しいMacBook Air は、

1)12インチRetinaディスプレーを採用。
2)より薄型、軽量化が図られている。
3)CPUはIntel Core Mプロセッサーを採用。
4)ファンレス構造。
5)入出力はUSB type-Cのみで、標準USBやThunderboltはなくなる。
6)電源もUSBから供給するようになる。
7)本体の幅は11インチMacBook Airと同程度。

ここで断っておくけどこのリーク情報がどれだけ信用できるかは大いに疑問。まだ生産に入っていない段階のプロトタイプを触れる人は限られているため、リークした人物を特定されやすく、そこまでのリスクを取れる人がいるかという疑念がある。よってあくまでも噂の段階であると考えてもらいたい。

さて、12インチのMacbook Airが出るとしたらどういう位置付けになるだろうか。
今現在MacBookはAirとProの2つに分かれており、Airは11インチと13インチが、Proは13インチと15インチのモデルがある。重量はAir11インチが1.08g、13インチが1.35kg、Proの13インチは1.57kg、15インチが2.02kg。
ProはどちらもRetinaディスプレーを採用している。(非Retinaも1モデルあるが…いつなくなってもおかしくない)
こうしてみると気づくのが、AirとProの13インチの住み分けがかなり曖昧になってきていること。価格は約3万円ほどの差だけど、ほぼCPU性能とRetinaディスプレーの差で重量も20gほどしか変わらないし、大きさは厚みを除くとAirの方が大きい。もしAirがRetina化されるとますますAirとProの差が曖昧になってくる。この辺でMacBookの住み分けについて考え直す時期ではないかと思う。

そこで12インチのMacBook Airの存在がキーになってくる。
CPUのCore Mは本来PC用ではなくモバイル用つまりタブレットなどに使用するためのCPUで、性能も向上しているとはいえ従来のCore iシリーズからは1ランク下のグレードのCPUだ。それでも今Airの標準モデルに入っているデュアルコアのCore i5程度のパフォーマンスはある。モバイル用だから発熱も少なくファンレスにすることも可能だ。こうしてみると、12インチAirのターゲットは、従来の11インチか13インチの標準モデルの購買層つまりライトユーザーにターゲットを絞ったものだと言えるだろう。
そうすれば、外部ディスプレーポートやThunderboltなどは不要だし、多くの機器を同時に接続することも考えなくていい。思い切ったそぎ落としが可能になる。

一方、AirをBTOでカスタマイズするようなヘビーユーザーは旧来のProのグループに入れてしまう。
もう少し軽量化すれば現行Airと同等な重さになる。このグループを「MacBook」としてまとめ、新Airグループは新たな名前をつけて再出発するというのはどうだろうか。

次回は新しいMacBook Airについてもう少し掘り下げてみたい。

開く コメント(5)

2014年から2015年へ

今年もあと数十分。このブログもなかなか書き込めずにいました。
元々私はツイッターが中心なのでついこちらがおろそかになってしまって…。
今年のベストバイは本日(12月31日)ツイッターの方でやっております。
今年はMac,iPhone、iPadの更新と自動車の買い換えと大きめの買い物をした一年でした。
よって来年はこれらを買い換える心配はないので、少しお金を貯めようかな…??
今年は個人的にはいいことも悪いこともそれぞれあった年でしたね。
一番良かったのは、17歳も年下の彼女ができたこと。一番悪かったのはその彼女と別れたことかな?トホホ…
来年こそいい年にしたいなぁ〜。(しみじみ)
 
来年もよろしくお願いします。

開く コメント(0)

昨日も書いたけど、ここ2年ほどの円安はすごい。だって同じ価格の輸入商品が3割以上上がっている。逆に言うと2年前は今の2/3の値段で買えたことになる。私のように海外メーカーのパソコンやタブレットやスマホを使っている人間は大変な損をしている気がする。
今回発表になったiMac 4Kモデルは日本での価格が258,800円、アメリカでの価格が2,490$。これを2年前のレート1ドル80円で計算すると…なんと199,200円!20万切っている。もしiMac 5Kモデルが20万以下で売られていたらどうだろう。きっともっと大ヒットしたような気がする。この2年で6万円も損していることになる。
ついでに他の製品も計算してみる。

iPadAir2 16G 53,800円→39,920円
MacBook Air 11インチ 88,800円→71,920円
MacBook Pro 13インチ 128,800円→103,920円
Mac Pro 308,800円→239,920円
 
こうしてみるとMacって本当はかなりコストパフォーマンスいいんじゃないかと思う。円高と消費増税がなければ…とつい思ってしまう。

開く コメント(0)

SNSってすごい!

ぽぽんぷぐにゃん氏のことは前に書いたけど、結構いろいろなところにコメント書いたり、リプライしたりするんだけど、たまにビックリする人から返事もらうことがある。たとえばこれ。
 
イメージ 1
 
矢野顕子さんは、中学生からのファン。このようにお返事をいただくのは3回目くらい。 
 それとこれはYoutubeYouTube界では超有名人の「瀬戸弘司」さん。
イメージ 2
この他にもYouTuberとして有名なジェット☆ダイスケさんとか秋葉仁さんとか、ミュージシャンでは他に種ともこさんとかツヅリヅクリさんとか…普段絶対に交流できない人たちとつながることができるSNSってやっぱりすごいなとつくづく思う。
 

開く コメント(0)

僕って「天才」?

ぽぽんぷぐにゃん氏をご存じだろうか。
以前はYouTubeで今ではブログやニコ動、ツイッターやツイキャス、ポッドキャストなんかで時事ネタなどを情報発信されている方で、たいぶ以前からよく聴かせてもらったり、たまにコメントしたりしている。
このぽぽんぷぐにゃんさんがブログでこのような問いかけをされた。
 
 
まぁ、、「どうしてもあの曲名が思い出せない」ってことはよくあることだけど、これを見ていっちょ挑戦してみようかと思い立った。っていうか、最初こそこの鼻歌に困惑したが、どこかで聴いた感じがして、ふと私の持っている曲ではないかと思いついた。ヒントの洋楽、男性、CM、ピアノ伴奏などの条件がぴたりなので、たぶんこれだなと思って回答をツイートした。
正解は、Leon Russelの「A Song For You」
 
 
ぽぽんぷぐにゃん氏から、正解とのご返事をいただき、ブログで紹介してもらいました。上のブログの最後にコメントが載っています。

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事