全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全263ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

仙台移動中

イメージ 1


よゐこ?酔いこ?はお弁当1個と麦茶で我慢www

仙台の美味しいもの食べ尽くして来ま〜すo(^o^)o

普段はワイン余り飲んで無いので、コアなネタには付いて行けませんがお手柔らかにお願い致します。

ちな、昔奪い合い集めた懐かしい白ワインと、同じく白ですが、一般発売してない激レア品を某酒屋から半無理矢理的にGETした独り占めは犯罪になるワインを持参します。

お楽しみにo(^o^)o
 
イメージ 1
 
夜勤明けは美味しいごはんと大好きなワインを。で、ここ3日ちょっとずつ仕込んだ赤ワイン煮込み。少し前にワインバーで食べて、自分でもやってみようと思い立った気まぐれメニュー。

さてお待ちかねのワインは、

バルベーラ・ダスティ ラ・バルラ 2006 カーゼ・コリーニ

イタリアはピエモンテ州の自然派ワインです。久々に飲みましたが改めて素晴らしさを実感する魅了されるワインですね。

開栓直後はセメダイン臭が少し強くやや堅さとタンニンが荒れ気味です。しかし時間と共に本領発揮で、優雅な濃縮果実といいイタリアワインに感じるチョコレート、フラワリーなブーケ。

味わいも濃縮感と満足感の高いしっかりボディーなのに飲み疲れないシルキーな余韻の優美さ。ショップのコメにも書いてましたが、久しく飲んでないアマローネを彷彿させる濃密さと果実感。確かに・・・。
 
やっぱり改めて美味しいワインですね。ボトル半分で幸せな気持ちで夢の世界へ。残りは夜の楽しみに頂きましたが更に均整がとれて素晴らしい状態に。

今までこの生産者のワインは何度か飲んでますが、一番美味しいボトルに今回は当たった幸せな一日でした。

牛スネ肉の赤ワイン煮込み

特にイメージで自己流なんで、作り方を習った訳じゃないので改善点も在る味わいでした。

さて、我流のいいかげんな作り方ですが、お肉は小さくしてしまいましたが、大きな塊の方が豪快な感じで良かったかと。

お肉はニンジンの皮、タマネギの少し青い外の堅い部分、セロリなどをスライスしたもの、ニンニクスライス少々、ローズマリーなどの香草少々、粒胡椒、オリーブ油、赤ワインでお肉に汁気が廻る程度の少量でジプロックで空気を抜いて冷蔵マリネ。

漬けたお肉を取り出し汁気を切って、小麦粉を打ってバターソテーして表面を焼いて旨みが逃げないようにソテー。

お肉を取り出し、炒めたフライパンで新たに準備した野菜、タマネギ、ニンジン、セロリ、ニンニク少々を炒めて、しんなりしたら煮込み用の鍋に居移します。

フライパンの旨みを逃さないように赤ワインを入れて共洗いしてお鍋に移します。そこにお肉、赤ワイン、ローリエ、ローズマリー等の香草を入れて煮ていきます。

赤ワイン(トータルで1本くらいゴージャスに使いました)お水を足し、最初は灰汁が沢山出るのでこまめに灰汁取りしましょう。煮詰まりすぎたらお水など加え調整して、お野菜が柔らかく型崩れする位までゆっくり炊きます。

今回は最初の工程で圧力使いましたがお肉が旨みが抜けちゃってるような気がして今度はゆっくり状圧やります。

さて、野菜が崩れてきたら一旦、お肉を取り出して煮汁と野菜を別鍋に濾して木べらなどで野菜を裏濾しプレスして旨みを全部出しつくして下さい。

あとは旨味のエキスをお肉と共に煮詰めてていき、仕上げ段階で赤ワインを少し足して香りを追加して完成の5分前位でブラウンマッシュルームを入れて仕上げ。

慾を言えば、ソースが詰った状態で寝かしてお肉の中まで旨みが移行するともっと良かったのかのかな〜と。

コレだけでは彩も味わいも寂しいので、別茹で(塩茹で)で付け合わせのお野菜も準備して下さい。今回はズッキーニとニンジンですが、ジャガイモとかブロッコリ、カブ、インゲン何でもイイと思います。

シンプルなお野菜の食感と風味がアクセントになりソースとの絡みもまたお肉とは違った美味しさですね。

たった一皿の料理と朝ワインですが、夜勤明のお休みを楽しむ心ホッとする癒しの一品でした。

復活祭


イメージ 1
 
ご無沙汰してま〜す。過去の華やかな楽しい時代を考えると、今や少数派のヤフブロへの投稿意義を日頃の忙しさに理由を付け、ついサボりの方向性で考えてしまいます。やっぱFB開設しないと相手にされないのかなぁ〜という寂しさもありますね。
 
とは言っても、先日の227会ではとっても楽しい想いも沢山在った反面、自身のブログ活動を休眠させ近況や話題を提供していなかった分、コミニケーションが上手く出来なかったなぁ〜っと猛反省・・・。
 
昔のように8時17時の生活では無いので、お料理も大したものも出来ませんが、出来る範囲でアップしてネタ作りもして行きます。やっぱり227でワインってホント楽しいって思い、珍しくお料理でちょいと遊んで見ました。
 
さてタイトルの復活祭は、ブログの復活(がんばります)&今年に入って色々と体調を崩していて、大好きなワインも美味しいものも不本意ながら年始から支部会で飲んだ後は再度1カ月の禁欲生活を・・・。

ようやく調子もほぼ戻りつつあるので、心と身体の栄養補給にこの日は夕方からのんびり数時間をかけて一人ディナー祭りを楽しみました。

本日のワイン

ムルソー 1er ペリエール 1999 ルイ・ラトゥール

1級畑ですが筆頭格のペリエールは特級畑に評価されても異論は無い村の中でもトップクラスな優良な区画で、ちょっと贅沢な晴れの日に開けたくなるそんな1本ですよね。

大手ネゴシアンでは在りますが、偉大なる1999年となると期待値は開ける前から自然とテンションはMAXですよね。

さて中身は、ミネラルと酸のスケール感がやはりその辺のムルソーとは桁が違い余韻の長さはやはり別格ですね。

やや果実感とムールソーらしいバターナッツ系の豊潤さ、時のおりなす複雑性は、チョット印象に刻まれるかと言えば考えちゃいます。
 
お値段相応ですが、購入した価格を考えれば満足度はそれなりにあります。プラス要素として印象に残るのはとにかくミネラル的な縦のスケール感が大きく、果実的要素が少ない分、単体では少し難しい感も在り、お料理もお肉系やバター、クリーム系のしっかりした要素もので無いと釣合がとれない贅沢なワインではあります。

久しぶりにお料理とプチ贅沢なワインに、心が満たされる素敵な1本でした。さてお料理の方、まずは一皿目。

本日の野菜プレート盛り

エリンギ、スッキーニ、ナスはグリルパンで焼き目をつけた焼き野菜。やや厚みが在るズッキーニと茄子は切れ目を入れて、オリーブ油とお塩、ガーリックを混ぜた香味オイルを薄く塗って焼くと仕上がりが良いです。

今の季節は甘みが乗って美味しいネギはブレゼにして、仕上げにEXオリーブに胡椒類を散らし定番の一品を。

イメージ 2
 
ハマグリの香草パン粉焼き
 
桃の節句が近くなると大きなハマグリが安くて美味しいのでツイ手が伸びてしまいます。
白ワインとお水でハマグリを蒸し焼きにし蓋が開いたら貝柱を外し、貝を器にしてオリーブ油、お好みでニンニク、そしてパン粉と香草(パセリ)を散らし、トースターで加熱してオーブン焼きにします。

貝汁のエキスも凝縮して美味しく簡単な一品ですよ。今回は彩に、カラシ菜を塩茹でしてオリーブ油と粒マスタードで和えて彩に。

イメージ 3
 
ブラウンマッシュルームとネギのスープ

ブラウンマッシュルームが100円だったので贅沢に1パック使って風味豊かなスープに。よく野菜のスープにタマネギを入れますが、上品に仕上げるなら甘みの豊かな太い冬場のネギを使う事をおススメします。

ネギとマッシュルームをスライスして、バターで弱火でソテーしてあとは水を加え柔らかくなるまで灰汁を取りながら炊いて。ミキサーかけて仕上げにバターと生クリームで味を調えてちょっと変化球なマッシュルームのスープ完成。

イメージ 4
 
真鯛と菜の花のパルミジャーノ・リゾット

真鯛はお魚料理の不要な中骨の部分を塩で臭み抜きしてオリーブ油でフライパンで焼き目を付け臭み抜き処理し、身の部分は別のお皿に取り分け、骨とみじんタマネギ、お米をオリーブ油で炒め、白ワイン、お水を入れて炊きます。

途中、先程のハマグリの煮汁も投入し、お米が炊けてきたら鯛の骨は取出して最後にパルミジャーノと刻んだ菜の花を和えて出来上がり。

仕上げに飾り用のパルミジャーノ、菜の花、オリーブ油を廻しかけ、お好みで彩の粒胡椒を皿の外側に散らし、香りのアクセントに。

イメージ 5
 
真鯛のポワレ ネギ・クリームソース

これから春に向け産卵期を迎え脂が乗ってくる真鯛。白身の魚はやっぱり美味しいですよね♪で、定番では在りますがポワレ。

塩をして臭みと余分な水分をペーパーで拭き取り、皮目からパリッと焼いていきます。ソースは刻んだネギをバターでソテーして白ワイン、ブイヨンで柔らかく炊いて仕上げに生クリームを加えたしっかり系の魚料理。

ワインのスケール感が大きいのでお料理のトーンは重めなソースになっていますが、野菜の甘み旨みをベースにして化調不使用なので、思ったほど重くは無い。

イメージ 6
 
塩麹豚のグリル焼き 香草ネギ・クリームソース

J君から頂いたブランド豚のロース肉。塩麹と白ワインに漬けてジューシーな下処理をして、焼く前にオリーブ油を少し馴染ませてグリルパンで焼き目を付けて余熱でしっとりジューシな仕上げに。流石に素材がいいので旨い♪

ソースは先程のタマネギのクリームソースをベースに、豚の香味脂と生の香草(イタリアンパセリ)を刻んで少し泡立てて華やかなイメージで仕上げました。

お肉がジューシーで肉汁は甘く、ソースも一見は重そうですが野菜の旨みなので決して重過ぎ無い、ワインのスケール感に同調する満足な一皿でした。


久々に、お料理もゆっくり楽しんで充電できた一日でした。227会でまた刺激を受け、開けるペースが追付かないのに楽天ポイント期間満了の脅迫でポチポチ悪循環な今日この頃ですが、健康に気を付け楽しくワイン開けて行きまーす。
 
でわ、少数派のヤフブロですがたまには構って頂けますと喜びます。

開く トラックバック(1)

新ワイン誌 創刊

イメージ 1
 
 ワインと食のエンタテイメントマガジン wi-not? (ワイノット?)が本日、7月25日めでたく創刊されました〜
 
 
タイトル「ワイノット?」の意味は、
「Why not?」つまり今までの固定概念に捕らわれない、新しい時代に即した新しいワインの楽しみ方を考え、追求、提案します。とあります
 
 
 お値段も他専門誌よりもお求め易く嬉しいハッピーハッピーな980円定価に、内容もボリュームも全く劣る事も無く、今後はこの1冊で充分ですね〜
 
 
 私が日頃ご教授頂いているワイン教室の先生、田中克幸氏(ワイン評論家)が、本誌のタイトルを決められたり執筆主幹を務められてます。
 
 
皆様、是非応援宜しくお願い致しま〜す。次回第2号の発売は9月25日だそうです。
イメージ 1
 
お久しぶりです。チョイチョイと放置してしまい閑古鳥すら巣立ってしまいそうな廃墟ブログですが、相変わらずワイルドだぜ〜♪な、大食いは健在です(笑)
 
さて、最近は定番処以外にも普段手に取らないエリアも幅広く飲んでみなきゃね〜て事で飲んでます。ホームラン級ではないけどリピに値する日々のワイン達をチョイ記事に。
 
ストラタム ピノ・ノワール 2010 シャーウッド・エステート
 
こちらは今年春の大丸ワインフェアーでカップにチョコット試飲させてもらったワイン達の中で気になって買い求めたニュージーランドのマルボロ地区のピノノワール。落ちついた頃合いを見て開栓。
 
健全で素直なジューシー果実味がとてもイイ感じ。熟成の奥行きが在るワインもいいけど、何も考えず解り易い、若いロリ系果実感のピチピチも大好き。
 
ニューワールドに在る単にジャーミーで暑苦しいのは嫌い。その点は自分的にはクリアーなリピしてもイイ合格ワイン。
 
お値段もお手頃な1700円位。なかなかお値段が高く2000円で満足できるACブルも見つかり難いから重宝しますね。
 
イメージ 2

もう1本は普段はまず手にしないカテゴリーですが、ボトルもイレギュラーな驚きのボルドー(笑)
 
ル・ブラン・ボノム 2010 シャトー ペイボノム・レ・トゥール 
 
もう何年ぶりでしょう?爽やかな初夏はソーヴィニヨン・ブランが飲みたくなるのは私だけなのでしょうか?ワイン屋さんで、ソーヴィニオンブランで何かイイの在りますかっておススメ頂いたのはコレ。
 
まさかボルドー・ブランが出るなんて思わなかったけど、怖いなって思いつつも、最近は相性がイイお店なんで信じて購入。
 
なかなかボルドーらしからぬ雰囲気が良い?(ホントはイケないけど)感じで、気軽に飲める白では、何だか品種も解らない温度帯でソーヴィニヨンとセミヨンの顔が楽しめるけど、
 
気軽さと果実の素直さが純粋に楽しめて機会が在れば買いたいかな。これブラインドーで出されたらかなりイジメだわ(笑)

全263ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事