全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
イメージ 1
Biore さらさらパウダーシート ホワイトシャルドネの香り(花王)
 
食べちゃダメですよー♪ぴののさんに教えてもらった物ですが、なかなか男なので化粧品などが充実したようなトコに行かないので出遅れましたが、見事にGETしました♪
 
で、これはイイですねー♪
 
夏場は、余分③兄弟が悩みの種なので・・・爽やかな清涼感と、程好い爽快な香り、そして乾いた後のスベスベでサラサラな感覚。
 
この夏は、ほのかにシャルドネが香る
 
爽やかモテ男子目指して、ケース買いしますか〜!!!!(笑)
 
 
いや、君の場合はそんな程度ぢゃ、無理ぢゃねーーーーー!(爆)
 
 
今年の夏も、恋に恋する妄想ばかりでなんにもない夏が過ぎることでしょー♪

開く トラックバック(1)

イメージ 1
アルガブランカ イセハラ 2008 勝沼醸造
 
個人的に大好きな甲州種のワインですが、近頃のワインの質の向上といい、世界にアピールも積極的に行っている点その甲斐あってようやく、甲州と言う品種が葡萄の品種として認知され欧州で品種登録されたようですね。
 
これも熱意在る造り手の情熱の賜物で、その尽力に対しイチ甲州種ファンとして賛辞を送りたいです。日本の誇れる品種で在ることは間違いないですが、でも国内でも原料不足で奪い合いが起きてるのに、これ以上どうするつもりでしょうか。余計なお世話かな・・・
 
さて本題ですが、今や大人気で勝沼のワイン、甲州種の代名詞でフラッグシップ的な存在となっているワインの、イセハラを運良く入手できたので早速飲んでみることにしました。
 
と、チョット訂正。このワインは正式には勝沼町産の葡萄ではないです。お隣といいますか、もう大して違いないですが笛吹市の御坂町にある畑で伊勢原圃場の単一畑の甲州種だそうです。
 
香りなどのトーンは以前に飲んだクラレーザーより輪郭はハッキリしていますが、まあ。って行った感じです。良さは解るんですがやや値段先行と言う感じでCP的にはクラレーザーの方が印象的かなと感じます。
 
個人的には甲州種はあまり高すぎるキュヴェは何だか無理にグラマラスにして、こちらのワイナリーの物に限らず、なんだか似合ってないと感じる物が多いような感想です。この意見は異論が多いでしょうから、素人の戯言は軽く流してくださいね。
 
自分が好きな甲州種は、比較的安くてシュールリーの風味が滋味旨で、日々のおかずと肩肘張らずマッチするが満足度や存在感の在るポジションのワインが好きです。ボトルで言うと1200円台くらいのものが良いかな。
 
あとは、畑の個性がしっかり出ているものでやはり鳥居平畑や菱山のものは、やっぱり夢中になりますよね。
 
さてダラダラと書きましたが、
 
たまには実家ごはん
 
新じゃがバターの煮物 
 
皮付きの新じゃがの煮物なんですが、ほんのりバター風味でこれはコレでいい味出してます。素朴なお料理がやはりイイですね。
 
カブとツナのサラダ
 
普通に生のカブとカブの葉を刻んだものにツナをあわせた物です。こういう普通のおかずと甲州種はなかなか合いますね。
 
豚肉のピカタ 生トマトソース
 
これもありふれているおかずですが、色合いがとてもキレイで、味のバランスも濃くなり過ぎず生のトマトで酸味とフレッシュ感が出ていてワインも進みます。
 
あとは後方に。。。茄子と豚肉の炒め物で練りゴマベースの物が在ったりと、チョコチョコとつまんでると何だかんだ言いながら1本なくなっておりました(笑)
 
こちらの記事は、ゴールデンウィークの旅行の際に帰省した時のご飯ですが、あっという間に関東は梅雨入り。ジメジメに蒸し風呂。会社は地獄の湿度70%、空調設定28℃厳守で、シャツは豚汁で溢れ死にそうです・・・・。(笑)
 
あっ、どーでもいい事ですが、街頭に咲くアジサイがとってもキレイですね。で、不思議なのがひとつの株なのに白だったりピンクだったり青の花だったり賑やかで不思議ですね。
 
で、そんな話しをしてたら、、、あぁー!そーですよね。段々とピンクのが青くなるんですよねー♪って・・・。へぇー!!!!そーなんだー。
 
と、、、、、うそデス。ってマジに、信じたぢゃん・・・・・・(爆)
 
今日も天然ですが、未だ救われる見込みは無いようです・・・・
イメージ 1
おはようございます・・・・。寝過ごした!(爆)予定消化ならずで、気分が重いです。ってどーでもいいんですが、ブログはそんな気分も吹き飛ぶような元気メニュー♪
 
ブルゴーニュ・ルージュ 2006 ジェラール・ラフェ
 
レンガ造りのおうちなどラベルの雰囲気が好きな生産者で以前より気になっていました。今回初めて飲んで、記事を書くに調べると、かなり高評価のワインなんですね。
 
最近はインスピレーションで買うのが多いのであまり余計な雑音を聞かないで飲んでますが、なかなかのワインでした。
 
中程度のブルゴーニュカラーで澄んでおりやや明るめな色調。果実は熟し、ローストした軽い樽香、タンニンはモカやチョコのようにしっかりした風合い。中盤からほんのりイチゴ的なベリーな要素とややトマトっぽさを連想するが、青っぽさのネガティブは無い。
 
まだ若いのでタンニンの要素がやや収斂味となっているが、ボディーの厚みと酸もキッチリ在るのでボリュームは在れどスムーズに飲める。個人的にはひと夏越して飲みたいような感覚で在るが、良い要素をキッチリと持ち合わせたワインに思う。お値段的にはイーブンで突出した物こそ無いけどすが、期待通りの合格点なワインでした。
 
うみさんちのワインdeごはん
 
サツマイモとカボチャのアロエヨーグルトサラダ
 
簡単で美味しいメニューです。サツマイモ、カボチャのいずれか、または両方でチンしたらカットして冷まして、アロエヨーグルトと和えるだけ。
 
個人的にはアロエヨーグルトのグレープフルーツ味にあわせるのが好きですが、プレーンでも大丈夫ですよ。爽やかな酸味と、野菜の自然な甘さがワインとも邪魔せず美味しく健康的ですね。
 
カブと牛蒡の厚揚げ炊き合わせ
 
これも定番メニューと言いますか、私はブルゴーニュの赤を飲むときには和食の特に煮物系が食べたくなるので今回もこんなメニューが登場です。
 
普通のものですが、在るものを炊く。今回は厚揚げをメインに挽肉と在った野菜で、カブと牛蒡。これはホットして癒しなんですよ。美味しかった♪
 
メガ☆チキンカツ サラダ風トマトソース
 
カロリーが一応気になるお年頃な乙女ですが・・・?!(爆)何を血迷ったのか、チキンに衣を着けて揚げてしまった・・・。
 
バカ!!!!
 
何やってんの?キミは。
 
でも作ってしまったのは仕方ないので、食べます!
 
え〜〜!!食べますとも。何と言われようとも(爆)
 
今回は逆ギレついでのとろけるチーズも乗せて(まだ解けてないけど)、フレッシュトマト、ケッパーをメインにサッパリとビネガーを利かせたソースをかけてるので、ボリュームの割りには、あっさり美味しく食べれます。
 
後のことは気になるけど、とっても満足でGJ(ぐっじょぶ)なお料理とワインのとある夕食でした。
 
 

開く トラックバック(1)

イメージ 1
涼しげな朝です。今週辺りから関東も梅雨に突入してしまいますね。うっとうしいなー!お洗濯できないねー。って本文とは関係ないことつぶやきましたが、本題で。
 
えぇーっと、今回は完全に100%残り物です。5月にやったおうちワイン会での食材の残りものです。だから被ってるじゃん!というツッコミは一切お受けできませんわ♪(笑)
 
コート・デュ・ローヌ ルージュ レ・ペイルーズ 2008 アラン・ヴォージュ
 
フランスは北ローヌのコルナスの名門生産者であるアラン・ヴォージュのワイン。同じ物をネットで探すも殆ど見かけないです。ラベルもなんだか地味な物に変わってますがネゴシアン物とかで別物でしょうか?
 
さてワインはおそらくシラー100%のワインでしょうかね。やや明るめな赤紫で、果実味豊かなジューシーなワイン。ガッツリ黒く濃い感じではなく、清涼感を感じるいい感じのローヌ。
 
樽の風味も程好く、いいバランスの酸味とが若くてもそれなりの満足度が在るワイン。ただコートデュローヌとしてはそれなりに、いいお値段ですのでコレ位はやって貰わないと。良いワインですがイーヴンと言った感じでしょうか。
 
うみさんちのワインdeごはん
 
ラタトゥイユ
 
残り物が微妙に小皿に1杯あったので、良い味の染み加減でワインが進みますね。
 
 
野菜のグリルとポークソテー
 
茄子と、ズッキーニ、パプリカなどの残り野菜をシンプルにグリルで焼きました。シンプルだけど焼き目もおいしそうですね。お肉はチョイと放置してしまい心配だったので火はシッカリと入れました。(笑)大丈夫でしたけど!ソースは同じくバルサミコソースです。
 
 
スペアリブのワイン煮込みパスタ
 
こちらも完全なる残り物です。ワインが進むに決まっているパスタです。更にグラスに残ったワインなども加えてリッチでゴージャスなパスタとなっています。

大好評スペインバール

イメージ 1
よく行っている近所のスペインバール。会社の飲み仲間といつもの居酒屋で飲んでから、少し気分を替えてたまにはバールでもどう?って誘ってみたら意外と食いついてきて2軒目にGOしました。
 
普段はワインを飲む習慣がない人達を誘うのってなかなか難しいですが、バール=スペイン風居酒屋と聞くと敷居が低く安心するんでしょうね。実際、バールってこのお手軽さがとってもいい感じですよね。
 
田舎だけど、なぜか不思議に住宅街に在るこのバールはカウンターでしっくりと飲むのがなかなかイイ感じなんです。で、
 
連れて行った2名の友人には大好評!普段食べないようなピンチョスの盛り合わせや、ハモンセラーノ、チーズ類になどに大感激してた様子で、暫くは定番のコースとなりそうです。
 
実際私も普段は、居酒屋で軽く飲んでつまんで、小腹を満たしてワイン飲みに行くのがお手軽で気に入っています。
 
カヴァ コドーニュ・クラシコ・セコ NV コドーニュ
 
ハーフボトルですが、軽く3人でグラス1杯ずつ頂きました。スペインはカタルーニャ地方の発泡性ワインのカヴァです。夏に向けて飲む機会も増えていくかな・・・。
 
イメージ 2
写真左が2本目、
アスティーリョ・デ・モンテ・ラ・レイナ フェルメンタド・バリッカ 2007 モンテ・ラ・レイナ
 
スペインはDOトロの赤ワインです。あまり情報がないので詳細は不明ですがおそらくテンプラニーリョ種100%ではないでしょうかね。ヴィンテージもあまり定かでないので7だったような????
 
写真右は、3本目で、
マツ エル・レシオ 2007 ボデガス・マツ
こちらもスペインの赤ですが、葡萄はティンタ・デ・トロ種100%のワインです。
 
ラベルにより樹齢の若いワインは青年期の精悍な顔、でセカンド的なワインがこちらのワインですが、これでも樹齢60年くらいの物だそうです。
 
そして最上キュヴェのマツは、お爺さんのラベルで渋くてカッコイイ味わいの在るラベルです。この最上キュヴェは優良年のみの生産だそうで、樹齢も100年の葡萄を使用しているのだとか。なかなか存在感あり、お値段的には、まあまあ楽しめるワインです。
 
いやー♪飲んじゃいましたね。途中で1名お帰りになりましたので後半の赤は、実質2名で2本って言う感じですが普段は1人で飲んでるから、ワインは誰か居るほうがやっぱり楽しいなぁ〜。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事