●ビオトープ・カフェ●

あまりブログを書けずゴメンナサイ!全身メンテ中(通院治療)です。少しずつ快方に向かっていますので、お写真や話題等アップしていきま

全体表示

[ リスト ]

突撃マーにゃん

イメージ 1

何て気持ちいい青空!
午前中のお散歩から、コッタ(小太郎)が帰ってきました。
ガラス戸をいつものように前足でノック。
戸を開けて「お帰りコッタ」というと、
グズグズしてなかなかコッタが入ってきません。
「コッちゃん、早く入らないと、虫さんが入って来ちゃうといけないから、
早く入って」と言っても、まだグズグズ。
変ねえと思って、足元を見ると、ここのところ毎日のように遊びに来る
「白黒ブチにゃん」が、見上げている。
「コッタ君とお家に、入ってもいい?ねっ」
クリクリした大きな熱い眼差しで見上げている。
コッタも私の顔を見て、
「いいでしょ、ワウー」と可愛いくなく。
そうして、あげたいのはやまやまだけど「でもねー」
「お家で心配して探してるかもしれないから、お家に帰ってね」とブチにゃんに言い、
「コッちゃん、お家に入りなさい」と軽く腰を押して、コッタをやっと家の中に入れる。
ガラス戸を閉めると、コッタは、お腹がすいていたのか、ブチにゃんに背を向けて、
とっとと、ご飯のある方に向かう。
(コッちゃん、そう言えば白猫サトちゃんの時もそうだったけ)
ブチにゃんは、取り残され、可哀想にガラス戸を除き込んでウロウロ。
しばらくそうしてましたが、あきらめたのか、いなくなりました。

「やれやれ」と思っていると、庭の反対側から、マーブルが帰ってきました。
物見台にのり、ブチにゃんの帰った方向を見て、尻尾を太くしてブンブン振ってます。
「エウーーー、ワウーー、エウーーー」っと次の瞬間、
マーブルの姿が視界から消たので、あわててその方向を見ると、
濡れ縁の上にいるブチにゃんの鼻先に、ブチにゃんの半分程の大きさのマーブルが突進。
「出てってーーー」
なんと、その勢いに押されて、濡れ縁の端からブチにゃん逃走。
「何と、まあ、気の強いマーブル」
ブチにゃんの逃げて行った方を睨んで、しばしうろうろするマーブル。
やがて、気がすんだのか、後ろ脚を片方ずつグイーっと伸ばしながら、
得意そうに凱旋。
「やったでしょう、追い払っておいたわ」
私を見上げて、ニッコリしたようにみえたのは、気のせいかしら。

その時の写真は、残念ながら撮れなかったので
別のお写真をのせました。
ノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノ
●ビオニャンショップを更新しました

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事