サーチナ スタッフブログ

中国株の正念場!海外リタイヤ目指せ!

全体表示

[ リスト ]

明日から23日までブログを休ませていただきますが、
気が向いたら、書くかも知りません!ご期待!

本日の中国関連

■7203トヨタ:来夏から中国でミニバン生産と報道
■8002丸紅:中国で食肉小売りに参入

09年世界最大規模のIPOが21日から 上海・香港上場へ


2009年、世界で二番目の規模となるIPO(新規株式公開)が21日から行われる。株式上場するのは中国政府直轄の企業で、国内外の建設工事請負のほか、資源開発、設備製造など幅広く事業を展開する中国冶金科工。

21日にまず上海市場でA株取引が開始される。A株の発行価格は5.42元(約6.15香港ドル)で189.7億元(約2655億円)調達する予定。

続いて24日香港市場でH株取引が始まる。H株の発行価格は6.35香港ドル、182.5億香港ドル(約2100億円)調達する予定。いわゆるAH株上場の形式をとる。

  今年最大のIPOはやはり中国企業の、中国建築(601668)で、7月末に行われていた。


中国は、2010年も金融緩和を継続−人民銀副総裁


  中国人民銀行の蘇寧副総裁は17日、「中国人民銀行の今後の貨幣政策の重要な責任は、経済の安定した発展を維持することである。今年2009年後半から来年2010年、適度な量的緩和政策を維持し続ける」と発言した。

  「中国の対外貿易は回復の兆しが見える。米日欧経済も好転している。しかし、海外の失業率は依然高い水準にあり、世界経済の明確な回復が短期的に起こる可能性は大きくない」と指摘、「中国の物価上昇も依然としてマイナス成長である」とした上で、政策継続を明言した。

  「貨幣政策は増加を継続する(量的緩和は緩やかな右肩上がりで進む)だろうが、毎月増加する、ということはありえないし、1カ月の数値的な変化で政策を変動することもありえない」とし、言外に、今年後半か来年に行われると市場でささやかれていた預金準備率の引き上げを否定した。

  金融緩和が中国経済の回復を支えてきた側面は大きい。一方で、インフレを懸念する声も根強い。「2010年も継続」との政府高官の発言は初めて。特に、株式市場や不動産市場には好材料となる。


************************************************************************************

今日のNYの名言:
イメージ 2

忍耐も力の中に含まれる。焦燥は弱さのしるしである。
ゲールハルト・ハウプトマン
************************************************************************************

イメージ 3

PS:NYです。
朝どきどきしながら、ジムロジャースさんに電話取材しました!

やっぱり馬鹿な質問をしてしまいました!

サーチナサイトに掲載しますので、ご覧ください。

皆様からのご質問も募集しています〜

****************************************************************************************
イニシアスター証券のラブホーブログに下のような面白いサインありました↓
http://mrlovehotelman.blog20.fc2.com/

I'll be back

イメージ 1

閉じる コメント(2)

顔アイコン

中国は私にとってはやっぱり気になる国なんです。
情報がうれしいですね。
こんにちは 旅行作家の杜泉新生です。
‘’’「オアシスの湖を舞い飛ぶ水鳥たち」を公開したら、大好評でした。’’’
トップ公開を延長しましたので、お立ち寄りください。
もうご覧になっていたらごめんなさい。
、またお邪魔します。

2009/9/20(日) 午後 7:13 [ moriizumi arao ]

顔アイコン

是非拝見させてください!ありがとう

2009/9/22(火) 午後 1:28 [ yur*fx*p ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事