サーチナ スタッフブログ

中国株の正念場!海外リタイヤ目指せ!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1



*************************************************

ユダヤ人の休日ヨムキプルなニューヨーク


日本からニューヨークに戻ってきたばかり、日本を恋しく思うことが多々あります。特に地下鉄。地下鉄は今朝も意味不明の停車があり、駅と駅の間のわけのわからないところで長い時間止まっていました。また駅はきたなく、臭く、日本のあのすがすがしいといっても過言ではないかもしれない(ニューヨークと比べては)地下鉄の空気が恋しいです。

先日、ブログにてモミアゲがびよーんなユダヤ人を紹介しましたが、今日はYomKippur(ヨムキプール)、ユダヤ教の祝日です。ユダヤ教徒にとってはかなり重要な日らしく、アメリカだけならず、全世界のユダヤ人が働くことが許されない日だそうです。働くことが許されないとは、仕事に行かないだけでなく、入浴や化粧、車の運転まで、ありとあらゆる「労働」が禁じられています。イスラエル軍は戦争なども中止されます。

ユダヤ人全員なのか、はたまた敬虔なユダヤ人だけなのかは知りませんが、25時間ほど断食をして、祈り続ける日で、シナゴーグ(ユダヤ教の教会)に入り浸っている人も多いようです今朝のニューヨークの地下鉄はいつもと比べてすいていました。また、ユダヤ人が多く住んでいると思われる私のアパートの界隈も心なしか人が少なかったです。

ニューヨークの人口は焼く800万人だそうですが、その中に約170万人のユダヤ人がいるそうです。
約20%もの人口がユダヤ人のため、ユダヤの祝日には会社が学校も左右されるのです。
学校はユダヤ人の休日によって全休校になる場合もありますが、ユダヤ人だけ休んでもよい、というところもあるようです。ユダヤ人の休日はかなり公に認められています。

しかし、大都会のニューヨーク、ユダヤ教以外にもたくさんの宗教が存在しています。イスラム教徒人口もかなり多いですが、ニューヨークではイスラム教の生徒の祝日はユダヤ人の祝日のように休んでいいことにはならず、物議をかもしています。
「差別だ!」という声もイスラム教徒からは聞こえてきますが、認められるには至っていないようです。これだけ色んな人種、色んな宗教が混ざっているニューヨークでは宗教的祝日など、どこまで認めていいのか難しいところのようです。てか、認めたらきりがないですからね。

今日はユダヤ人の人はお風呂に入っていないので、ユダヤ人のビヨーンなもみあ
げは脂ぎっているんでしょうね。

グローバルプライス http://www.globalprice-inc.com

Makiko Aiba
Globalprice Inc,

イメージ 2

サーチナからのお知らせです:しばらくの間、ブログが休止することになります。今月一杯とさせていただきます


イメージ 2


売買必読:29日付主要金融紙ヘッドライン


  中国の主要金融紙(中国証券報・上海証券報・証券時報・第一財経日報)が29日付で報じた主なニュースは以下の通り。

  ・尚福林主席:資本市場を通した企業買収、リストラを支持
  中国証券監督管理委員会の尚福林主席は、条件付で企業買収、リストラの促進を支持すると表明した。また、上場企業買収再編審議委員に対し、市場での公平性の確保や誠実に業務を遂行することなどを求めた。

  ・証券評価機構:証券資信評価業界自律公約を締結
  中誠信証券評価有限公司など5つの証券資産情報評価機構は9月28日、《中国証券資産情報評価業界自律公約》を締結した。今後は、評価の透明度を高めるために証券評価の根拠や結果などの関連情報を開示する。

  ・中国政府:香港で、60億元規模の人民元建て国債を発行
  中国政府は9月28日から、香港で、60億元規模の人民元建て国債を発行する。中国本土以外での人民元立て国債の発行は今回が初めて。なお、国債の上場計画はない。
(以上:中国証券報)

  ・尚福林主席:条件付で企業買収促進を支持
  中国証券監督管理委員会は第一回上場企業買収再編審議委員会を開催。尚福林主席は、国民経済における資本市場の役割は大きくなっており、上場企業は国民経済成長牽引の柱であると発言。また、条件付で企業買収促進を支持することは、政府のマクロ経済政策と合致するとの見方を示した。

  ・創業版:10社のIPO凍結資金は7800億元
  創業版上場予定企業10社のIPO応募倍率、当選結果が本日公表された。10社の合計凍結資金は7800億元。応募倍率が最も高かった企業は神州泰岳、凍結資金額が最も多かった企業は楽普医療だった。

  ・新浪:インターネット業界初のMBO実施
  曹国偉為CEOと新浪幹部は1.8億米ドルで同社株560万株を買い付け、筆頭株主になる見通し。中国インターネット業界では、MBO(経営陣買収)の初のケースとなる。(以上:上海証券報)

  ・尚福林主席:企業買収、リストラは公の利益を念頭に
  尚福林主席は、第一回上場企業買収再編審議委員会で、公の利益を念頭に、中国証券監督管理委員会は資本市場における企業買収、リストラ規則の整備に当たっていくと発言した。

  ・創業版:第一陣企業のIPO凍結資金は8000億元
  創業版上場予定10社のIPO凍結資金は8000億元で、1兆元を超えるとの市場予想を下回る結果となった。しかし、当選確率は予想を大きく下回らず、平均当選確率は0.78%であった。

  ・商務部:ポリ塩化ビニルの反ダンピング関税措置を継続
  商務部は09年9月29日からアメリカ、韓国、日本、ロシア、台湾に対し、ポリ塩化ビニルの反ダンピング関税措置を5年間延長すると発表した。
(以上:証券時報)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事