有病息斎うびょうそくさい

還暦の主婦で、自身の難病のこと、夫の脳疾患のことなどを、書いております。

全体表示

[ リスト ]

令和のはじまり

上皇様が、成人を迎えた時に、学生代表で、当時 上野高校生だった 叔父山崎敏光(物理学者)が、祝辞をのべて、理系の叔父は、文章を考えるのが苦手で、母が考えたのだと、昔 きいた事がありました。 現天皇とは、同年代ですが、子どもの頃は みんな「優遇されていて、気に入らない。」と、言ってました。今でも思うのは、皇族が、みな 何かの研究者になっているということ。一般人じゃ、なかなか、そんな お金ないはないもの…… 次の天皇は、秋篠宮で、その時代が 短くならないよう、やはり キリのいいところで、現天皇も、退位は考えた方がいいのだと思います。上皇様も、きっと、考えられての 退位だったのでしょうね。 5月2日、夫が入所する栃木市内の施設との 契約をしました。担当者が、自宅にやってきました。契約を、家でするのは珍しいと思いますが、週末や 祝日に、家に帰れる場合もあるとのことで、家の様子を見ることもあるのだと思います。息子が、片づけた和室に、通しました。息子は、ふすまを張ったり、壁も 汚れた所だけ、壁紙を貼ったりもして、何とか、その部屋だけ 様になっています。夫がもどったら、そこに、ベッドを置く予定です。契約書のサインは、息子がしました。まだ、平成のままになっていて、息子が、年号を書きかえてました。多分、この施設の、令和第1号の 契約者なんじゃないかな。それから、緊急搬送先は、市民病院にしました。下野市の総合病院は、医療圏が違うので、できないと 言われました。小山市と 施設のある栃木市は、同じ医療圏らしく、下野市は違うとのこと。 5月9日は、令和 初の 私の市民病院での 診察日でした。30分待ち。カミカワ先生(仮名)は、お元気で、ちょっとした頼み事をしてみました。「明日、夫が退院するのですが、カネダ先生(仮名)に、お礼状を渡したいのです。」と 言ったら「いいよ。渡してあげるよ。」と、快諾してくれました。私が、カネダ先生に、手紙を書いたのは、2度めのことでしたが、お礼状というよりは、現状報告の内容になりました…… 今年になって、年号の書きかえで、仕事が忙しかった息子ですが、ゴールデンウィーク明けに、会社の経営が変わると、メールがありました。上場をやめて、ファンド会社が、公開買いつけをするとのこと。でも、他の会社が、株を買い回っていて、白い騎士と ならないかもしれないとかも、書かれてました、、、

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事