イメージ 1

2018年
あけまして、今年も宜しくです。

のんきにやりすぎ、越年してしまった。猛省です(笑)

しかし、めんどくさい所は組みあがっているのと、
塗装やり直しパーツのみなので、もうすぐ完成です。

SD ガンダムウイングゼロ EWバージョン
頭部最終!



イメージ 2

何とか内部配線も切れることなく、光量に差もなく出来ました。


イメージ 3

RGのパッケージ丸パクリ!


イメージ 4

腕の先へまでの配線も何とか切れずに出来たよ。
この角度ですと配線は隠れてますが、
正面からだと、脇下にチラっと緑の線が見えます。

もう少しで完成です!
が!
虫が動き出した!
ウレタンクリアーの練習がしたい!
ネットでガサゴソガサゴソ、


イメージ 5

風圧少なめでも、十分吹けると書いてあったので、購入してみた!
早速、セラフィムフェザーで練習!


イメージ 6

ラッカーでパールを塗った後にウレタン吹いてみた!
確かに風圧少なめでもぬれた!
クレオスのL7でも吹けると書いた合ったので、
0.15MPaで塗れるということです!
もう少し少ない風圧で実際は吹いたので、
使い勝手はかなりいいと思います。


イメージ 7

ふきっぱでも十分つるぴかです、ビックリ。
こいつは使えるなーすごい。


さて、話が外れますが、どんどん溜まる画像!
内部ストレージもそろそろ、パンパン!
保管先を探していたら、sony信者むき出しですが!

イメージ 9

LLS-201 パーソナルコンテンツステーション 1T
NFC搭載で便利かなと買ってみました、まだ使いこなせずですが、
とりあえず、今までの画像データーを保管してもらってます!
十分便利。 別のタブレットでもアプリで蓄積画像見れるしね。





イメージ 8

あーヤバイヨヤバイヨ!
変な虫がー暴走しておりますよー!
ルミナス フル装!ほしい。
現地いかんと買えんですかね、最寄のボークスに聞いてみた!
2月WFの方は、現地のみのようですが、
4月HRの方は、まだ未定のようで、ワンチャンありそうです!
東京なんて自分の送料で一体買えちゃうもんね。
あー欲しい、熱がさめるかもですが……





イメージ 10

正月に甥っ子がきて、作ってくれた
折り紙デビル!
凄い集中力で折っているのを見て、いい趣味持ってんなー、
おじさん、折り紙本を贈ることを決めました!


イメージ 11


イメージ 12




イメージ 13

折り紙本を送る前に
自分へ贈り物
ウレタンクリアー磨きと、
きになっていた、エッチングガイド!
RG本体は甥っ子にデカールは自分が(笑)



次回
SD ウイングガンダムゼロ
最終回です。


この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)


寒さが厳しくなってきましたね。
さすがに師走感が出てきました。

今年は、二度も行くことが出来た
ダイバーシティー東京=ガンダムベース東京
なんか縁がありましたね、まーただガンプラ買うなら地元の方が
断然安いのです。ただ旧キット及びSDの品揃えは、ここに
勝てる場所はないでしょう。


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3

今回は晴れたユニコーンが見れましたが、またNT-D状態でした。
帰りがけに、外国人にガンダムベースの場所を聞かれました。
ガンダムってやっぱしワールドワイドなのですね。


さて本題
デカールの段差消しをしていましたら、

イメージ 4

文字が上下逆さまじゃないですか
拡大しないとわからないのですが、剥がします。


イメージ 5

800番のペーパーで磨って剥がしたのですが、
水を使うと、デカールが水に反応してはがれてしまい、
段差が残っているのが分かりますかね。
こいつも、ならしてデカール貼り直し。


イメージ 6

よし。
と思ったら次の問題が、


イメージ 7

こいつを買う羽目になるとは、
塗料落とし剤

イメージ 8

グレーの部分が上手くのってなくて塗膜が薄かったのと、
部分的に梨地のとこが合ったのでドボンです。

イメージ 9

まずはタッパーに液をいれて、パーツをドボン


イメージ 10

5分もすれば、塗料が浮いてきます。


イメージ 11

ピンセットで上げただけですが、剥がれているのが分かります。
その後は筆で細部まで剥がしていきます。


イメージ 12

上記の工程で綺麗さっぱりです。
この後中性洗剤で洗っておしまし。


イメージ 14

あっという間に綺麗になってしまいました。
30分もあればここまで元に戻ってしまうとは
以前のシンナードボンはもう出来ません。


イメージ 13

で、ドボンした液ですが、このまま2日ほど放置したのですが、
あまり変わり無しでした、塗料が分離沈殿しないかなと、思ったのですが、
液が濁ったままとなりました。 別の容器に入れて保存します。



年末完成に向けて組み立て始動!

イメージ 17


イメージ 15



イメージ 16


イメージ 18



はい、ここまでです。
ではでは。


この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)


2015年9月からはじめた
SD ウイングガンダムゼロ EWバージョンも
ようやくラストスパート区間に入りましたが、スパートは
しません、出来ません。その手のスキルがありません。

ま、年内には形になるでしょう。

さて残りをやっつけていきます!


イメージ 1

羽のパターンで塗りわけして!
基部にはグレーを。

イメージ 2


裏も同様にね。
ほんとに、スジボリのおかげで、きれいに塗り分けれました。
スジボリ堂さんのタガネ様様です。
スジの内部がカッターで多少傷ついても、すみ入れしますから、
まったく傷にならない。 
あーなんて素敵なんでしょう。


そして、まだまだ続くよ研ぎ出しが


イメージ 3

デカール貼ってクリアー二度重ね

イメージ 4

左半分研ぎ出し!


イメージ 5

残り半分も研ぎ出し!
平面が大変だと気づく。
綺麗な面を作るのがかなり手間、
曲面はなんとなくですが、段差消すの楽。

そして曲面の多い羽たちのデカール貼り。

イメージ 6

位置はフリーで対が変にずれないように気を使う。


イメージ 7

ぴんぼけ!
羽裏は大きめのデカールを貼ってみた。


イメージ 8

MGのレタリングシートタイプのデカールを
部品請求しておいたのです、RGの羽にもピッタリだよ。



イメージ 9


イメージ 10

これにて全てのデカール貼りが終わった。
羽かっけー!
いやー本当に終わりが近いな。

ところで、レタリングシールの上からクリアー吹いても
大丈夫なのか?  あまり物で試せばいいか。


さて、話は変わりますが!
先月、仕事で千葉の幕張まで行ってきました、
午後から自由ということで!

イメージ 11

ダイバーシティーへ
ガンダムベーストーキョー
実物ユニコーン♪実物ユニコーン♪合いに来たよー(笑)

天気は雨だった。

イメージ 12

全体像の写真は結構出回っているので、
コーションに特化して画像UP
いくぞー


イメージ 13



イメージ 14



イメージ 15



イメージ 16


イメージ 17

あちゃーピンボケ

イメージ 18


イメージ 19


イメージ 20

RGHTてなんだ。


イメージ 21

今後の模型ライフにお役に立ちましたか?
ひまを見つけてなんて書いてあるか調べてみよう!



イメージ 22

お土産に、金さん銀さん!
どうしたものでしょう、こいつらのメッキをはがすのは、
まったく意味がないことに気づく。
そーと棚の奥へ



えーと
ウイングも終わりが見えてきたので、
次回予告

WSC
バングさんです。



イメージ 23

軸打ちはすんでいましたが、長年の放置ゆえ
なんだか、しっくりきませんので、打ち直しが必要です。
で、新し物好きのため、既に用意してしまった、ガレージ用サフ
最近見る機会の多くなった ティーボシリーズ。

以前は造形村の缶サフを使用していたのですが、
缶から塗料を抜くのがめんどくさい、ハンドピースで吹けるの
ないかなーと、思っていた矢先のティーボさん。
よし買おうと思ったときには売り切れていて、
さらに恋しくなるわけですよ、再販即買いとなりました。


そろそろ、WSCを一体でも完成させたい。
長らくの放置で脱脂もいい感じと思いたい。


で、ファイブスター物語といえば、
ついこないだ、GTM カイゼリンをボークスさんが
1/100の原型公開してましたね、
完全可動フィギュアのようですが、出来物かよ。
二桁萬円とかうわさが、全高40センチらしく膝下じゃん!
ま、そのうちIMSとしてでますかね。

ではでは

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


10月寒いね。
GBWC一次通過作品の発表がありました。
ジュニアであれ、オープンであれ、まだ小さい画像でしか、
判断できませんが、絵力のある作品がこの作品は最後まで残るで
あろうと、想像しながら二次通過を予想しています。
自分で作品を出している方はどきどきでしょうね。

来年はウイングゼロを出してみようかな。

さ!
SD ウイングガンダムゼロ 
EWバージョン
いきまーす!




イメージ 1

オイラのバカー!
不注意で、一番使用頻度の高い0.15mm落として折る
塗装中で使ってないはずなのに、なぜ。
もーーーーー即購入!へこむ。ついでに余計なものも買う。
亜魔損め。欲しいものリストがてんこ盛り。
ソニーLLS−201評価が悪いけど欲しいよ。
画像とかいっぱいになってきたしな。


いやはや脱線
今回はマスキングです!
ウイングで一番めんどくさい塗りわけ部分です!
もともと塗り分ける所ではないので、形状が複雑。
自分の最終的には、でっかいマスキングテープ一枚で、
張りきるのが理想なんですよね。
貼りながら切れ目をいれて貼っていく。
そうすると、テープ同士の重なりが減りますからね。
まだ習得していないので、部分的に貼ってます。


イメージ 2

一枚目

イメージ 3

二枚目

イメージ 4

三枚目

イメージ 5

四枚目

イメージ 6

五枚目

イメージ 7

六枚目
カットしながら部分的に張って次ぎへ

イメージ 8

六枚目の続き!
デザインナイフを研ぎながら、キレッキレの状態を
維持しないと、なかなか厳しいです。ストレスたまるー


イメージ 9

六枚目終了!

イメージ 10

七枚目

イメージ 11

八枚目で後は適当に貼りまして!↓

イメージ 12

出来上がり!
しっかりスジボリが入っているから出来る技です!
出ないと塗装面にカッターの線が出ますからね。
塗ったのは後日。
今日現在で、塗らなくては、いけないものが無くなってます!
後は、デカールとコートそして組み立てです。
長かった、ウイングとの付き合いも今月遅くても来月までかな。




で!
タガネと同時購入!
アネスト岩田キャンベル株式会社製
ホビー用エアータンク 2L


イメージ 13

この方自転車の空気入れでエアーが溜めれるってんで、
やってみた!

イメージ 14

空気入れがポンコツで、なかなか溜まりません
汗だくです、床ぬれてます。二度とごめんです。

もちろんコンプレサーにつないで使用しますので、何の問題もありません、
画面にある、エアガンを使用する際、コンプレッサーから直だと、
一瞬でエアー切れになるのと、水まじりがひどいので、ドレンもみこし、
四時間もぶっ続けで塗装してると、コンプレッサーの負担も大きく
焼けた臭いがしてきそうなので、延命対策も兼ねてます。

実際使ってみて、かなり便利ですよ、満足度100%です!

ただ。
ドレン口がタンク真下にありまして、使用後必ず、
ドレン抜きをしなくてはならないのですが、タンクを
持ち上げて、ねじを廻さなくてはいけないのですが、
圧の掛かった状態で、ドレン抜きしないといけないため、
ねじを廻すのが、大変 チョー握力しだい。女子には無理じゃね。
てことで!コック弁にチェンジ!


イメージ 15


アストロプロダクツのエアー弁を用意しました。
このタイプでは極小ではないかなと思います。

ねじ部はR1/4オス

既存のドレン口は基部にR1/8のオネジ弁が付いています、基部ごとかえると、
エアー漏れ心配が出てきますので、R1/8オネジ弁を外して、
R1/8オス・メスでエルボーを用意しシール剤かまして装着、
次に、R1/8からR1/4への異径ソケットをかまし、コック弁を装着して、
出来上がり、すこぶる調子良しです。さっとドレン抜けます、スマートです。
ストレスフリーになりましたとさ。めで・・・・・・・・・(笑)


イメージ 16


イメージ 17


勢い良く出すぎるぜ!バシュー

ではでは



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


夏の初めに書いたきり放置してしまった。
模活はしていましたが、ブログは………。

早速
SD ウイングガンダムゼロ 
EWバージョン
2017夏



イメージ 1

ひたすら研ぎ出しの夏
基本色を塗っては、クリアー吹いて、
デカール貼ってはクリアー吹いて、
2・3層クリアー吹いて、デカール段差消し!
消えたところで、又クリアー。
そして、程なくしてデカール貼りたくなくなる病発症
そして麻痺してハイになる。



イメージ 2

ツインバスター他・・・かこっこいい
武器やらRGシステム部分を塗り終わった。
パーツごとの画像となりますが、全体はまだまだ遠い道のりで、
このころ、既にオラザク投稿を断念。
デカール段消し地獄はまだまだ続く。


イメージ 3

ここからようやくラストのホワイト系
パッチワークのグレー系から終わらしていきます!
ま、画像は白の画ですがね。
このころ、巷ではオフホワイトかグレーかって騒いでいた人が。

なかなか組みませんよパーツごとですが、
赤いデカールはいい。


イメージ 4

グレー系をやっていた写真!


イメージ 5

ここで、模型作業環境で自分は便利だと思っていることを少し。
自分の作業台は小学校の頃から使っている勉強机で作業してましたが、
家の勉強机台の手前が腕に負担が掛からないように下向きRが付いてまして、
パーツがぼろぼろ落ちました、そこで、パイン材の板をボンと机の上に
置いて手前をフラットにしたのはいいのですが、今度は、腕のほうに
板の角があたりなにげに痛かったのです、それを解消すべく購入したのが、
コーナーカバー両面テープで貼り付けるだけのものです!
これ、さほど期待していなかったのですが、別の使い道で大活躍が
画像の状態!
デカール貼るときに、孫の手つけたまま、コーナーカバーにぶっさします!
これにより、デカール貼るパーツが程よく固定できます!
ぶっさす角度も自在でデカールを受ける面出しも簡単なんです、
これって何気に助かりますよね、
左手にピンセットでデカール用紙もって、右手に筆orめん棒orピンセットで
貼り付け側パーツまで手が回りませんもんね。また
パーツ自体を手で直接触らなくて済むという、メリットプラス。
見た目が少し汚い感じにはなりますけどね。


イメージ 6

さて、つぎはツインアイですが、
左端、4000〜8000番へ目を細かくして研いだだけのもの。
右端、左端のものにマルチプライマー塗布
最後真ん中は、プライマー後クリアー吹いて磨いたものになります。
透明度が変わりますね。


イメージ 7

そして、いつもお世話になっております。
ハセガワさんのクリアーフィニッシュシリーズ。
お手軽で、ムラ無し、曲面追随ですので、気泡も入らないでス。
ハセガワさんですからね、ヒコーキ模型の羽先端部ライト
とかに使うやつなので、えぐいRにも対応しますよこれ。


イメージ 11

で最後、ホワイト系のスタートです!
2部門に分けてやっていきます!
機体本体と羽部分です!さーがんばろ。


イメージ 12

ちょこっとずつ組んでいきますかね。


イメージ 8

ここからは、家のハンドピースを少し。
左右で塗料ドロップゾーン形状が違いますね。
個人的に左が好きです。
右は掃除がちょっとしぬくいです。
あくまで個人的意見です!

こいつらを購入して、かなりの年月がたっていたので、
ついこないだ判明したことがあります!どちらも0.3と思っていましたが、
左が0.2で右が0.3でした。
どおりで、塗料の出る感じが違うわけです。納得。
SDを始めた頃に細かく塗れるかなと0.2を買っていたようだ。
実際0.2の方を主に使っている。
塗料がやさしく出てきている感じがするー。



イメージ 9

ドロップゾーンの形状はカップの形状でも判断できます!
左が丸、右が楕円


イメージ 10

話題になりました
”ファンコーティング”
ユーチューブでやり方観て、処置後!
80℃の環境に1時間????????どこそれ。
そんなの自宅にないので、40℃になるといわれるドライブースで
2時間、硬化はMAX望めませんが、何とかつかえるようです。
メンテが楽になりました。
もう涼しくなってしまったので、できませんが、
真夏のダッシュボードという手があるようだ、
今度試してみよう。



イメージ 13

わたしはアムラー的表現で言う所のトコラーだ!
所さんのCDはなるべく購入している。
このなるべくって所が、気に入っている。
ま、手に入らないのが本当の話。
何気にカッコイイのです。
当然斜めから歌っています。
たまに、家族愛。
そして、バックは凄腕ミュージシャン!
当然ですが、聞いてて飽きません。
次待ってます。







まだウイングの途中ですが!
次回にたぶんこのかたがたです。


イメージ 14


ではでは。


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事