国際正道-空手連盟 FIKA 正道会館 健明館

只今入会すると空手衣プレゼント!更に毎月先着5名にシークレットプレゼント!

全体表示

[ リスト ]

今や顔面突きの練習をやっていない道場は少ないと思います。

イメージ 1

石井館長がK-1を作って四半世紀。
空手道場での顔面突きありの稽古もポピュラーなものとなって来ました。
当時中高生だった世代は既にアラフォーとなっています。
当道場に入門してくるアラフォー世代の方たちもK-1ハマってましたという方も多いです。
そもそも空手は顔面ありなのですが、顔面突き無しというのは試合のルールに合わせた稽古体系です。
オリンピックに採用されているのはWKFルール、こちらは顔面ありです。
寸止めという言い方をする人もいますが結構激しく当てています。
https://youtu.be/YkN6Z66N518
良い悪い強い弱いの論議では無くこれが空手の潮流だと思います。
私がエキスパートルールを考案した事もあり当道場では積極的に顔面突きの稽古に取り組んでいます。
アラフォー世代の方もエキスパートルールの試合にチャレンジしてくれる人もいます。

イメージ 2

顔面突き無しとありの試合はどちらが楽しいか聞くとありの方が楽しいといいます。
また試合後のダメージはポイント制という事もあり比べ物になならないほどエキスパートルールの方が少ないといいます。
そもそもエキスパートルールを作るときに考えたのは市民マラソンの考えです。

イメージ 3

マラソンの参加者が翌日に仕事を休んだり足を引きずって会社に行く事はないと思います。
仕事へ影響するようなアマチュア競技が一般に認知され浸透していくでしょうか?
この疑問はずっと前から持っていました。
また見た目にも空手と分かる安全なルールの競技にしなくてはいけないと思っていました。
いわゆるフルコンの試合は体力7技術が3ぐらいの割合では無いかと思います。
これが顔面突きありのルールになると体力2技術8ぐらいの割合になります。
見ている側もスリリングでゲーム制もあります。
健明館でエキスパートルールにチャレンジしてくれている方は2人とも40代からの入門です。
無理なく楽しく顔面突きありの稽古を楽しんでいます。
アラフォー世代の皆さん、空手は顔面あり
の方が二倍も三倍も楽しく安全です。
もちろんしっかりした指導者と安全な環境(畳やマットの上)が必要ですよ(^^)
https://youtu.be/_mD9bkVZaiI

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事