国際正道-空手連盟 FIKA 正道会館 健明館

正道会館健明館はいつでも入会金無料+空手衣プレゼント!

全体表示

[ リスト ]

私はメインコートの主審です。

イメージ 1

大会まで競技委員会の皆様とやってきた事をこのコートで実証しなくてはなりません。
審判チームも何度も組み直しをして考えました。
同じ副審判長の加藤会長とはほぼ毎日連絡を取り合いよりベターなジャッジにする為話し合って来ました。

イメージ 2

メインコートの主審です。
他のコートの試合を観る事は出来ません。
メインコートで試合をするのは青谷と松本の2人です。
青谷は前年度の準優勝者

イメージ 3

松本はSバトルチャンピオン、全日本選抜準優勝と2人とも期待がかかっています。

イメージ 4

青谷は左膝の怪我を押し切っての出場。
右の蹴りが使えない状態で突きを中心に攻めます。
中判に相手がしゃがみこんだところに上段膝が入ったように見えたが副審の旗一本あがるも無効に。

イメージ 5

この後も突きの連打で攻める青谷。
このまま判定勝ちと思ったところに相手がスリップ、中段突きがそのまま顔面に流れ一発減点になり判定負け。
自分からしゃがみ込む選手には今後どう対応するのか競技としての課題が残る試合でした。

イメージ 6

松本は左の下段が冴え初戦を突破。
3回戦は相手のラフな攻撃も冷静に対処。
ベスト4に進出
ここで正道会館で残っているのは松本のみ。
対戦相手は原田選手。
POINT&KO大会でも重量級の選手を押さえて入賞しているこのルールに最も適した選手です。
私はこの原田選手が山だと最初から思っていました。
予想通りの活躍です。
ここまで全て一本勝ちで来ています。

イメージ 7

距離を取り下段から入る松本。
距離を詰めようとした瞬間に上段前蹴りがヒット。

イメージ 8

松本が上段前蹴りをもらったのは中学生以来ではないでしょうか。
慌てて入ろうとする松本に再び上段前蹴りがヒット。
更に開始直後に上段前蹴りがヒットし3ポイント一本負けとなりました。
結果原田選手が決勝戦も一本勝ちで優勝しましたが松本には悔しい結果となりました。
3位決定戦は初戦で痛めた拳が骨折と判明し棄権する事に…
青谷と松本にとっては苦い敗戦になりましたが今後にとっては良い経験になったと思います。
悔しい…(^_^;)

合掌

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事