国際正道-空手連盟 FIKA 正道会館 健明館

正道会館健明館はいつでも入会金無料+空手衣プレゼント!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

夢は叶う!

健明館のOB道場生 提髪和希のデビュー戦が決定しました!

イメージ 1

6月21日(金)格闘技の聖地後楽園ホールです。
K-1ファイターになりたいと1年前単身東京へ

イメージ 2


7カ月後にはK-1カレッジのチャンピオンになって凱旋しました。

イメージ 3

イメージ 4


そしてついにプロデビューを迎えることになりました!

ついにプロ選手になる和希ですが、子供の頃は本当に手を焼く子でした。

イメージ 5


高校生ではいつ空手をいつ辞めようかと常々思っていたようでした。

イメージ 6


そんな和希にキックボクシングの練習勧めたところ見事に開花しました。

もともと眼の良さもありディフェンスに長けていた和希はアマチュア大会で連勝します。

イメージ 7

Sバトルや静岡キックといった地元プロモーションがあったおかげでしっかりと経験を積むことができました。
命武會 丹山会長、テンクローバージム 中村会長には本当に感謝です。

イメージ 8

またエキスパートルールの試合をはじめた時期と重なったのも成長を促したと思います。

GWのに帰郷した際も必ず稽古に来る和希。
夢を叶えてスタートラインに立ちました。

まずはデビュー戦にしっかり勝利して欲しいですね。

応援よろしくお願い致します🤲

指導員講習会

少し前ですがGWに指導員講習会を行いました。

イメージ 1

幸いなことに健明館には指導の出来る黒帯が沢山います。

イメージ 2

イメージ 3

黒帯は正しく技術を伝えなくてはなりません。
自分は昔から変わらず石井館長から教わった空手を教えています。

特に白帯に教える事を大切にレクチャーします。

何処何処の技術はこうだ。自分はこうだなというのはやりません。

そういう味付けを加えた時点で亜流になるからです。

習ったもののルーツが違うならば仕方ないかも知れません。

空手は血統というの事を聞いた事がありますが正道会館は間違いなく石井館長の純血統です。

今回はフルコンプラスの講習も行いました。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

みんな楽しそうですね。

過去には黒帯を取ったからと学ぶ姿勢を疎かにした黒帯もいました。

注意して聞く聞かないは本人の問題です。

注意されて腹を立てるようではいけません。

学ぶとは常に謙虚にアンテナを張り吸収することだと思います。

今ここにいる健明館の指導員は学ぶアンテナを常に張っている人たちです。

これからも正道空手をしっかり学んでいきましょう。

イメージ 8

第7回のぶなが杯

イメージ 1

昨日は豊明市で開催されただけ7回のぶなが杯に参加。

極真空手の大会ですがルールはJKJOルールです。

ここ最近ようやく反則負けが少なくなりました。
大会に参加する以上ルールを理解しておくのは当たり前のことです。

イメージ 2

初級の部では英紅波君が快進撃を見せ決勝戦に進出。

イメージ 3

初優勝は逃しましたが見事に準優勝!

イメージ 4

イメージ 5

武将の部では夏目将成君が3位に入賞。
春から稽古量を増やした成果が出ました。

大名の部では浅井結翔君が一回戦から調子の良い動きで準決勝に進出。
準決勝でも相手の回り込みを防ぎ判定勝ち。
決勝戦では新心館のライバル浅野選手との接戦を制して見事に優勝を決めました。

イメージ 6


JKJOルールの試合もようやく慣れて来た感じです。
反則やポイントのばらつきはどの大会でもあります。
健明館の選手の試合ではありませんでしたが喉元への突きを技ありと判断した試合もありました。
ミスジャッジを完璧に無くすことは難しいですが無くす努力はしなくてはなりません。
今回は審判検定員の清原先生にいろいろと教えていただき勉強になりました。

JKJOルールの大会でいつも惚れ惚れする試合裁きをするのがノーティーカラテアカデミーの長谷川先生です。

イメージ 7


選手にも観客にも分かりやすい素晴らしいレフリングでした。

イメージ 8

今大会にはらSバトルファイター田渕選手も参戦、初代Sバトル王者田中選手を完封して見事な優勝でした。

イメージ 9

参加選手の皆様、お疲れ様でした。

合掌

28年ぶりの優勝

イメージ 1

昨年の9月からダイエット目的で始めたブラジリアン柔術です。

周囲の勧めもあり大会に出場することになりました。

公式試合(空手を含めて)は実に25年ぶりです。

イメージ 2

会場は半田市にある青山記念武道館。
とても綺麗な会場です。

空手の大会と違い開会式はありません。

参加選手は自分の試合時間に合わせて来るようです。

イメージ 3

会場で中部柔術界の重鎮である世界の鈴木社長と遭遇(^^)
ALIVE所属のキング・オブ・パンクラシスト久米選手も一緒でした。

私が申し込んだカテゴリーはマスター4白帯のミディアムヘビークラスとオープンクラスです。

イメージ 5

残念なことに47歳の私のクラスには参加者がいなく階級クラスは2カテゴリー下のマスター2になりました。
オープンクラスはマスター3です(^_^;)
応援に来てくれた青谷を相手にアップして準備です。

イメージ 4

初戦は対戦相手が体重オーバーの為、不戦勝となりました。
かなりデカくリーチのある相手だったのでホッとしました。

決勝戦に勝ち上がったのは同門の実力者ジャンさんに大差のポイント差で勝ち上がった平田選手。

開始早々ガンガン攻めて来ます。
グリップの力が強くなかなか思うように組めません。
引き込みで攻めて来たので三戦立ちで耐えます。
柔術の試合ですが空手で戦うのが私のやり方です。

中盤を過ぎた辺りで相手のクローズドガードが緩みました。
審判が「ルーチ」と言っています。
私はこの時初めて「ルーチ」が「続行」で「パロ」が「止め」と知りました。

仕切り直しとなりスタンドの状態から再スタート。
相手がタックルに来ました。
腰を落として耐えて後方に投げました。
2ポイント取ったと思ったのですが相手に2ポイントが入ってしまいました。

残り30秒相手のセコンドが「逃げ切れ」と言ったのが聞こえました。
クローズドガードで逃げ切ろうとしていたのでチャンスと思い担いでフックを外しを狙いました。

ラスト10秒外してスィープに成功。
3ポイントを獲得し1ポイント差で優勝出来ました。

イメージ 6


実に公式試合28年ぶりの優勝です。

イメージ 7

イメージ 8


この後のオープンクラスも無事に優勝することが出来ました。
金メダル2個獲得出来ました。

イメージ 9

応援に来てくれた木村さんと青谷君ありがとう!

イメージ 10

大塚先輩は18分の延長戦を戦い準優勝。
いつも練習に付き合っていただきありがとうございました。

イメージ 11

完璧な優勝を決めたホジェリオ先生とマルシア先生にも褒めていただきました。
Muito obrigado!

そして私が所属するチームevox bjjは見事チーム優勝しました。

イメージ 12

👏👏👏👏👏👏

最後に試合出場を勧めて下さった安田さん本当にありがとうございました。

イメージ 13

安田さんは54歳にしてアダルトカテゴリーに出場する強者です。
安田さんの柔術を楽しむ姿勢に刺激され出場することを決意しました。
何事も楽しく続ける事が一番だと思います。

また機会があれば試合に出場しようと思います(^^)

合掌

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事