家づくりはおもしろい

材木屋が家づくりをはじめました。

全体表示

[ リスト ]

サロベツへ その9

稚内港フェリー乗り場で
うだうだ悩んでいた。
 
家に「帰りが1日遅れる。」と電話して
利尻へ行っちゃおう…か
 
なんてね〜
 
 
昔は
鹿児島とか、那覇とか、江刺とか、羽幌とか、大間とか
 
よく飛び乗ったよなぁ…
 
イメージ 1
 
 
しかし
 
今は
そうは行かない 
 
 
フェリーが接岸していたら
もっと強く思ったかもしれないね〜
 
イメージ 2
 
 
名物のウニ丼でも食べて
 
考えよう…
 
 
駅前の朝から開いていた
稚内駅弁ご用達の店に入り
 
うだうだ考えました。
 
弁当にウニ丼にしてえ〜
ここでは
ラーメンがいいな〜
 
イメージ 5
 
えっ 
 
 
ウニの弁当なんか
ないって〜!
 
 
しかたなく
 
カニ弁当にした。
 
イメージ 6
 
 
北海道へ来て
ようやく念願の初ラーメンを食べて
 
眠くなってしまった私
 
稚内駅からサロベツの兜沼まで
電車で輪行することにしました。
 
 
イメージ 7
 
電車の出口を確認しないと
この大きな荷物を持って狭い通路を歩かなければならなくなる。
 
案の定
 
出口は反対方向だった。
 
イメージ 8
 
 
 
 
誰〜れもいない
 
兜沼駅
 
 
イメージ 9
 
 
兜沼は町営か何かのキャンプ場になっていた。
お金をかけて作ったキャンプ場のようだが
人の気配がない。
 
ひろ〜い駐車場に車が1台。
 
守衛のいない
守衛小屋に自動販売機がポツンとあった。
 
キャンプ利用者しか入ってはいけないような雰囲気に
おそるおそる
駐車場の隣の東屋風のベンチで
弁当を広げた。
 
 
朝から3度目の食事
 
ウニ弁当ではなくカニ弁当
 
美味かった。
 
イメージ 10
 
 
 
木陰が涼しくて
 
つい
 
昼寝をしてしまった。
 
チクッとアブに足を刺されて目を覚ました。
 
それから約2時間
ペダルを漕いでは足を掻き
家にかえるまでず〜っと
かゆみと痛みに悩まされたのだ。
 
 
下の写真は家に帰ってキンカンを塗った私の細い足。
これは自分で上から撮ったので
まさか
こんなに太くはない
 
はず。
 
イメージ 11
 
 
兜沼から
延々と原野を開拓した牧場の道を走った。
 
気温は高く
草いきれと、フンの匂いに
 
早朝チャリダーとしては
 
辛いものがあった。
 
イメージ 3
 
 
 
サロベツ川も
パンケ沼と同様
赤くにごった水の色をしていた。
 
イメージ 4
 
 
夕方
無事にあしたの城に到着。
 
明朝出発前にもう一度走ろうかとも思ったが
 
 
もういいや…
 
と愛車を分解して荷造りをはじめた。
 
 
 
いい
 
一日だった…

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事