全体表示

[ リスト ]

イメージ 1





















灌木の浄法身を拝しけり          杉田久女

(かんぼくの  じょうほっしんを  はいしけり)

日曜日、「松籟」前主宰の、島津余史衣先生と、愛知県の「小原」(おばら)というところへ出かけた。
初めて訪れた土地で、正直、まったく知らない場所であった。
今は豊田市に吸収合併され、豊田市小原となっている。

島津先生は元「河」の句友…、というか、私にとって先輩にあたる。
俳句雑誌には投句欄があり、そこに投句作品の他に、住所と名前が掲載される。
当時、私は埼玉県八潮市に住んでいたので、投句作品の下に、

八潮市      林 誠司

と出る。
島津先生は当時、アメリカ・ニューヨーク在住だったので、

ニューヨーク   島津余史衣

と出ていた。

「かっこいい〜!」といつも思っていた。
「埼玉の私」とはえらい違いだな、と思っていた。
いつも「河」の同人欄上位で活躍され、新人の私は、それをまぶしく見ていた。

その後、地元・豊田市に戻り、地元の大結社「松籟」の第三代主宰に就任した。
つまり、先生とは、俳句の先輩後輩でもあり、主宰と雑誌編集者との付き合いでもある。
当日は島津先生の写真撮影があり、小原へと出かけたのである。

さて、「小原」のことである。
自然が豊かで、実に魅力的な土地であった。
紙漉きの里、四季桜という四季を通して咲く桜の里としても知られているそうで、「松籟」の方々とよく吟行に来られるそうだ。
また、ここには杉田久女の夫・杉田宇内の実家があり、久女もここを訪れていて、屋敷跡には、今、久女の句碑が建っている。
それが、掲句である。

今は屋敷もなく、住んでいる人もいないが、広大で立派なところだった。
飯田蛇笏・龍太の屋敷、敷地も凄いが、それに匹敵するのではないか。

山梨県笛吹市境川〜飯田蛇笏、龍太山蘆俳諧堂

飯田家もそうだが、久女の夫・杉田宇内の家も「庄屋」「名主」の家らしい。
立派な長屋門が残っており、そこを潜ると、広大な敷地があり、久女の娘・石昌子さんが建立した観音像と句碑があった。
余談だが「長屋門」とは文字通り、長屋のように横に長い門のことで、誰でも建てられるものではない。
それだけでもこの家の歴史の重さや風格がわかる。
一山まるまる屋敷なのである。
当日は、「松籟」の方々もご一緒し、地元の方の丁寧な説明を受けた。
観光地の賑わいや華やかさはないが、のんびりと散策して吟行するにはいいところである。

さて、掲句だが、正直、私の知識不足でよくわからない。
「灌木」とは「低い木」のこと。
一般的に人間の背丈より低い木を言う。
「浄法身」は「きよらかな法身」のことで、「法身」とは、(以下、コピペ)

法身・報身(ほうじん)・応身(おうじん)の三身(さんじん)の一つで、真理そのものとしてのブッダの本体、色も形もない真実そのものの体をいう。
真理()の身体、真理(法)を身体としているものの意味で、「法仏(ほうぶつ)」「法身仏(ほっしんぶつ)」「自性身(じしょうしん)」「法性身(ほっしょうしん)」などともいう。

正直、全然わからない(笑)。
たぶん、「仏様」「仏像」のことを言うのではないか。
つまり、低い木、取るに足らない木も、仏の慈悲にすがろうと、仰ぎ見るように伸びている…、という意味ではないか。
あるいは、灌木そのものを仏(浄法身)と見立てているのか?

この句は石昌子さんが選んだそうで、久女が高浜虚子選の「ホトトギス」で初巻頭をとった作品の中の一句である、と説明を受けた。

宇内という人は、今の東京芸大を首席で卒業した画家のエリートだったが、画家の妻になる、という久女のあこがれを裏切り、絵画を描かず、九州小倉の一美術教師で終わった人で、これまでなんとなく「さえない」イメージがあったが、久女のわがままを許し、その後も久女を嫌ったりしてるようには見えず、なかなかの人物ではないか、とも思った。
一度、宇内の生涯を調べてみたい、夫婦仲の本当の姿を考えてみたい、と思った。

島津先生が、お昼は地元名物の「五平餅」を食べましょう、と言って、お店に案内してくれたが、店に入ったら、

五平餅は出せるが、それ以外は出来ない。

と言われた。
理由は、食事を作る係のご主人が「稲刈り」に出かけてしまったからだそうで、結局、五平餅だけでは…、ということで、近くの喫茶店でハンバーグを食べた。
五平餅は食べそこなったが、私は実に気分がよかった。
の店での会話だけで、この地の「空気」をたっぷり浴びたような気分になったのである。

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

○○さん そうかも…。ちょっと調べてみます。ありがとうございました。

2017/9/14(木) 午後 8:20 セセエト 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事