全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全750ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

金子兜太さん死去

イメージ 1























(埼玉県熊谷市ご自宅にて  撮影:林誠司)

金子兜太さんが亡くなり、今、俳壇は騒然としている。
社長もみなも大騒ぎだし、中には、

誰かと(兜太さんの)話をしたいので…。

と電話をかけてきた俳句の先生もいた。

兜太さんのおおまかな略歴を以下に。

大正8年(1919)、埼玉県秩父郡皆野町生まれ。
本名、同じ。
東京帝国大学卒。
父は「馬酔木」同人の金子伊昔紅(いせきこう)。
高校時代より作句。
のち、加藤楸邨に師事し昭和16年「寒雷」参加。
森澄雄、澤木欣一らと「寒雷」黄金時代を築く。
18年日本銀行入行後、すぐに応召。
トラック島など激戦地を転戦。
終戦後、一時捕虜。
帰国後、日本銀行労働組合専従初代事務局長。
37年「海程」創刊。
ともに戦後俳句をリードした飯田龍太、森澄雄の伝統的俳句に対し、無季俳句、前衛俳句、社会性俳句を標榜。
理論、実作両面で指導的役割を果たす。
兜太が発表した造型俳句論は大きな反響を呼び、中村草田男や山本健吉との論争を巻き起こした。
蛇笏賞、詩歌文学館賞、現代俳句大賞、毎日芸術賞、朝日賞、子規国際俳句大賞を受賞。芸術院会員、文化功労者。朝日俳壇選者。現代俳句協会名誉会長。
句集に『少年』『金子兜太句集』『両神』『東国抄』『日常』など。

次に私の好きな句を以下に。

曼珠沙華どれも腹出し秩父の子
粉屋が哭く山を駈けおりてきた俺に
果樹園がシャツ一枚の俺の孤島
どれも口美し晩夏のジャズ一団
海流ついに見えねど海流と暮らす
水脈の果炎天の墓碑を置きて去る
原爆許すまじ蟹かつかつと瓦礫あゆむ
朝はじまる海に突込む鷗の死
銀行員等朝より蛍光す烏賊のごとく
彎曲し火傷し爆心地のマラソン
霧の村石を投らば父母散らん
猪が来て空気を食べる春の峠
人体冷えて東北白い花盛り
青年鹿を愛せり嵐の斜面にて
暗黒や関東平野に火事一つ
梅咲いて庭中に青鮫が来ている
冬眠の蝮のほかは寝息なし
海に青雲生き死に言わず生きんとのみ
おおかみに蛍が一つ付いていた
二十のテレビにスタートダッシュの黒人ばかり
夏の山国母老いてわれを与太と言う
長寿の母うんこのようにわれを産みぬ
男根は落鮎のごと垂れにけり
津波のあと老女生きてあり死なぬ
春の牛空気を食べて被曝した


このうち、いくつかは当ブログで紹介したが、「男根」の句はとくに印象深い。

兜太 男根の一句

森澄雄好きの私としては、兜太さんの句には感動しつつも全面的に賛成はしない。
しかし、そういう僕なんかのちっぽけな好みを超え、「巨星」であったことは間違いない。

不思議なもので、兜太さんの全盛は昭和後期であるが、平成でも、いや、兜太さんの「存在感」は平成にこそ輝いた。
そういう意味では平成という時代は、「失われた時代」であり、「高齢化」という時代であった。
これといった巨星は生まれず、昭和の巨星の中で、高齢で生き残った金子兜太に人気が集中した。
さびしいことではあるが、それが真実であり、そのことは兜太さんには何の責任もない。

兜太さんには数回、インタビューをしたり、対談を企画したが、話が深く面白く、やはり魅力的な人だな〜、と感じた。
一番印象に残っているのは、「萬緑」のつどい。
草田男と兜太さんとは、浅からぬ因縁がある。
(このことは書くと長くなるので、またの機会に書く。)
祝辞を求められた兜太さんに、皆、どういうことを言うのだろう、とやや緊張した。
兜太さんもかなりのご高齢であったから、今更、草田男批判などはしまいとは思っていたが…。
ただ、かつての論争相手であったわけであるから、どういうことを言うのだろうと思っていた。

すると、兜太さんは立ち上がると、一言、

万歳をします!

と言って、

中村草田男 バンザ〜イ!

と声を上げると、みんなが自然と続いた。

中村草田男 バンザ〜イ! バンザ〜イ! バンザ〜イ!

と会場にコダマした。
草田男息女・弓子さんもにこやかに万歳されていた。
あれはいい風景だった。

「萬緑」八〇〇号祝賀会、「萬緑」終刊成就の宴

あんないい風景は滅多にお目にかかれるものではない。
こういうことが出来るのはやはり兜太さんの力だろう。
合掌。

この記事に

開く コメント(3)[NEW]

雪解風月山はまだ天のもの       市村究一郎

(ゆきげかぜ がっさんはまだ  てんのもの)


月山は、松尾芭蕉が「おくのほそ道」で訪れた出羽三山の一つ。
標高1980メートルの高山である。
ちなみに、羽黒山は418メートル、湯殿山は1500メートルであるから、出羽三山の中心を成す山と言っていい。
芭蕉はここで、

雲の峰幾つ崩れて月の山

という名吟を得た。
私の奥の細道踏破は今、岩手の一関で足踏みしている。
ここから、宮城に戻り、奥羽山脈越えをして、そこからさらに出羽三山を登るのである。
奥の細道行程中、おそらくもっとも厳しいルートであろう。

掲句。
そのみちのく、月山にも春を告げる雪解風が吹いている。
しかし、「まだ」とあるから、麓の里や、羽黒山あたりhともかく、もっとも高い標高の月山には、大いに雪が被っているのだろう。
古来、山というのは信仰の対象であって、雪山に登る、ということはなかった。
「登山」というのが夏の季語、「山眠る」というのが冬の季語であることからもそれはわかる。
「雪」を被っている限り、月山は里のものでも、人間のものでもなく、「天のもの」なのである。
「天のもの」という表現が、月山の神々しさをいかんなく表現されている。

また、「まだ」という表現も心憎い。
「まだ」ということは、やがて、月山の雪も溶け、わずかの万年雪を残して、麓の人々や観光、登山の人々にやさしい表情を見せてくれるだろう、という意味も隠されている。
つまり、この句は春浅い、月山の厳しい世界を詠いつつ、春山、夏山のすがすがしい月山の山容をも表現している。
そこがいい。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1


















えんぶりや雪の鍛冶町大工町           藤木俱子(ふじき・ともこ)


先日、見に行った青森県八戸「えんぶり」について書いておきたい。
「えんぶり」とは、は青森県八戸地方を中心に広く東北地方で、初春の神事として行われる、予祝行事である。
「初春」とあるが、旧暦で行っており、今が旧正月の時期なので、毎年、この時期に行われる。
「予祝行事」(よしゅくぎょうじ)というのは、私も初めて聞いた言葉だが、たとえば、この時期に、農事の田植や稲刈りなどを歌や踊りなどの芸能で演じ、事前に「豊作」を(架空上で)実現させることによって、その年の豊作を祈る、というものである。

初日、2月17日(土)は以下のスケジュールで行われる。

7時〜長者山新羅神社にて奉納
10時40分〜市街地にて一斉摺り
12時〜市民広場にて御前えんぶり
16時〜更上閣にてお庭えんぶり
18時〜市民広場にてかがり火えんぶり

このうち、「御前えんぶり」「かがり火えんぶり」以外はすべて見て回った。
どれも素晴らしかったが、このうちの「奉納」について書きたい。

朝7時、冬暁の中、長者山新羅神社で、奉納が行われた。
大変な人出で、近くで見ることは出来なかったが、30何組のえんぶり一行が、それぞれ順番に神社に詣で、(ほんの少し)神前で踊りを奉納するのである。
なにしろ30何組もあるのだから時間がかかる。

私が気になったのは、神社の名前である。

新羅神社

とは、新羅の神を祭っているのだろうか、と思った。
新羅とは、古代朝鮮半島にあった国である。
ここと、古代朝鮮は何かつながりがあったのだろうか?と思ったのである。
地元の人、数人に「ご祭神」を尋ねてみたが、みな知らない。

ある人に尋ねたら、どうも、新羅神社は、そっちの「新羅」ではなく、「新羅三郎義光」(しんらさぶろうよしみつ)のことらしい。
新羅三郎義光は、源義光であり、源氏の嫡流・八幡太郎義家の弟に当たる。

長男・義家は京の石清水八幡
次男・義綱は京の賀茂神社
三男・義光は近江大津の三井寺新羅善神堂

で元服したことから、それぞれその神社の名前を冠し、義光は「新羅三郎」と名乗ったのである。
義光は優秀な男で、兄・義家をよくサポートし、のちに源氏の大きな一派を作った。
義家の子孫からは、源頼朝、源義経、木曽義仲、足利尊氏、足利義満、今川義元などが出たが、義光の子孫からも、かの武田信玄や秋田の佐竹氏が出ている。
そのことは以前に書いた。

秋田佐竹氏のこと

八戸を治めた南部氏も、この、新羅三郎義光の流れであるらしい。
ただ、武田氏や佐竹氏のようにれっきとした(?)家系が証明させているわけではなく、やや、曖昧なところがある。
中世や近世は、自分の家や一族に「箔をつける」ため、勝手に藤原氏だの、橘氏だの、源氏だの、平氏だの、後付で名乗っていることが多い。
もちろん、南部氏が絶対、後付の家系である、という証拠もないから、どちらとも言えない。
ただ、地元の人は、南部氏が新羅三郎の流の家柄であることは誇りとしているようであった。
伝承によれば、鎌倉時代、今の山梨県南巨摩郡南部町の源氏が、ここまでやってきて土着したのが南部氏の始まりだと言われている。
その新羅三郎を祭った神社に、真っ先に、踊りを奉納する、というところに歴史の深さを感じた。

掲句。
藤木さんは、その八戸で活躍する「たかんな」の主宰である。
さすがに、その地に住む人の作品は、単なる観光俳句とは違い、しっかりと地に根を張っている。
私も歩いたが、鍛冶町、大工町は長者山のふもとにある。
鍛冶町、大工町に、南部氏の歴史、八戸の歴史が感じられる。
えんぶりは春を呼ぶ祭りであるが、実際にはまだまだ雪が多い。
私が見た日も、つねに雪がちらついていて、夜には吹雪になった。
深い、深い風土というものが、この句にはある。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1



新幹線の中です。

青森県八戸市のえんぶりを見てきました。
素晴らしかった。
でもホント、寒かった。
この辺の人は寒くないのかしら?
夜、雪が激しくても練り歩いている。

最終の新幹線だが、すでに雪で遅れている。
家まで帰れるかな?

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1



大空にくつつくほどに春の鳶 誠司

青森県八戸市にいます。
俳句がらみですが仕事ではありません。
「たかんな」の藤木倶子主宰、吉田千嘉子副主宰のお誘いで、「八戸えんぶり」を見に来ました。

えんぶりは東北を代表する雪まつりで、(どういう祭りかはこれから見るのだが…)春を呼び寄せる祭りである。

今日は、東京大森で、新山王句会で、そのあと、満席の東北新幹線に乗ってやって来た。

八戸と言えば「サバ」。
わが横須賀、三浦半島にも「黄金サバ」というブランドサバがあるが、正直、八戸のサバにはなかなか及ばない。

イメージ 2



その名も「サバの駅」にサバを食べに行く。
ここの上等なサバは、銀サバと言われている。
本当にうまかった。
この店は日本唯一のサバ専門店。
サバのフルコースを食べた。

八戸のサバ、東京の鰻、高知のカツオ…。
この3つは別格である。
少々サバばかりで、今、ちょっと苦しいが、うまかった。
明日は朝からえんぶりを見に行く。
朝5時起きである。

この記事に

開く コメント(2)

全750ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事