ここから本文です
戦艦大和 1/200 ニチモ 製作記
ラジコン船を製作して遊んだりしております。
イメージ 1

先日のマリンフェスタのときもそうでしたが、ウチの「球磨」は左舷外側のスクリュウが良く抜けます。
原因はモーターシャフトの径が細すぎるということ。これに対してシャフトを繋ぐジョイントを工夫してきましたが、どうしても抜けます。

イメージ 2

もはやゴムジョイントでは無理と悟りました。
けど画像にあるようにジョイントを取り付けるスペースがないです。

そんなわけで

イメージ 3

大小のジョイントを両端に取り付けたスプリングジョイントを作りました。
スプリングもコンパクトになるように半分に切断。ジョイントとの接合はハンダを付けて固定しています。

イメージ 4

こんな感じで装備してみました。一応他の部分との干渉もしません。

これで決定打となることを望みます。


この記事に

マリンフェスタ2017

どんも〜です。

行ってまいりました。千葉みなとマリンフェスタ2017!

イメージ 1

今年もめんこいレイヤ〜さんの方々がいらっしゃいましたがな♡
今年はウチの陽炎型は「谷風」さんに操船していただいております。
ありがとうございます。

会場の千葉ポートパーク、昨年はポケストップがあったのでごったがえしていましたが、ポケストップが消滅した今年は少し寂しさがありますが。イベントが始まる頃にはどこから来たのかと思うほどギャラリーがわんさかわんさかとおりました。

イメージ 2
RC軍艦とレイヤーの方々、手前にあるのがかつての千葉市の海洋公民館だった「こじま」とその前身であった海防艦「志賀」。
このイベントの主役たる存在です。

この艤装からレイヤーさんのコスがなんなのか分かる人にはわかるんでしょうね。オイラ金剛と暁はわかったんだけど残りはわかりませんでした。

イメージ 8
利根 イメージ 9
砲塔全部独立作動 搭載機を運搬するクレーンも左右に動くという超絶ギミック付き。これから筑摩を作るオイラとしては眩しすぎらあ…(涙)

イメージ 3
すまさんの ビスマルク 久々に登場ですが元気にその美しい姿を現していました。

イメージ 4
ABUさんの 山城 遠いところからお越しいただきましてありがとうございます。なんでも、あるモノを見るためにいらしたんだとか…。

イメージ 5
マイロンさん 霧島 素敵艦隊の中枢ともいえる存在です。

イメージ 6
我が家の球磨 相変わらずスクリュウシャフトがスポスポ抜けておりました。

集合写真
イメージ 10

イメージ 7

今回集結した猛者たち
左から 「矢矧(1/150)」「アリゾナ」「山城」「霧島」「大和」「大和」
「信濃」「大鳳」「利根」「矢矧」「球磨」「川内」「ビスマルク」
「プリンツオイゲン」「赤城(1/250)」「初月」「雪風」「こじま」「志賀」
「三笠」 20隻!!

そして・・・。
イメージ 16
ジャパリバス(けものフレンズ)すまさんの渾身の作品です。
超目立ってました!

で、これだけの大艦隊。見ていると圧巻ですが、動かすときには互いにぶつかりそうで慎重になってしまいます。
ウチの彩湖艦隊は総出撃をとって戦艦×1巡洋艦×1駆逐艦×2
&QBボート(画像なし)

でもって、QBと大和以外は全艦マシントラブルとなってしまい、そっちにかまけておりました。
それでも「初月」はトップヘビーも解消されバッテリー切れになるまではわりと元気に動いてくれてました。

それがこちら、イベント前の公試のようすです。
イメージ 11

イメージ 13

イメージ 12

イメージ 14

大分良い感じで動いてましたが、バッテリーとの愛称なんですかね。交換したとたんに動作不良を起こしてしまい。あーともすーともいわなくなり沈黙。
まだまだ宿題が山積みという結果でした。


今回の参加艦艇をみんなで改めて見ていましたが、ここで驚きの技術が…。
イメージ 15
上の航空母艦は大鳳と信濃ですが
飛行甲板の艦載機が出撃の時を今かと待っているような勇ましいシーン。

イメージ 18
「まわせ〜」

ブルン… ブルブル ブルル... ...








イメージ 19

え〜!?

みなさん わかりましたか?



凄いっ!凄すぎる…。



イメージ 17

小型のモーターを積んでいるそうです。

流石に飛ぶことはできませんけど、この巨大空母が完成したときにはこんな
発艦シーンがあったんでしょう。実物は戦闘に参加する事なく1944年11月、呉港回航中に米潜水艦により雷撃され沈没しています。

前回以上に参加艦艇も増え、盛り上がりをみせたイベントでしたが、イモ洗い状態で船同士が衝突危機になるなど課題も見え始めた会でした。走航会とはちょっと違うので今後はギャラリーにどう見てもらうかですね。

ともあれ、参加いただいた方々、本当にお疲れ様でした。

ありがとうございます。
また、彩湖や稲毛でお会いできればと思っております。

宜しくお願いいたします。











この記事に

7月16日 明日は ちばみなとマリンフェスタを控え、初月 の試運転を兼ねて
彩湖に行っておりました。
イメージ 1

遊歩道まで水面は下がってましたが、小川が流れております。
この場所はこんな感じになってんですね。初めて見ました〜Σ(°₀° )
また、ここの水は比較的 湖より冷たくて気持ちも良かったりします。

イメージ 2
彩湖もアオコはまだない感じ。水質が改善されたのでしょうか?


イメージ 3
戸〇ヨットスクールが今日も陣取ってましたね。

イメージ 4

さっそく、初月を小川部にて進水させました。
イイ感じかなと思いきや、エッライ トップヘビーで舵を切ると傾斜が30度くらいになって転覆寸前!!

しかも、当て舵うっても 傾斜が戻らんときたもんだ。
調整していくうちにだんだん勢いも悪くなりまさかの電池切れ Σ( ̄o ̄ ;)

小川のやわらかな流れに流され・・・。
イメージ 5

まじかぁ…。

結局ぶっつけ本番で、もって行きます。

このままだと不完全燃焼になっちまうのでワイルドウィリー2で自動車部です。

イメージ 6
あんまりにも暑いので、サッカーグラウンドにはだぁ〜れもいません。

つーわけで、オモクソ全開で走らせておりました。
イメージ 7

ついでに遊歩道も
イメージ 8
ハンドル操作少しあやまるとポチャんですので、スリルあります。

戸〇ヨットチームがいた場所。
ここから滝のように水が出てたみたいで、訪れた時には水はとまってました。
イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 14



イメージ 13

結構な傾斜も登ってました。

ちなみにこの後、再び全開走行してましたが、フロントサスのビスが飛び走行不能に・・・。

どんだけ間が悪いねん!



おまけ

この昆虫は何ですかね?
イメージ 15

明日は千葉みなと 12時頃から集結さそうですよ〜。







この記事に

この二日間は突貫の突貫工事〜

仕事そっちのけで休みもキチンと取り〜の・・

買ったサーボが微妙にデカく、再びアキバまで走ったりとドタバタしてましたが…

どうにか、工事は完了です

今回のポイント

ニチモの秋月型は喫水線で分割したハルのため、上部外すとウォーターラインになったりします。
喫水線より上部をフタ、下部を箱と考え、下部と上部との接合部にプラ板を張り付け浸水対策を施します。プラ板の高さは大体1㎝程で高くしすぎると、上部が閉まらなくなるので注意!
イメージ 1


サーボ・動力部はタミヤミニモーターや浅草技研のサーボ。供に安価ですが今回の中で一番入手に苦労しました。
イメージ 2


スピードコントロールアンプは英国のバイパーマリーン。
防水で小型のこのアンプは「球磨」「雪風」に搭載済み、信頼度は抜群。且つ安価なのであります。
バッテリーは9vの充電式。
イメージ 3




バランスチェック。
イメージ 4



喫水線にもまだ余裕があります。
メカ類も喫水より下側なので、重心は結構低く納まりました。
イメージ 5

メカ配置は「雪風」と大差はありません
イメージ 6

上部構造を被せると ドンピシャ!

丁度喫水ラインをキープです。
イメージ 7

お次は公試ですなァ。

たぶん ぶっつけ本番になると 思ふ・・・。

だって明日は仕事〜。



この記事に

スクリュー製作

初月の復活に向けて船体を修繕中です。

QBは申し訳ありませんが、どうにか動くということで勘弁ください。


さて「初月」ですが、とりあえずはスクリュウの再生を行いました。

以前にマイロンさんより、金属のスクリュウを譲っていただきましたが、紛失すると怖いのでいつものように量産します。

イメージ 1

いつものようにカタドりまして準備開始
イメージ 2


プラリペアを流し込んで型から外したらリューターで削ります。
イメージ 3

リューターでバリを取り除いて形を整えたら、シャフト用の穴を空けます
スクリュウシャフトは2mmなのでドリルの穴を0.5mmより徐々に拡張して2mmにします
イメージ 4

スペアも考えて左右2個ずつ作りました。
イメージ 5

ニチモのキットのスクリュウよりプロペラの角度があります。
こっちの方が早いのか?
イメージ 6


イメージ 7
スクリュウこれにて終了!

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事