ここから本文です
大阪の精華高校演劇部のブログ。地域の方々に愛される演劇部を目指します。呼ばれればどこでも行きますよ!顧問と部員で更新します。

書庫日記

記事検索
検索

全176ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

 どうも。顧問です。
 久しぶりに更新しようと覗いたらサービス終了するらしい。
 まぁ、そりゃそうだ。
 blogよりSNSのほうがみんな開きやすいからね。
 時代の趨勢には逆らえませんな。
 いや、残念無念。
 最近すっかりご無沙汰なのは仕方ないけどな。ほとんど見る人がいなくても食レポとかやってたのになぁ。
 
 昔の写真や、初代会計の文章とか、1年に1回くらいはこっそり読んでたのになぁ。
 今日は沖縄公演のお知らせと、北海道公演のお知らせ。両方。

 とくに北海道は毎年恒例、チケットプレゼントやっちゃうよ。

 
イメージ 1

イメージ 2
沖縄!
初めての沖縄!
次にいつ行けるわからない沖縄!
ぜひ、お見逃しなく!

そして、北海道!

 これ、チケット先着50枚をプレゼント!
 お一人で3枚までプレゼントします。でも北海道在住の方のみ
 twitterで精華高校演劇部をフォロー、DMを送ってください。その後のやり取りでご自宅に郵送にてチケットを送ります!

 おはようございます。顧問です。
 OGがインフルエンザにかかりました。他のOB,OGに拡がらないことを祈りますが、私ののどが痛いのが若干気になります。
 数時間おきにリステリンでうがいをしてます。

 リステリンはすばらしいよ!

 差し入れにはリステリン!(ややウソ)

 さてさて、今週に入っていよいよ沖縄公演に向けて動き出しました。
 2年ぶりっていう人もいます。
 稽古してみたら、全然腕は衰えてなくて、新しい発見がいっぱい。
 自分自身が台本を読み直し、稽古から立ち上がってくるものを観て、新たな更新がありました。

 すごい面白い。

 2年前に、まだまだ無知だった自分に気がつきます。
 今の自分がきちんと成長していることにも気がつくし。
 それは生徒やOB,OGも同じで。
 ほんまに面白いものが出来上がっていくと思う。

 劇作家のオノマリコさん、私たちはリコさんって呼ぶことが多いのですが、リコさんの台本もどんどん進化していってる。
 初稿から持っていたので、初日は初めてその初稿を生徒に見せたのです。
 「え〜全然違う!」「ここはこうなってたのか〜」みたいな声もちらほら。

 中には、「何でこの台詞を削ってしまったんだろう?」というような台詞もあって、プロは奥が深いなぁ・・・と改めて尊敬。
 ミナミ1の時の写真を掲載しておきます。
 あの時とはまた、全然違うものが立ち上がってきます。
 
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5
 渥美が若い・・・。

 この時の1年生がいま、3年生として(卒業式は終わりましたが)出てます。
 うちは希望すれば3月31日(日)まで部員として活動しますので。

 続きはまた明日。

 どうも。顧問です。『笑ってよゲロ子ちゃん』無事に終演いたしました。

 そしてcorridor2019 素敵な小屋の四国四県演劇ツアー高知版 、精華高校『笑ってよゲロ子ちゃん』が終わりました。
 正直言うと、もっと上手くやれたのに!という悔しさがあります。
 でも素敵な戯曲に出会えて、それをたくさんの人に知ってもらえたのは、本当に良かったです。いつも 素敵な小屋の四国四県演劇ツアーにお声かけをしてくださる、城東高校の吉田先生や徳島市立の村端先生、そして加藤さん、澤さん、今回も無茶苦茶勉強になりました。ありがとうございます!
 精華高校の次回の四国上陸は4月の愛媛でございます!どうも!おおきに!

 何と言ってもcorridor2019 素敵な小屋の四国四県演劇ツアーに参加させてもらうようになって驚くのは、毎回挑戦的な作品が必ず観れるということ。
 実際僕が面白がって観ていても、生徒は全くついていけなかったり、逆もあったり。 色々な演劇を面白がれる下地を作っていることが、最近の四国ブロックの隆盛の要因なんじゃないかと思いました。
 うちの部員も極力、全作品を見ようと心懸けています。
 観劇後の生徒との意見交換はすごく面白いんですよ。
 

 今回の高知公演、蛸蔵には楽屋がない。
 で、思ったのが「楽屋がない」は大事かも知れないということ。
 地区大会でも楽屋の使用時間は制限していますが、結構籠もりきりになってしまうもんです。
 最悪のが場合、ホワイエでずっと打合せや稽古をしている学校があったりするわけですよ。個人的な意見を言うならば、もう、研究大会とか言わんと、「競技会」とかにすればいいんだよと思うのです。もうね、観ない人のために何で上演しなきゃならんのかと。無理矢理見せるのもどうかと思ったりはしますが、他校の上演も観ましょうね、お互いに観て勉強しましょうね、とか言ってんのに。
 話が逸れました。高知の話です。蛸蔵のような楽屋やホワイエがない状況だと、他校の上演を必然的に観るようになる。
 徳島市立、阿波、城東、高知南、自分達の上演後は片付けがあって、城南が観られなかったのが残念でしたが。
 そんなわけで、corridor2019 素敵な小屋の四国四県演劇ツアー、お近くで開催される際には絶対観に来た方がいいです。
 うちも含めて、粗いところもあります(リハ時間等を含めて)が、超面白いから。高校演劇界の『あらびき団』みたいなもんだと勝手に思ってます。

2週間前やねん

 そういえば・・・と考えていたら本番2週間前だった。
 卒業式翌日に出発してリハーサルなので、本当に実質2週間前なわけだ。

 高知の本番が終わったら、沖縄公演の稽古(再演だけどシリーズ3作)、並行して北海道公演の新作と公演ラッシュ。

 3年生の大半は沖縄公演を機に完全引退が多い。
 残る1年生も新年度2年生になって4月には愛媛、愛知と遠征が続く。

 その後は多分しばらくお休み、かな?

 HPFは出ない可能性も。
 
 新年度はコンクールを完全に軸から外すかもしれない。
 つまりはコンクールに出ないかも、と思っている。
 加盟はするけど。
 その、加盟すら、意味があるのかどうかわからなくなってきた。
 それは、まぁ、大人の事情というか顧問の独断なので、部員が不幸になることはしない(ここに書くこと自体がダメ?)。

 今年の作品の台詞に「好きな人と好きなことを好きなだけ、やればいいのだ。」というのがあって、まさに個人的にはその境地で。
 上記の1項目でも外れるなら、それはもう、無理してやんなくてもいいんじゃないかと思えるようになってしまったのですよね。

 素敵なことを考える新年度にしたい。
 元号も変わるし。
 まぁ、関係ないけど。
 

 どうも。顧問です。
 半年ぶりくらいのブログの更新です。パスワードを忘れてしまいログインできなかったので部員に任せ放しにしてたせいで、blogがすっかりお留守になってしまっていました。
 最近はSNSが多いですよね。
 blogの長々とした文章を読む人は少ないという。簡潔に言いたいことを表現するSNSの方が時代の要請に応えてるんでしょうね。

 でもまぁ、blogを閉鎖することは考えていません。色々書きたいことがあれば書こうと思います。

 で、卒業式が迫って参りました。
 そして翌日から高知へ遠征公演。
 『笑ってよ ゲロ子ちゃん』(作:兵頭友彦)を上演します。1年越しでよりたかった作品を上演することになりました。
 幸せです。
 そして稽古がいい雰囲気です。
 そういうのもまた、このメンバーで公演する最後かと思うと、寂しくなります。

 キャストは途中入部を除く生え抜きの3年生とGuest。
 スタッフが途中入部組の3年生。
 
 お近くの方はぜひ〜ミニシアター蛸蔵〜まで。
 
イメージ 1


 

全176ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事