『最近、つくづく思うけれど・・・』
弱い男が増えたと思いませんか?

何ヶ月か前だけど地下鉄で
女の子にふられた男が人前で泣いていた。

『俺が悪いところあるんやったら、直すから頼むから考えなおしてくれよ!』
ってそこそこの歳の男が懇願していたのを見た瞬間、呆れてものも言えんかった。

『ミナミ行ってみい、なんぼでも女の子おるがなっ!』

『20〜30人に声掛ける根性があれば一人や二人くらい引っ掛かるで!』
と思ってしまう。

それに『NO』ってハッキリと言えなくなった男が多い。
ただ、僕は何でも『YES』と答えれば良いという問題じゃないとは思うけれど、
たとえば、心が完全に『NO』なのに、それを表明しないのはダメだと思うよね。


僕は『NO』は拒絶ではなくて、自らの選択の結果を相手に伝えているだけだと思う。
『だから嫌なものは嫌っ!』 『ダメなものはダメっ!』ってハッキリと言わなきゃ
自分という人間がどんどん弱く、情けなくなり、自らの立場もどんどん弱くなってくる。


それにズルさを持った人間は、
そういった弱さを求めてやってくるものだ!
皆さん、周りを見回してみて下さい!


必ず弱い人間の周りにはズルい人間が集まっている筈!
弱い男が増えた理由として、『NO』と言えないことにあると思います。


次に権威のある人の意見や肩書きのある人の話を
イメージ 1
事実として簡単に認識してしまう。


人の意見やある種の話しって、その意見が事実とは違うかも知れないし、
もしそれが事実としても、真実とは違うかも知れない。


伝言ゲームって聞いたことがあると思いますが、
ある出来事を最初の人が見て、次の人に伝えます。
で、次の人は目隠しをしているので、自分の目である出来事は見ていない訳です。


出来事を見た最初の人に聞いたことを、また次の人に伝えていきます。
それを何人も何人も聞いては伝えるということを繰り返していくと、
最後の人が言ったことと最初の人が言ったこととは大きくかけ離れていることが多い。


これが伝言ゲームと言うのですが、現実世界もこれと同じで、
人は出来事をありのままに見ているようで、実は自分が見たいように見ているのです。


悲観的な人は出来事や物事の悲観的な部分を見ているし、
反対に楽観的な人は、一般的には辛く悲しい出来事であったとしても、
その中から気づきや学び、あるいは『人間万事塞翁が馬』の如き、
動じない能天気な一面を持っていたりする。


つまり人は出来事や物事を自らの主観でみて判断していると言うこと!
そしてその背景にはその人ならではの正当性があると言うこと!


すると唯一真実を知りたければ、人の目と頭と心を通さずに、
自らの行動によって知ることが大切ではないかと思う!
自らが率先して道を切り開き真実を見つけるといった気概と気迫が強い男をつくる。


最後に自分に甘く弱い男は目標があっても、目の前に壁が立ちはだかると
直ぐ諦めてしまったり、その場から逃げようと考えてしまうから
人間が何時まで経っても強くならない!


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

一昨日、『組織のDNA改革』を
実施したいと言っていた会社の社長が来ました。


抜本的な改革計画を打ちたてて
実施したが一向に効果が表れない!


で、相談に来られた!


まずはそのDNA改革に先だって
人材の改革計画をつくったと言うので
見せて戴きました。


おーっ! す、凄い!


人材育成のコンサルタントが作成したのかなーって思ったほどだ!


ただし・・・・・・・・


でもねーっ! 『仏つくって魂入れず!』みたいな感じに僕は思えた。
だって人材育成ってつまりガチガチの論理じゃなくって、
育成対象者の行動と行動の間にある感情をどのようにコントロールして、
会社が望む行動を一つでも二つでも増やすことが即ち人材育成ってことだ!


論理をどれだけ並べても人は簡単には動かないからね!
それは言葉で学ぶこともあるし、上司の寡黙な背中がしみじみと語る場合もある。
それに挑戦し、失敗して学ぶことも、小さな成功体験を積み重ねることによって
価値観が大きく変わった瞬間、大きな学びと成長を得ることだってある。


だから一言に人材育成って言っても、
どの層の現在、どんな状態の人材をターゲットとして育成するのか?


組織論からすると、組織で働く人たちは20%対60%対20%で構成されています。
具体的には、20%の人財、60%の人材、それから20%人罪。


つまり、20%の人財は指示されなくても主体的・能動的に動き結果が出せる。
また結果に対して自分で責任がとれる。
それはPDCAが自分自身の中で完結できることを意味します。

次の60%に人材は、可もなく不可もない状態の人たち。
また60%のうち、上位30%の人たちは、上昇志向がある人材だが、
下位30%の人材は指示されなきゃ、何もしない、そもそもやる気がない!


最後の20%の人罪は指示されなきゃ何もしないし、
言われたこともキチンとできない。


組織にとって超・お荷物的な人たち。


なので、人材育成ってまずは誰をといった
ターゲットを明確にしないと何もはじまらない!


そして次にそもそも、育成の定義は何か?
つまり、現在、どのような状態の対象者を
どのくらいの時間的コストとお金のコストをかけて
どのような状態までもっていくのか?


そして人材育成が成功したとして、それは具体的には
どのような行動を予見しているのか?


簡単な話、失敗を未然に防いだり、コストを削減する為に教育するのか?
いわゆる、それは守備固めなのか、あるいは挑戦する為の原動力を発動したいのか?


つまり会社の売り上げを上げる為の教育なのか?
それは攻撃の為の教育なのか?
によって明らかに育成のプログラムって違ってきます。


攻守の両方って・・・・・・それはかなり難しいと思います!
少なくとも僕の経験上、こんなことができたことは今までで、ニ回位しかない!
これは、ある3つの条件がバチッと整わない限り難しいのですね!


これができた会社は、まずは外部環境と、この会社の強みが乗算できたこと、
次にこのプロジェクトに参加した人たちが自分事だと捉えていたこと。
少なくとも全員が上位50%の人たちで構成されていました。


そして、それぞれの参加者間の知識ギャップが極めて少なかったといった好条件が揃った結果、
売り上げが上がり、コストが下がったという本来なら、難しい筈のパラドックスが解消された。


だけどね、普通はなかなか上手くいかない方が多いですよ!
何故なら、攻守の両方とも同時に上手くやるって、そんなの経営者側の論理であって
そもそも現場で働く側の人たちの論理じゃないんですよね・・・・・


そりゃ、売り上げをドンドン上げながら、コストを下げることが出来れば
理想なんだけど、そんなことを第一四半期や第二四半期でできれば
経営者なんて、何の苦労もなく、笑い過ぎて顎がはずれて
口腔外科に通院しなきゃならない!


なので僕自身、机上においての人材育成って・・・・・・
まずは組織の中の知識ギャップを埋めるところにあると思っている。


知識ギャップって言うのは勿論、業務に関する知識もそうだし、
計画の理解もそう!そして目指すべき理論の形や状態もそう!
具体的に何時までに誰が何をするのか?
そして責任の所在は誰にあるのか?っていうのもそう!


最後に理想が叶えば自分たちはどうなるのか?っていうこともそう。
だけれど常に組織の中には至る所に知識のギャップはある。


それは・・・・・それぞれが受けてきた教育や人生経験、あるいは環境かも知れないが、
それらの不足や未経験、それに第3者における強制や第3者における影響力や
自発的な気づきよって賢明な判断や効果的な行動が出来る人と
出来ない人の差が必ず生まれるからなんです。


組織のDNA改革なんていうものは、人材の知識ギャップの解消や
デファクト・スタンダードから生み出されるなのです。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

会社が倒産!

木曜日に税理士の先生のところへ行った帰り、天王寺に出てきたので、
本でも買って帰ろうかと思ったが、ふと昨年末、知り合いの社長から
電話があったことを思い出した。
 
気にはなっていたがこちらも色々大変だったので
なかなか時間が取れずに逢うことができなかった。
 
電話の内容は『もう会社がダメだ!』
『もう倒産するしか方法はない!』というものだったが、
声が比較的元気だったので、まさか本当だとは正直思わなかった。
 
駅で電話をして歩いて10分程で会社に着いた。
知り合ったのはもう12〜13年位前になるだろうか、
投資顧問会社を経営していてバリバリ稼いでいました。
 
僕らが一年かけて稼ぐ金額をたった一週間ほどで叩き出す。
超高収益でリスキーな仕事という印象だった。
 
当時の僕は投資顧問会社って聞いても、具体的に
何をしている会社なのか検討もつかなかった。
 
会社に着いて社長室に案内されて、暫くすると彼が来ました。
一年前に逢ったが、その時とはまるで別人のようでした。

当時、彼はキムタクのようなロンゲで若干、茶髪でハツラツとしていました。
それが髪の毛は真っ白で、まるで老人のよう。
 
流石にビックリして、『大丈夫か?』と声をかけた。
すると、『藤岡さん、もうアカン!』と言って泣きだした。
 
そして聞こえるか聞こえないか分からない位の小さな声で『もう死にたい!』
僕にはハッキリとそのように聞こえました。
 
『お前、今、何て言ったんや?』と尋ねたら、『もう死んだ方が楽です!』
 
僕は、彼に『お前とこ、顧問弁護士おったやろ!』
『電話して今すぐ呼べ!』
『弁護士ですか?』
 
『そうや、電話してみい!』
 
顧問弁護士も同じ天王寺に事務所を構えているので、一時間で会社に来ました。
一時間後、社長室で彼と僕と顧問弁護士の三人で話をした。
 
それで決算書を見ると売り上げ総利益の割に販管費が高すぎる。
売り上げは大した金額でもないのに家賃や人件費・広告宣伝費・
販売促進費などが高すぎる。
 
こんな状態でやっていける筈も無く・・・・・・
そりゃ昔は儲かっていたんだろうけれど、上昇局面の経験というか、
儲かっている頃のインパクトが強すぎて考えられる財務状況の中で
極端な思考になってしまったと思う。
 
そりゃ以前は売り上げも驚くほど高かったとは思うが、だけど、
ここ4〜5年は営業社員の殆どが純然たるコストでしかない!
 
会社に利益を上げているのは全社員の3%以下
どちらでもない社員は67%、あとの30%の社員は完全な給料ドロボーだ!
そりゃ、こんな状態では続けるのは物理的に無理!
 
顧問弁護士が来てから2時間話をした。
弁護士は『藤岡さんは、どう思われますか?』と聞くから、
『僕がどう思うかって?あんた今までいったい何を見てきたんや!』
と言ってやった。『もっと早期に手を打つべきやろ!』

まあっ、弁護士に言ったって彼らは法律のプロであっても
経営のプロじゃないから仕方がないが・・・
 
会社が斜陽化してきてから新しい事業にも手を出したが、
それも思うようにはいかずにどんどん経営が悪化してきた。
 
僕は・・・・・・
 
======================================
もうこれ以上はハッキリ言って無理やろ!
今ならまだ選択肢はあるが、しかし、時間が経てば経つほど、
選択肢は今よりも確実に少なくなる。
 
『会社の倒産』と『自己破産』が今のお前にとって
別に楽な道を選択するということにはならない!
 
当然、社会的にかなり厳しい環境にはなるけれど、だけど次につながるであろうと
思われる選択をすることによって、残りの人生で一度失った信用を取り戻し、
再び社会に貢献できるチャンスがある選択を社長である人間はすべきだと思う。
 
ましてあ、死ぬ方が楽だとお前が本気で考えているのなら、本当にそう思うのなら、
過労死するつもりで働いたってそれは同じじゃないか?

毎日、毎日、働いて、働いて命の限り働いて、もしそれで本当に過労死できたのなら、
それで本望だろうし、同じ死ぬにしたって、そっちの方が魂や命が輝くんじゃないのか?
その命、社会に貢献してからでも遅くはないやろう!
=======================================
 今後、大阪は経済の気候が熱帯から北極圏に変わり、
三分の一の中小企業が倒産するらしいです!
 
社長業なんかやっていると常に倒産という二文字はつきもので、
いつ何時、そうなるかなんて分からない。
僕だって今までにそんなことは何度もあった。
 
だけど、どのような状況になったとしても、選択肢はいくらでもあるということ。
考えれば、考える程、そして知識があればある程、常に選択肢は複数ある。

だからこそ社長は現在進行形で学び続けなきゃいけない。
何故なら社長って公的な器だからです。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

今朝方、運転代行の仕事が終わり、
またしても自宅に帰るだけのエネルギーが
残っていなくて事務所のソファーで寝てしまった!


周りの人たちは皆、口をそろえて歳には勝てない・・・
と言うけれど、ホントそうかも知れない!


でもね、僕と同い年の人からすれば
基礎体力も運動能力も絶対に高いと自分では思っている。


アキレス腱を断裂したり、股関節脱臼や膝の十字靭帯や側副靭帯を損傷しているので
思い切り走ることは多分、難しいけれど、それでも少しトレーニングをすれば
今でも10キロや20キロはユックリなら走れる自信はある。


自信はありますが、実際にやってみないとねーっ?・・・・・・分からないですけれど?


力にしたって今まで息子との腕相撲は全戦全勝だ!
だいたい56歳のオヤジに23歳の現役のアスリートが負けることの方が
絶対におかしいと思うが・・・・・・・・


なので自分が出来ない理由を絶対に歳のせいにだけはしたくはない!
自分はもう歳だからとか、もう56歳だからとか、それだけは言いたくはなかった。


男は痩せ我慢が絶対に大切だと思うし、
痩せ我慢こそが僕は男の美学だとも思う。
イメージ 1

ほらっ! 昔から『武士は食わねど高楊枝!』
とか『心頭滅却すれば火もまた涼し!』なんて言うでしょ!
きっとこれもある種の痩せ我慢ですよ!


昔ね、外車屋をはじめた頃、お金がなくてお昼ごはんを食べられない!

めちゃくちゃお腹が空いているんだけど
他人から同情されるのが大嫌い!

『藤岡、お金ないんやったら、飯でもおごったろか!』
そんなことを天井から偉そうに言われるくらいやったら、
僕は迷わず、何も食べないで餓死する方を選択する!


で、当時の僕は実際にお金がなかったので何も食べていないけれど、
お昼から焼肉ランチを食べてきたように社員の前では
楊枝をくわえて『あー!食い過ぎた!』と言っていました。


つまり気位というか精神性の高貴さですよ!
ここに男は美学をもって活きなきゃいけないよね!
男だからね、武士(もののふ)ですよ。


それに僕は他人におごってもらうのが嫌いな性格
おごってもらって、儲かったとか得をしたなんて絶対に思わない!
男芸者じゃないのだから・・・・・

おごってもらえば、おごってもらった相手に必ず大きな貸しが出来る。
その貸しを返すまでは、その人と対等じゃないような気がしてしまう!


もうひとつ、美学と言えば、毎日の生き方、過ごし方も大切だと思っています。


昨日もね〇〇急便のアルバイトの日だったけれど、
配達とか集荷のお手伝いをするので荷物を下ろしたり積んだりするのだけれど、
本当は駐禁対策の横乗りだから、トラックの横に乗っているだけで、
何もしなくてもいいと派遣会社の人は言うけれど、でも僕は自分ができることは
精一杯やろうと思う!


それは自分がシンドイとか楽、損とか得とかという問題ではない!


僕自身は、アルバイトとはいえお金を頂戴しているのだから、
傍を楽にして当たり前だと思っているので少しでもドライバーさんが
楽になることが、僕にとっては、それが働いているという根本理由になる。


精一杯頑張っても一日、サボってダラダラ過ごしていても同じ一日なら
僕は、常に自分に厳しく、そして楽しくありたいと思う。


自らの心にとって有意義な一日を繰り返していくことによって
誰にどう思われるのかではなく、そして評価される、評価されないと言うことでもなく、
自らの心の輝きがどんどん増していくと思っています。


一日、頑張った自分は自分が誰よりも知っているし、
適当にいい加減な、一日を過ごした自分も自分が知っている。


毎日の『生き方』と『過ごし方』って至極大切で、自分自身と闘って勝利した
一日を繰り返した人と、自分との戦いに敗れることを繰り返した人の差って
そりゃ歴然としていますよ!


顔を見りゃ、直ぐに分かりますよね!


昔、機器メーカーで働いている時、上司がよく言っていました。

_________________________
仕事と労働の違いとはいったい何だ?

労働は言われたことをやるだけ!

仕事とは言われた事に対して
プラス10%以上の付加価値を付け加えることだ!

あるいは何も言われなくても傍を楽にする為に
自らが一生懸命に考え、動くことだ!

反対に言われたことしかやらない!
言われたこともやらないでは、それは自らの人生を
どんどん奈落の底へと追いやっていく、
まさに自虐行為に他ならない!


魂が輝かないばかりか、目もうつろになり、思考は停止し、
大凡人間とは言い難い猿人のような様相になってしまう!

__________________________


で、ドライバーさんからは『藤岡さん、到底、56歳には見えないですよ!』
『現役のドライバーよりも力ありますし動きもパワフルですよ!』って煽てられて
喜んで、ますます頑張っています。


昨日もはじめてのドライバーさんだったけれど、
気遣いもして戴き、本当に楽しく、一生懸命の一日でした。
ただ、その後がグタッとなる。


ここだけは男の美学だけではなかなか乗り越えられない厳しい壁やねっ!
でも、『50歳を超えれば歳には勝てない!』って言われている意味が
なんとなく分かるような気がします!











この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

今年は少し違うよ!


この間、運転代行の乗務員さんの面接をしました。
茶髪且つロンゲにクリクリのパーマ、
おまけに口髭とあご髭という体です。


みなさん、どう思いますか?


恐らく以前のというか去年までの僕なら、完全にアウト!でした。
そもそも体育会系の僕にとっては茶髪、ロンゲって??????
絶対にありえないし、『頭のネジ緩んどるんか!』ってなってしまう!


そんな奴が入ってきたら、今までだったら、
まともに話もせずに睨みつけていたと思う。


しかし、今年は少々違いますよ。
おおらかになったんです!(笑)


確かにサービス業にとっては不適切な髪型だと思うけれど、
でもねーっ、これって僕の主観だし、もし、僕の主観が仮に正当だったとしても、
正当性だけで運転代行の仕事が上手くいくのかといえば
今までいかなかった訳だから、それってやはり僕自身が変わるというか
考え方が運転代行という仕事の有効性とマッチした考え方へと
成長していかなければ以前と同じになってしまう!


運転代行の仕事をしてからつくづく思うことがあって、
それは何かと言えば、世の中には正しい・正しくないって思うことが
イッパイあるけれど、でもその正しさや正しくないと思うことが、
本当に有効なのか?ってことなんです。


今までの僕の社会人経験からして
面接にスーツとネクタイで来るのが当り前。


つまり僕にとっての正しさなんですけれど、
しかしIT関係の仕事ならジーンズとか
なんならジャージでも一向に問題がないというところもある訳だから・・・・・

※ IT関係の仕事をしている友人が言っていました!

そうすると業種や業態によって
服装の正しさなんて特定の解がないですもんね!


僕らは、そのあたりのことを常識だから・・・・・・・といって正統化してきたけれど、
その系譜が今も通用するのかと言えば難しいところもある訳で・・・・・

それでも今までずーっと、『そんなの社会人として当たり前の常識だろう!』

って言ってきたけれど、彼らにとって・・・・・・
『いやっ、常識って一体誰が決めたんですか?』

『藤岡さんが言っている常識って何時の時代の常識ですか?』

『あなたは体育会系で精神論の時代に育っているけれど・・・・・・』

『今はそんな時代じゃないですもんね!』
って言われれば、その通りですからね!

イメージ 1
なので、私、藤岡雅幸はここに宣誓します!

今年こそは大きく自らを進化させて、
『常識じゃ!』『当たり前やろボケなす!』
なんて心の中で思わずに水や空気のように
自らを変幻自在に、そして友人や知人に
アホと言われようがお前、頭おかしくなったんか
と言われようがアース運転代行を社会や
お客様一人ひとりにとって意義のある
社会的事業へと成長させていくことを誓います




この記事に

開く コメント(3)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事