全国青年大集会ブログ

2013年10月20日(日)、大雨の明治公園で全国青年大集会2013を開催しました。#ホントは言いたい

お知らせ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全11ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

本集会前半の様子が、youtubeにアップされました。ぜひご覧ください。

↓↓動画はこちらから↓↓
http://jp.youtube.com/watch?v=00yiezXbbAE

この記事に

開く コメント(1)

実行委員会ニュース16号を発行しました。

内容は
―顕颪修里發里涼羶函∋臆端圓隆響

⇒眛の国会要請のようす

データはこちら↓

http://briefcase.yahoo.co.jp/bc/seinen_koyou_syukai/lst?&.dir=/&.src=bc&.view=l

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

5日にひらかれた「全国青年大集会2008」は、4600人の参加で成功しました。マスコミも多数取材し、NHKが航空撮影のためにヘリを飛ばすなど、社会的な注目もあつまりました。
 午前中の分野別交流会では、保育や建設、派遣労働者、教育や仕事と子育て、地域での仲間づくりなど、14のテーマの交流会がおこなわれ、それぞれ100人前後の参加者が車座になって交流。「交流テント」のコーナーでは、「もやい」のコーヒー販売や「まいたけ汁やとれたてのお米で作ったおにぎりが好評」(農民連青年部)、「商売や企業の相談にのった」(全商連青年部)など、それぞれの団体の特徴もいかした出店もありました。

たたかいの当事者らが発言、会場からエールが

 本集会では、大阪の松下プラズマディスプレイの吉岡力さんが、大阪高裁で逆転勝訴を勝ち取った報告をすると、参加者から大きな拍手が寄せられました。日亜化学の島本誠さんらJMIU日亜分会の6人は、「派遣法を抜本改正し、労働者を保護する真の法改正が必要だ。私たちは、力のつづく限りがんばりたい」と力づよくうったえました。首都圏青年ユニオンの仲間たちといっしょに発言した「ショップ99」で「名ばかり店長」をしいられた清水文美さんは、「苦しくて、あげた手をつかんでくれたのが、青年ユニオンだった。私たちに課せられていることがあるとすれば、それはつながること」と発言し、若者が連帯することの大切さをうったえ、会場からは共感のエールが送られました。

 今回の集会では、「ガテン系連帯」「新聞ワーカーズユニオン(元ヘラルド朝日労組)」「キャノン非正規労働組合」など、ナショナルセンターを超えた共同が広がりました。また、昨年になかった土建関係や新日本婦人の会との連携もうまれています。政党からは日本共産党の志位和夫委員長があいさつ。リレートークでは「BABY」の岩上愛さんや作家の雨宮処凛さん、全国の仲間が登場しました。最後に、集会アピールと派遣法の抜本改正をうったえた特別決議を採択し、会場一体となってジェット風船を打ち上げました。

 その後は全国から集まった参加者が、「青年をモノ扱いするな!」「過労死したくない」などの思い思いのメッセージを書いたプラカードをもってアピールウォーク。表参道や渋谷駅前を、ロックを鳴らしながら歩くと、歩道を歩いていた青年らが手を振って応援するなど共感がよせられました。


【参加者の感想】
・つらい状況にありながら、勇気をもって立ち上がった人たちの発言を聞いて本当に勇気をもらいました。日本中のつらい思いをしている仲間たちのためにも自分の出せる限りの声を出して行動したい。(静岡)

・ふだんは自分の能力がないから、とあきらめていることも話し、聞いてくれる場所があり、それを社会にうったえて変えていける場があるんだと思えて力強く感じた。(奈良、看護師)

・4600人の、出身も仕事も違う人たちの願いは同じなんだと思うとなんだかジーンとした。パレード参加は人生初めて。目を点にして見ていた通りを歩く青年も思いは同じはず!」(兵庫)

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(1)

毎日インターネットニュースより転載

 非正規雇用が増える中、生活に困窮する若者が増えている現状を知ってもらおうと、「全国青年大集会」が5日、東京都新宿区の明治公園で開かれた。派遣労働で働く若者らが加入する「首都圏青年ユニオン」などの労働組合や大学自治会などが主催。若者約4600人(主催者発表)が参加し、「若者にまともに生活できる仕事を」と訴えた。

 集会では、日雇い派遣で働く千葉県の前田奈津恵さん(26)が、夜中まで翌日の仕事の紹介がなかったり、休憩時間なしで働かされる現状を報告。「若者の貧困と雇用破壊は選挙の大きな争点。人間らしく働きたいと声を上げよう」とのアピールを採択した。参加者は渋谷駅までデモ行進し、若者雇用の現状をアピールした。【東海林智】

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(2)

大変遅くなりましたが、集会翌日の厚生労働省・国会議員要請行動の詳細についてお知らせします。

●集合日時

10月6日(月) 10時開場 10時半開始(〜16時まで)

■要請内容
 要請趣旨と派遣労働の特別決議署名、集会アピールを手渡し、青年の実態と要求を伝えます。国会議員には、署名の紹介議員になることを要請し、厚生労働省には、要請項目に沿って要請を行う予定です。

■タイムテーブル
10:00 開場(衆議院第1議員会館第1会議室)

1030 事前集会
あいさつ
国会情勢報告【日本共産党・穀田恵二議員】
各地からの発言・決意表明
要請行動の説明・グループ分け

1130 昼食を取りながら相談

1300 要請行動
全衆議院議員と厚生労働省

1500 事後集会

感想交流

まとめ
1600 終了・撤収

■省庁要請
○13時〜14時(集合12時45分)
○厚労省本省1階共用第4会議室

■議員要請
○各県からの参加者が地元議員に回れるようにしようと考えています。

以上、よろしくお願いします。

この記事に

開く コメント(0)

全11ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事