ここから本文です

書庫全体表示

鴻巣市に行く用があり、昨年の第12回埼玉B級ご当地グルメ王決定戦(会場・草加市)において優勝した「川幅うどん」を食べることにしました。

イメージ 1

たまたま行ったところに一番近いお店だっただけで入ったのですが、正解でした。
天付き川幅うどんを注文です。

イメージ 2

本当に幅広の饂飩でした。

イメージ 3

端から食べようとしたのですが、どうやら一枚だったようです。「ひもかわうどん」のような饂飩と思っていましたが別物です。
よくこの薄さで打てるものだと、まずは感心です。

私は腰のある饂飩が好きですが、これは別物として食べる食品ですね。腰の強い饂飩を打つことが出来なければ不可能です。
京都風でしたら、絶対無理でしょう。

味は私好みです。
大根おろし・七味とショウガを入れて食べますが、うっかりショウガを入れすぎました。少しずつ入れましょう。

かと思うと一緒に行った友人は「もっとショウガがあれば良かった」と言っていました。好ですね。

さて、なぜ川幅うどんなのでしょう。
実は鴻巣市と吉見町の間にある荒川の川幅が、日本一広いことが分かったことにより、付けられネーミングです。

私が高校の頃(約五十年前)、オートバイで渡ったことがありましたが、ずいぶん広いな〜と思ったものです。

今のように土手の上から広い橋が架かっていたわけではありません。
河原に出て、ずっと狭い橋を渡りました。大雨の時は冠水して渡れず、ずっと遠回りをしなければならない所でした。
ここだけではなく、あちこちがそうだった覚えがあります。

※私の住む地元飯能市の「飯能すいーとん」はこの時(B級グルメ)9位でした。残念ながら無理もないと思います。でも美味しい饂飩屋さんはいっぱいあります。

 
小松や 鴻巣市箕田4040-3 月曜休み
048-596-3564
 

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事