ここから本文です

書庫全体表示

妙見寺 高崎市引間町

妙見菩薩と平将門公を調べ始めたのが十数年前でした。その頃と5年以上前にお参りに来ています。
妙見菩薩資料集  link  

天台宗妙見寺  群馬県高崎市引間町213  地図

イメージ 1

イメージ 2

千葉妙見大縁起にある平将門、平良文の前に現れた七星山息災寺(現・天台宗妙見寺 高崎市引間)妙見菩薩。
染谷川の浅瀬を渡るところです。

イメージ 7

妙見寺前の妙見菩薩が現れた染谷川ですが、千葉妙見大縁起とイメージが重なりません。 地図 
以前以前書いた大縁起展のブログ  link    

看板中に書かれている「総社長尾氏」は平良文の子孫ですから、当然妙見菩薩への信仰を持っていたはずです。
長尾家は山内上杉家とともに長尾景虎を頼りました。

上杉謙信(長尾景虎)とも同族です。景虎が上杉家の養子となったのも総社長尾氏との関連もあったと思います。
謙信も妙見信仰がありました。

イメージ 9
妙見前の染谷川

左が妙見堂(本尊妙見菩薩)、右が本堂(本尊・釈迦如来)

イメージ 3

イメージ 5

イメージ 4

とても素晴らしい建物です。彫刻も見事です。

イメージ 6


イメージ 8
古い妙見寺のお姿札

妙見堂の西隣に歴代住職のお墓がありますが、その脇に石祠が集められています。
埼玉では見かけることがない形をしています。

イメージ 11


ここにお参りに来ると必ず寄るのが妙見茶屋です。
県内に数店舗ある本店です。
初めてここに来たとき、ここの女将さんが「妙見寺は住職が来てから、ずっと良くなりました。」と話していたのを思い出します。
無住の時代が長かったようです。

イメージ 10

ここに来ると必ず酒まんじゅうを買って帰ります。
私の地元にもありますが、地元と風合いが違って美味しいです。

次回は、すぐお隣の「上野国分寺跡」です。


この記事に

  • 顔アイコン

    セイショウぼう様、お疲れ様でした。
    千葉妙見大縁起の流れが強い場所なんですね。

    しかしセイショウぼう様には色々案内されて
    しまいますな。さいたまの反応は薄いので
    あまり心象は良くなかったのでしょうか?
    ちょっとそれが気になり調べていたら、
    坂東市でも将門公の展示会などされているようですね。
    終焉の地ですから当然ですが、しかしそう考えると
    千葉の千葉氏に対する情熱が伝わってくる一方、
    坂東市は市役所で聞いた際も、延命院を聞いた際も
    情熱を感じませんでしたね。むしろ神田明神等
    東京の方がまだ伝わってきます。

    茨城は観音様の御開帳の時に腹をくくって行こうかなと
    あまりに交通便が悪いので歩きには
    厳しい地な物ですから・・・ 削除

    [ ]

    2016/11/4(金) 午後 6:48

    返信する
  • 顔アイコン

    > 砕さん
    埼玉は以前当寺ホームページのブログに多く書いています。一部削除もしました。事情があって平行して書いていたYahoo!にしています。

    坂東市になる前に各市、町はもう少し熱心にしていました。
    やはり、予算が取れないからでしょうね。
    各寺社は維持するだけで大変な時代になっています。廃寺廃神社が増えていくでしょう。

    さらに川が決壊したりして、復興するだけでも大変だと思います。
    ニュースで見ていたら、行った所が決壊場所の中でした。

    [ セイショウぼう ]

    2016/11/4(金) 午後 8:25

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事