ここから本文です

書庫全体表示

当寺のブログ記事が、どのように検索で出て来るか見ていました。

すると他のブログですが『考える葬儀屋のブログ』を発見しました。


下の画像はイメージです。

イメージ 1
ある葬儀紹介サイト「小○○○○式」の記事には、本当に呆れていました。
いくらいくらでできますが、実際には直葬(火葬のみ)でありながら、堂々とトップページにあります。

ある方が檀家さんになる前、安くお葬式ができると思って依頼すると、紹介されて来た葬儀社が、まったく異なる金額を提示したそうです。
今は追加料金なしの文字が、削除されているようです。
だったら、私が紹介する葬儀社の方が、遙かに豪華で安いです。
ただし、そのブログに当寺を悪く書かれないよう、願っています。

他の葬儀屋さんも、そのからくりを書いていました。
紹介する葬儀社からは、15%のバックマージンを取るだけが目的の会社だったようです。
消費者庁からも処分されています。link

さらにブログを読んでいくと、どうも親会社は大手葬儀社です。
平気で嘘をつく会社です。遺体の自宅搬送のみといいながら、疲れ切った家族の家に居座り、なんとしても葬儀を受注するまで帰らない、合い見積もりすると実際の支払いは倍以上など、トラブル続出です。
支店のないところ以外は、その大手子会社が出向くのでしょう。

そのような会社が、たくさんありますので、気をつけてください。


「考える葬儀屋のブログ」には、面白い記事が書かれています。
為になる記事がたくさんありますので、読んでみてください。


  • そんな悪質な業者さんがおられるんですね
    大手でも信頼できないんですか……
    お仕事ですから、収入は必要だと思いますが。
    人の御不幸に漬け込むなんて、どうかと思います。
    教えて下さって、ありがとうございます

    [ みもざ ]

    2019/7/6(土) 午後 0:14

    返信する
  • 顔アイコン

    > みもざさん
    大手だから給料が良いわけではありません。
    そのためにアルバイト(こっそり僧侶の斡旋など)をしている人もいるようです。
    実際、話を持ちかけられたこともあります。

    かなりヨレヨレの服を着たり、フケだらけの担当者もいます。
    チャンとした教育をしてない証拠ですね、

    会社からの締め付けが多いために、嘘を言って無理矢理仕事を取る担当者もいました。

    [ セイショウぼう ]

    2019/7/6(土) 午後 1:52

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事