ある内科医の嘆息

30代内科医-うつろいゆく医療行政の狭間に漂う

嘆息を終える

ある人から言われ、この「ある内科医の嘆息」のブログ更新をこれにて終わることとする。

ある人曰く「ついに嘆息の時代は終わった」と。
私も40歳になった。ポジションもこれまでとはまた変わった。
ただ嘆いてばかりいていい、というわけではなくなった、のだろう。
嘆くべき対象が無くなったのではなく、嘆いてばかりではいられなくなった、ということだろう。

このブログもまた、これまでのように匿名で、言いたいことを放言するだけのものであるならば、意味はないし、影響もないし、害あるだけだろう、ということなのかも知れない。


最後に、駄文・駄作に時にはコメントし、おつき頂いた方々に御礼を申し上げます。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事