ある内科医の嘆息

30代内科医-うつろいゆく医療行政の狭間に漂う

全体表示

[ リスト ]

訃報にうろたえる…

今日、突然、いろいろとお世話になった医師の訃報に接し、しばしうろたえている。
まだ55歳に届くか届かない年齢だろう。
開業して5年ほどたった開業の先生だ。

以前、勤めていた地域の中心の病院におり、その地域における指導的立場としていろいろと教えて頂いた。ご冥福をお祈りしたい。
最近、50歳前後で亡くなる同業者の話を多く聞く。

病気、突然死、事故、自殺…理由は様々だが…40歳〜55歳までの間で散見される。
そんなことから考えると自分の寿命も案外そんなものかも知れない。
医者の不養生だし、最近メタボだし…。
人生は一度しかない。
死ぬときは一人だ。
後先考えて、円熟味のある老後を…なんて考えは一見、無駄なことのように思える。
悔いの無いように生きたい、そう思った。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

ご愁傷さまです。
SEITA先生は30代でいらっしゃいますが、50歳ってあっという間です。あと10年少々位ですか。40際代が早いです。
同じ癌でも、40〜50代の方はすぐ亡くなって 驚かされます。70歳を超えた方の癌は、その後15年以上も生存されたり。
分かりませんね。人生って、長短ではないとは思いますが、悔いの残らない人生は、結局長く生きないと達成できないような気もいたします。開業されて5年ということは、悔いだらけでしょう。
100歳近くまで生き、周りが「大往生だったね♪」って笑って送ってくれるまで生きるのも・・・(国策に反する(-_-;))
せっかくの命、自殺だけはしてはいけないと思いますが、生きているのも辛いということもありますしね。
(子育てが終わったら、ちょっと楽になり、いつ死んでもいいって思えますよ♪)
明日はない命、と思って今日を生きる
というのが理想ですが、現実はいつまでも続く命のような気がして、
20代のころから全く成長していない自分がいます。
仕事がら死には慣れているはずですが、知り合いや親族の死は、冷静ではいられないですよね。

2009/3/29(日) 午後 2:52 [ みみ ]

顔アイコン

コメント有り難うございます。

はい、でももうじき不惑の40歳になってしまいます。
未だに惑うことばかりなのに…。

見かけは年をとりますが正直中身は研修医時代でストップですね。いえ、医療技術は比較にならないのですが、その本質的な部分では、ということなのですが…。
時々、午前様で飲み会があった翌日なんかに思い知らされます。

2009/3/29(日) 午後 4:56 seita


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事