清田監督のときどき日記

陸上競技に携わるコーチのブログです

全体表示

[ リスト ]

岩手県北上で開催されている北東北総体陸上競技女子100m決勝において
 
土井杏南(埼玉栄1)が向かい風1.0mの中、ただ一人11秒台でゴールを駆け抜け、
 
11秒88(-1.0)で優勝しました。
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【女子100m決勝】 風-1.0 8月4日 北上陸上競技場
 
1位 11.88 土井  杏南(1) 埼 玉・埼玉栄
2位 12.02 木村   茜(3) 京 都・京都橘
3位 12.05 青木  益未(2) 岡 山・創志学園
4位 12.05 野林  祐実(1) 熊 本・九州学院
5位 12.15 島田  沙絵(2) 長 崎・長崎南
6位 12.15 杉山  遥香(3) 神奈川・相洋
7位 12.18 馬場  紅海(3) 神奈川・相洋
8位 12.19 山田  恵里(3) 愛 知・中京大中京
 
本人の感想
 
「100mで日本一をとることができました。
 
世界ユースの反省を生かし、気持ちの面で余裕を持って走ることができました。
 
日本一になることしか考えていなかったの優勝できてホッとしています。
 
記録のことは考えず、勝つことだけを考えて走りました。
 
今日の自分の走りは良かったと思います。」
 
 
北上競技場は常に向かい風が吹くので
 
その対策としてフランスから帰国後、スタートの飛び出し角度を若干修正して
 
北東北総体に臨みました。
 
 
短い期間でスタートの飛び出し角度を修正し、
 
決勝でそれをやってのけた土井杏南の能力の高さを感じます。
 
 
何より、「勝負に対する気持ちの強さ」はずば抜けています。
 
この気持ちの強さ(モチベーションの高さ)が彼女の速さの原動力になっているように思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事