清田監督のときどき日記

陸上競技に携わるコーチのブログです

全体表示

[ リスト ]

世界ランク10位

来年8月にロンドンで開催させるオリンピック出場を目指す日本女子4×100mRチーム。
 
 
 
出場の条件は世界ランキング16位以内に入ること。
 
 
 
3か国以上の国が参加した競技会で出した記録の2回の平均タイムの上位16チームが
オリンピックに出場できます。
 
 
 
詳しくは下を読んでください。
 
a. There shall be a maximum of 16 qualified teams in each relay event, based on the aggregate of the
two fastest times achieved by national teams in the qualification period of 1 January 2011 to 2 July
2012. For the results to be valid for qualification purposes, a minimum of three international teams
must compete in the race.

b. A total of six athletes may be entered for a relay team. Should an NOC have entered individual
athletes and a relay team in the same distance, the entered individual athletes (including the
eventual reserve) must be included in the total of six athletes entered for the relay events.

c. The deadline for national relay teams to record qualifying performances for the Olympic Games
Athletics competition is 2 July 2012. On 3 July 2012, the final rankings (top 16 teams) in each of the
relays will be published on the IAAF website. The IAAF will inform the NOCs of each of these
national teams of their eligibility to compete in the Olympic Games relay competitions.
 
現在、2回の平均で日本は世界ランキング10位
 
1位 アメリカ 41.75
2位 ジャマイカ 41.97
3位 トリニダードトバコ 42.54
4位 ウクライナ 42.57
5位 フランス 42.65
6位 ナイジェリア 42.84
7位 ロシア 42.86
8位 ブラジル 43.01
9位 ドイツ 43.34
10位 日本 43.52
11位 コロンビア 43.60
12位 オランダ 43.67
13位 バハマ 43.68
14位 オーストラリア 43.74
15位 イギリス 43.76
16位 ポーランド 43.83
 
まだ安心できませんがいい位置にいることは確かです。
 
 
 
決勝に残るには福島千里さんに続いて
11秒2台がもう一人、11秒3〜4台が2人必要になってきます。
 
 
 
2011 日本100mランキング
 
1 11.24 福島千里(ハイテク)
2 11.43 市川華菜(中京大)
3 11.44 渡辺真弓(東邦銀行)
4 11.53 高橋萌木子(富士通)
5 11.60 土井杏南(埼玉栄高1)
6 11.62 岡部奈緒(MTC)
7 11.64 和田麻希(MTC)
8 11.65 北風沙織(ハイテク)
 
 
 
この冬期の努力次第でオリンピック出場、決勝進出も可能になってきます。
「なでしこにつづけ」と女子のパワーを思いっきり発揮させて夢を現実にしてほしいと思います。
 
 
 
がんばってください。
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事