清田監督のときどき日記

陸上競技に携わるコーチのブログです

全体表示

[ リスト ]

thinking and feeling

thinking and feeling
考えて(意識して)走るから感覚的に走るへ
 
 
最近、そんなことを考えています。
 
 
思い返すと
昨年、土井の調子がよかったとき、
「何を意識して走っているの?」と聞くと「前へ前へ」とか「スーッと」とか
感覚的なことばがよく返ってきました。
 
 
怪我から復帰後、
土井本来の走りを取り戻すために足がつくポイントを意識したり、
マーク走でストライドやピッチを意識したり、
低い姿勢を意識したりするなど
ビデオを撮影して確認し、
速く走るために考えに考えて練習していました。
 
 
しかし、
結果として頭で考えすぎて
走りがはまらない状態が続いていたように思います。
 
 
 
そこで最近は考えることをやめて
土井杏南の感覚を大切に
何も考えずに本能を信じて
走るようにしています。
 
 
からだの中から湧き出てくる土井本来の走りをする。
それがねらいです。
 
 
今日は本当に久しぶりにSD60mを測定しました。
土井は
福島千里選手(北海道ハイテクAC)の持つ日本記録7秒29を上回る
7秒22というタイムをたたき出しました。
土井杏南の持つ本能の走りが戻りつつあると言ってもいいでしょう。
 
1本目は7秒39
2本目は7秒22
そして
3本目は7秒29でした。
 
日本記録、日本タイ記録を練習で出してしまいました。
 
 
最後のインターハイに向けて
土井杏南!エンジン全開のときが近づいています。
 
 
 
 
 
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事