清田監督のときどき日記

陸上競技に携わるコーチのブログです

全体表示

[ リスト ]

成高と合同練習

練習の独自性が強いためかもしれませんが
我々と合同練習を希望する学校はめったにありません。
 
インターハイを直前に控えたこの時期、
成田高校の監督に就任した中原先生から
突然、合同練習の依頼がありました。
 
 
中原先生は自分が中学教員時代からの友人で、
うちの前田先生の中学時代の恩師にあたります。
また、前田先生は成田高校の出身なので部員たちは
後輩にあたります。コーチをしている旧姓日色先生も
前田先生の後輩です。
成田高校は400mの全天候トラックを持っていて
めったに外に出て合同練習をすることはありません。
また、中原先生自身もあまり外に出て合同練習をするタイプではありません。
そんな中原先生の依頼ですから
きっと何か狙いがあるのだろうと推察し、OKしました。
 
成高は女子だけで埼玉栄高校に訪れ、 
練習は8時から埼玉栄高の創始グランドで行われました。
 
 
練習内容は
マイルブロックが500m+20m加速しての50m
ヨンケイブロックは20m加速しての50mとスタートダッシュ。
跳躍ブロックは20m加速しての跳躍練習。
 
 
栄の女子だけの練習は独特のムードがあります。
中原先生も何かを成高の女子に伝えたかったのだと思います。
 
 
500mはインターハイに共に出場する選手たちで行われ
試合さながらの走りでした。
500mの走り方は独特ですが、成高の選手たちもしっかりこなしていたように思います。
 
 
20m加速したの50mは一人ずつ走り、そのあとスタートダッシュを行いました。
一本一本全力で走り、かなりの質の高さです。
 
 
完全復活の土井杏南が驚異的な記録で50mを駆け抜け、
スタートダッシュでも異次元の加速を見せていました。
インターハイに向けて着々と準備が整ってきているようです。
ここにきて本当に「らしさ」が出てきています。
インターハイが楽しみです。
 
 
成高の選手たちもさすがに中原先生が指導するだけあって
くらいついていたようです。
 
 
練習中に中原先生の熱い激が飛んでいました。
こんな熱い中原先生を見るのは久しぶりです。
日色先生も選手たちにメンタル面で助言していました。
熱い二人の指導に選手たちもよくがんばっていました。
 
 
栄の選手たちも成高との練習で刺激をもらったように思います。
互いにいい刺激をもらい、インターハイでの活躍を約束し、練習は終了しました。
 
 
その後、
栄は恒例のカレーパーティー。
 
保護者の作っためちゃおいしいカレーを食べ、
すいかわりやビンゴゲームで楽しみました。
 
ゴールデンボンバーの踊りが飛び出すなど
大いに盛り上がりました。
 
インターハイに向けて勢いがつきました!
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事