清田監督のときどき日記

陸上競技に携わるコーチのブログです

全体表示

[ リスト ]

初見笑里が24秒72

埼玉県南部地区新人大会2日目。

女子200m予選で初見笑里(埼玉栄2)が24.72 +0.1 の好記録を出しました。

決勝は向かい風0.2で24.76で優勝。

100mだけでなく、200mも走れる力がついてきました。

25秒5くらいがベスト記録だったので一気に記録を短縮しました。

まだまだ、改善する部分があるので
努力次第で
これからさらに記録が短縮できると思います。

チームとしては

100m 優勝 11.86 初見笑里2
200m 優勝 24.76 初見笑里2
400m 優勝 57.33 池田菜月2
800m 優勝 2.20.16 斎藤結香1
400H 優勝 1.01.27 池田菜月2 2位 1.02.26 山内優海2
走幅跳   優勝  5m68 宇和野七海2   
400R 優勝 47.82 宇和野、鬼塚、池田、初見
1600R優勝 3.57.57 鈴木、鬼塚、斎藤、山内

と地区予選とはいえ、多くの種目で優勝することができました。
新チームとしてはまずまずの戦いぶりだったと思います。


400Rは3カ所全てでバトンがうまくいかなかったので
修正できれば47秒0前後まではいけそうです。

また、マイルも池田を中心として調子が整えば3分50秒前後の記録は出せそうです。

100m、200m、400Hあたりは全国でも十分に戦える記録が
出せたことはかなりの収穫です。

昨年、国体B走り幅跳びで準優勝の宇和野七海の調子も上がってきました。

けがで出遅れていた鬼塚玲寧の復活も好材料です。


ただ、まだまだ、たくましさに欠けるところが多々あるので
その辺はしっかりと改善していかないといけないでしょう。

また、ひとつひとつのことを深いところまで考えて行うことが大切です。

備えあれば憂いなしという諺があるように

戦う準備をしっかりすることが大切だと思います。






.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事