清田監督のときどき日記

陸上競技に携わるコーチのブログです

全体表示

[ リスト ]

11秒59 +0.4で終了

土井杏南は今シーズン最終戦となるエコパトラックゲームスで
 
100m 11秒59 +0.4 のシーズンベストでシーズンを終えました。
 
 
 
腰痛の影響で、走りのバランスを崩し、なかなか本来の走りができない
 
状況でインターハイ、国体、日本ジュニアの100mで優勝したのは
 
彼女の努力のなせるわざだと思います。
 
 
 
シーズンも終盤に入り、練習では走りに力みもなくなり、本来の走りに近い走りができるように
 
なってきていると感じていました。
 
 
 
今回の試合では
 
とにかく、自然体で、気負うことなく、楽しく走ることをポイントに
 
していました。
 
 
何か技術を変えたわけではありません。
 
 
明るく、笑顔で、大好きなかけっこをする。
 
気負うことなく、思い切り走ろうと話しました。
 
 
 
予選は11秒74とまずまずの滑り出し、
 
決勝はほぼ無風の中、
 
11秒59のシーズンベストを出すことができました。
 
最後のレースで11秒5台が出せたのは
 
土井にとって本当によかったと思います。
 
 
 
これで冬期に向けて、
 
しっかりとしたビジョンを持って取り組めると思います。
 
 
 
158cmの小柄な体で
 
高校3年間、本当によくがんばりました。
 
 
 
4×100mリレーも初見、阿部、吉田、土井のオーダーで45秒71の大会新
で有終の美を飾りました。
 
 
A100mでは君嶋愛梨沙が12秒15 +0.4 で4位入賞。
これからのいいステップになりました。
 
 
B100mでは初見笑里が12秒05 -0.5 で2位入賞。
いい走りができたと思います。
 
 
マイルリレーでは鈴木、奥冨、吉田、初見のオーダーで3分50秒23 で3位に入賞しました。
 
 
 
シーズンラストの競技会でしが、
 
たいへん有意義なレースができました。
 
 
長かったシーズンが終了しました。
みなさんお疲れ様でした。
 
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事