清田監督のときどき日記

陸上競技に携わるコーチのブログです

全体表示

[ リスト ]

昨年から取り入れたジャマイカのレイサースで行われているスプリントドリルが
1年やってきてやっと見えてきました。

この冬はそのドリルを細かくていねいにやりながら、
実際の走りにどうつながっていくのかをテーマに
練習しています。

走り自体は走りの中でしか修正することはできないと思いますが、
ひざの柔らかな動き、腕と脚の動きの連動、前への動き、
バネのうまい使い方、巧みさなどはドリルによって
高まるように思います。

実際、走りが大きく変化してきている選手も出てきています。
この動きがどの程度、タイム短縮につながるかは
まだわかりませんが、1年間取り組んできた初見笑里を例に挙げると
100m1年時12秒3台だったのが2年時には11秒8台まで
記録を短縮してきています。
ジャマイカドリルだけが記録短縮の要素ではありませんが
少なからず効果はあるように思います。

今、レイサースコーチのJermaineさんが
来日しているようなので機会があれば
まだまだわからない点があるので鷲谷君(上智大)を通して聞いてみたいと思います。







.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事