清田監督のときどき日記

陸上競技に携わるコーチのブログです

全体表示

[ リスト ]

女子選手の場合

明らかに男子選手に比べてトルクが小さい。

地面を押す力が弱い。

弾むような力強い走りができる選手はわずかです

足の力が弱ければ強くすればよいという発想が普通ですが

鍛えても、そう簡単に足が強くはならないし、鍛えることで脚が

必要以上に太くなってしまうかもしれません。

そこで

どうしたら必要最低限の筋力で効率的に走れるかを追求するのも

ひとつの方法だと思います。

持っている力を最大限に利用して効率よく走る。

この究極の省エネ走法で昨年、全国高校総体女子400Hで入賞したのが池田菜月です。

彼女は身長158cmで体重が軽く、決してヨンパをやるには恵まれていません。

ハードル間は17歩かかります。

100mもベストは13秒台。

400mも57〜58秒くらいでは走れますが決して速いわけではありません。

そんな彼女は究極の省エネ走法をマスターし、

インターハイ入賞を成し遂げました。

走り方はいたってシンプルです。

大きな力を使わずに脚をスムーズに回転させることです。

そのためのドリルがこれです。

撮影の都合上、すべて1回ずつ行っています。




















まずは接地ポイントを確認します。

からだの真下に接地するようにします。

つぎにスキップでからだの真下に接地します。

接地ポイントを確認したら、つぎは補助台をつかって

膝の力を抜き、足を股関節の部分にもってきます。

その形で足を真下に接地しながら前方に進みます。

つぎは足を股関節の部分にもっていき、その勢いですねがやや前に

出てきたときに脚を回します。

これも補助台を利用し行い、次に脚を回転させながら前方に進みます。

最後にスキップをしながら脚を回転させます。

より勢いよく脚を回します。

このドリルがうまくできるようになると

脚をスムーズに回転させ、省エネ走法を身につけるための基礎ができます。








.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事