清田監督のときどき日記

陸上競技に携わるコーチのブログです

全体表示

[ リスト ]

休むときは休む

休養も練習です。

休めるときはしっかり休むことが大切です。

イメージ 1


















超回復の原理をご存知の方は多いと思いますが

筋肉がトレーニングよってダメージを受け、そのダメージから回復し、

さらに強い筋繊維を作るには24時間から48時間は必要と言われています。

休養を適切にとってトレーニングを行えば

効果は確実に現れますが

せっかくトレーニングをしても休養が不十分だと

逆に筋力が落ちてしまいます。さらにひどい場合はパフォーマンスが下がり、

オーバートレーニング症候群に陥ってしまうこともあります。

また、春先のこの時期は気温の上昇に伴い、身体の動きもよくなってきます。

速い動きをすればするほど筋肉にダメージを与えることになるので

うまく休養を取り入れて疲労を抜き、怪我を予防することも大切だと思います。

パフォーマンスを上げるためにもうまく休養を取り入れていきましょう。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事